----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
11-04 Tue , 2008
初めてパフナイトに参加した
いや、このパフナイトの企画「テレビに“虹”はどこまで映る?~NHKディレクターと話そう」ってのがあるって分かった時点で「んー、パフナイト、今まで行ったことはないんだけど、行ってみようかなあ~?」とは思ってたのね。彼女にも聞いたら「行きたい」ってことだったし。なんで、取り敢えずは行きましょ、ってことにしてたのね。

しかし、実はわたし、パフナイトに行くのって実は初めてだったんだわ(笑)
そして、シドニーから日本に帰ってきてから、この手のイベントに参加するのは初めてっていうか、確かにその前に「レインボー祭り」や「関西レインボーパレード 2008」には参加したけど、こういう、なんての?人の集まる場所って、レインボー祭りやパレードの方が人が集まるけれども(汗)、うーんと、なんていうかな、お堅いってのとはちょっと違うとは思うけど、ああ、部屋でやるイベント?(爆)

別に帰ってきてからこういうイベントを避けていたわけではなく、単に体の具合が悪かっただけなんだけど(ま、今もあんまりいい状態ではないけどさ)、「ハートをつなごう」の「ゲイ/レズビアン 第1弾、第2弾」「性同一性障害 第5弾」そして、あんまり関係ないけど「発達障害 第9弾、第10弾」、そして今回やった「ETVワイド LGBT」を見て、んで、見たら、全部その内容についてこうやって長々と感想を書き続けている。そうしたらさ、どんな人が一体、番組を作ってるのか興味あるじゃん。

だから行こうとしてたわけ。

そうしたら、前日の夜10時少し前だったかなあ~?ちょうどわたしが二丁目のcocolo cafeでメシを注文して食おうとしたその瞬間(でもないんだけどね、ホントは(笑))、パフナイトのスタッフやってるある人から突然電話がかかってきて。「Ronさん、明日のパフナイト、どうする?」って聞かれたんで「えー、行くことにしてるけど、彼女と一緒に」って答えたら「あー、よかった。それなら受付やってくれない?」って突然頼まれて、んで、パフナイトに初めて行く割には受付やっちゃったんだけどさぁ(笑)そのとき「受付の席からどんどん質問していいからー」なんて言われたけど、まー、正直言って、質問する気はなかった。うん、あの時点では。

で、開場時間である18時半ちょっと前に来てくれ、って言われてたので、その前にパフスペースの近くにあるモスバーガーで昼メシ食って(昨日、起きたら昼の12時だった)、それからなんか話してたら「あら、まあもうこんな時間!」ってんで、行ってみたら、既に何人か人が来ていて、わたしが来るまで臨時に受付をやってくれてた人がいて「ああ、ごめんなさい~(汗)もっと早く来ればよかったわ」なんて思いました。

んで、パフナイトは初めてだからさぁ。受付もまー、適当にお金もらって、そんでいろいろな団体からのフライヤーをまとめて渡してさ(だって、「ご自由にお取り下さい」じゃ、誰ももらってくれないんだもん(笑))、で、最初は靴袋があったんで「これに靴を入れてお持ち下さい」って言ってたんだけど、人が来る来る。なんで、あっという間に靴袋はなくなり、受付の前に紙を敷いて「靴はこの上に置いて下さい」になったんだけど、それでも置く場所がなくなってしまって、「すいません。靴は持っててください」とか、ええと、50人以上集まって、大反響だったのかな?わたし、初めてだったんで、よく分からないんだけど、そんな感じだった。だってさ、座るところもなくなっちゃって、最後には「すいません、後ろで立ち見しててください」の状態だったんだもの。。

で、わたしは「もらった金と人数をきちんと合うようにしなくては」と思い、金をもらった時点で人数のところに印をすぐに付けるようにして、混乱を起こさないようにそこだけには気を配った。あとでもらった金と人数が合わなかったら困るもんね。で、一段落付いたところで、何回か金額と人数のチェックをして、合っていることを確認した。

来てた人は知っている顔あり、知らない顔あり、、って当たり前だけど(笑)、始まる前にスタッフの人に「Ronさん、途中で受付変わってもらって、質問してくれていいからー」って言われたんだけど、わたしはその時点で質問する気はなかったし「ああ、大丈夫、大丈夫、変わらなくても平気だから」って答えたんだけど、わたし、そんなに最初から質問するように思えたのかよ!!(爆)

いやあ、19時から始まったのに、人が来る来る。最初のうちは、前でしゃべってる人の話が全部聞けなくて「あ、いいとこだったのに、人が来ちゃったよ」って感じで、何回か、何を話しているのか聞けなかったんだけどね。そのうち、だんだん人も来なくなって、落ち着いて聞けるようになった。

そうそう、NHKのディレクターさんは当初は「ハートをつなごう LGBT」とこないだやった「ETVワイド LGBT」の担当だった細見明日子さん1人って話だったんだけど、行ってみたら「ハートをつなごう 性同一性障害」と「ハートをつなごう ゲイ/レズビアン」担当の今村さんだっけ、その人も来ていた。

最初は司会の4人が、番組に対して意見を言ったり、質問したりって感じかな。わたしは最初の1時間はそうやって話して、あとの1時間は会場にいる人からの質問を受け付けるって聞いてたんで「あら、もう1時間過ぎたのにまだ、前で話してるじゃん」って思った。のと、昨日はどうも早稲田大学で学祭だった?早稲田駅近辺はものすごく人が多くて、それプラス、東京六大学野球で早稲田が優勝したのね。その優勝パレード(?)があったのか、突然、応援団の「コンバット」が流れてくる!をを!モノホンの早稲田の「コンバット」だよ!!ってわけで、振り付けは残念ながらJR東日本のはできないので(あの振り付けをマスターしてみたい!!)、普通の振り付けを受付で踊っていた(小さく)わたし。。やっぱ、あの曲が聞こえてくるとね。自然と体が動きますわー。しかし、早稲田だったらやっぱ「大進撃」だろーーー!!!と思ったけど、その後は「紺碧の空」だったかな。それからはパレードがどこかに行ったのか、それだけで終わったのか、音が聞こえなくなった。って何聞いとるねんっちゅー感じだけど(汗)、すみません。やっぱ、あの場であれが流れてきたら、社会人野球ファンのわたしとしては、そちらの方をつい、聞いちゃうでしょってわけで(汗)

えーと。詳しい内容は、いづれakaboshiさんがYou Tubeにアップするはずだから、そっちを期待していてください(爆)人が持つ感想って、人それぞれだから「えー、そんなことわたしは思ってなかったぞ」とか「ああ、そうそう、そうだよねー」ってのがあったけど、そうだな。「この番組を担当する前に、性的少数者に対してどう思ってましたか」という質問に対しては「本やドラマに出てくる人という認識で、そういう人はいるんだなと思っても、全然身近には感じたことがなかった」って言ってた。要するに、それってこの世界でもんのすごく一般的なことだよね。で「正直、知らないことがたくさんあって、それを聞いたら失礼に当たるのかどうか、ってことが分からなくて。。」とおっしゃってたけれど、多分、取材を受けた人は何を聞かれても「失礼な」って思わないと思うんだよね。それよりも「聞いちゃ悪いんじゃないか」と思って知らないままいるのよりは、「失礼かも知れないけど聞いちゃえ」って聞いてくれた方が、こっちとしては「ああ、こういうところが分からないのか」ということが分かってそっちのほうがより相互理解が深まると思うのよね。

ただ、わたしはこの気持ちはよく分かるんだ。わたしだって性的少数者ということ以外に、この日本に住む圧倒的多数の日本人のうちの一人だもん。既に「日本で日本人である」というのは、もう、そのこと自体それでものすごい権利を持った存在なのだ。だから、例えば日本国籍を持っていない、日本に住んでいる人に対しては「もしかしたら、こんなことを聞いては失礼になるのかも知れない」と思うと、やっぱ怖くて聞けないんだよ。で、わたしは性的少数者として「別に何を聞かれても、本当に分かりたいと思って聞く質問ならば、少々失礼な質問でも別に腹を立てるようなことはしない」と思ってるけど、他の人はそうじゃないかも知れない。なので、すごく身構えちゃう自分がいるのね。だから、NHKの人も多分、同じような気持ちなんじゃないかなと思う。けど、性的少数者に関しては、多分、取材を受けてるような人は大丈夫だと思うんだけどね(笑)

で、まめたくんが「テレビに出てる自分は本当はなんでもない人間なのに、テレビに出てある意味『特別な存在』になってしまうのがヤダ」っていうのを聞いて「そうだろうなー」と思ったり(でも彼は、NHKのディレクターさんたちにすごく愛されていると言うことも同時に感じた)、地方の性的少数者と東京のような都会に住む性的少数者の置かれた状況の違いとか、いろんな話が出てきた。そうそう「左側に座っている人たち」が、あまりにも政治がかっているんじゃないか、という話も。。(笑)あと、翔子さんの「わたしはレズビアンである前に人なんです!」発言には笑えた。。その通りよねー。あとはかるとさん(っていうか、名前変えたのよね、あの人。でもわたしにとってはかるとさんだからいいの←いいのか?)が「活動ってのは、一番最後に余裕があってやるもんで、活動をするために生きてるんじゃない」って言葉に納得。その際、彼は、用意周到に紙を用意してきていて、そこには「眠食遊働」(だったかなあ)って書いてあった。要するにこれを十分にやったあと、余裕があるなら活動をすればいい、ってね。ま、活動が主になって倒れて行っちゃった人、彼はたくさん見てきてるだろうからね。。で、わたしもそれには大賛成。できる人がやればよくて、やらなきゃといってやる必要は全然無いのだ。

んだけど、、わたしはもっと根本的なことが聞きたかった。誰か、わたしが抱いたような疑問をぶつけてくれれば、わたしはそれでよかったんだけど。。。誰もそういう話をしなかったので「じゃ、そちら側に座っている人でどなたか質問があれば」と言われたときに、最初は「ま、いいか」と思って手を挙げなかったんだけど(そのとき3人くらい手を挙げた人がいた)、「じゃ、他の人。。」って2番目に言われたとき、つい、手を挙げちゃった。。。そしたら「あ、Ronさんが手を挙げてる。じゃ、Ronさん」って当たっちゃった。。。

だから、スタッフの思惑通り(?)、受付から質問(苦笑)。まずは今までどんな番組を見てきたか、「ゲイ/レズビアンの第1弾、第2弾」「性同一性障害の第5弾」「LGBTの第1弾」それと「ETVワイドのLGBT」に加えて「発達障害の第10弾」を見ていることを告げる。ホントは発達障害は第9弾も見てたんだった。。orz

ま、いいや。そして「いくつか質問があります。まず1つ目。一体、この番組は、誰向けに作っているのですか。当事者向けなのか、そうでなく、性的少数者のことを知らない異性愛者向けなのか、それとも今、悩んでいる若い当事者向けなのか、それともわたしのような『すれっからし』の同性愛者なのか」と。その前に「ハートをつなごう」と「ETVワイド」は視聴者をちょっと違う対象にした、「ETVワイド」の方は「敢えて元に戻した」と話していたので「この二つの番組の視聴者の対象は違うものでしょうが」とは付け加えておいた。

そうしたら「実はそれが一番重要で、なおかつすごく難問で答えにくいが、まぁ優等生的な発言をすれば、NHKは皆さまの受信料で成り立っているので、一部のニーズではなく『皆さまのNHK』として受信料をもらっている方すべてが対象ですけどね」と答えられた。「え、それだと9割ノンケ向けで1割が当事者向けかよ」と心の中では思ったんだけど(苦笑)、その後「まあ、とは言っても、本当は回によって誰向けかを変えているつもりで作っていて、一貫して『誰向け』とは考えてはいない」と言うことだった。

「次に、レズビアンのカップルがカナダで結婚して婚姻証明書をもらったが、あの話の際に、なぜ『日本では結婚できないのだろう』という話になってもよかったのではないか。わたしは性的少数者の問題というのは、つきつめていくと『人権問題』にたどり着くと思う。しかし『ハートをつなごう』は福祉番組であり、一体、福祉番組ではどこの部分までカバーできるか、というか、やれる範囲だと考えているか」と聞いた。

それに対しては「確かに『ハートをつなごう』は福祉番組だけれど、その枠はないと考えている。もちろん同性婚の話だとか、同性パートナーシップの話など、そのような話も今後取りあげたいと思っている」と言われた。これについては、ちょっとびっくりした。福祉番組という枠内で作っているとばかり思っていたから。「では、アメリカへの取材などもやるつもりか」と聞いたら「できればやりたい」と超前向きな発言。ということは、諸外国のパートナーシップの話(それがどうやってできあがってきたか)なども中に入っている、ということか。これは、楽しみ楽しみ。日本と欧米諸国では背景が違いすぎて、日本はまた、違う方法でパートナーシップ法や同性婚問題などは解決しなければならないと思ってはいるが、性的少数者先進国についての情報は欲しいところだ。

「次に『ETVワイド』で『ロールモデルがないんです』と言ったとき、あの『左側に座っていた人たち』は誰も『そうではない。何十年って続いているカップルさんがいる』と言わなかったが、わたしに言わせると、自分の身の回りでも十数年一緒に幸せに暮らしている同性カップルは何組もいるし、決してロールモデルがないわけではない。ただし、世代が上になるほど、みなカミングアウトしているわけではないので、ただ『見えないだけ』で、実際はいるのだ。そういう意味で情報が下に伝わっていかない『世代間の分裂』を感じている。あれだとまるで過去には同性愛者は誰もいなくて、今、ボンと湧いて出たように感じるのだけれど、実際は昔から一緒に住んでいる人はたくさんいる。あの場の左側に座っていた人たちも、そういう人たちの存在は絶対に知っているはずだ」と言ったら、

「左側に座っていた人たちへの風当たりが強いようですが(笑)、あの場でははっきりしたことが言えなかったんじゃないでしょうか。NHKにも何十年一緒に暮らしているカップルさんからのメールをもらうこともあるし、決して上の世代が見えていない、ということはない」という感じの答えが返ってきたかな。

この「世代間格差(?)」というのは、結構話題になって、まぁ、今までが若い人を取りあげていたからだけど、そうでない世代も、もっと取りあげて、みたいな話にはなっていた(笑)

わたしの質問は以上。

でもね、実は立って発言しているときに、遅れてきた参加者がいて、途中、受付で「あ、1,000円です」とか言いながら、発言してたんで、あのときは頭が混乱してしまった。周囲からは笑われるし。。って、遅れてきた人が一番びっくりしたことでしょう。なんてったって、受付している人間が話してたんだから。ごめんなさいって言っても、もう誰か分からないわ(笑)

その後、どんどん「質問ありませんか」と言われる度に手が挙がる人が増えていき。終いには「9時までなので、言いたいことがある人だけサッと話してください」みたいなことになって、いやー、なんかね、熱かったよ、最後まで。いや、最後は会が終わってからも熱かった。会が終わったあとに「ここで何かイベントなどの告知をしたい方は前に来てしてください」って言われたんで、わたしは15日のイベントのことを話そうと前に行ったんだけど、そのとき、既に前に2、3人いたんで、つい、目の前にいたディレクターさんとあのときに話せなかったことでちょっと言いたかったことについて話してたんだけど(まだ話したりなかったのかよ!)、そのときに「ブログ、読ませてもらってます」と言われてびっくり!あらら。。ばれてるよ、わたし、みたいな(苦笑)って一体、どこでばれたんだろう???確かにNHKからのアクセスは何度も何度もあって「あ、見てるな」ってことは知ってるのよ、こっちも。だけどね、実はNHKのプロクシってどうなってるのかよく分からなくて、何人くらいわたしのブログを見ているのかは実は分からないのだ。「『ハートをつなごう』で検索かけると、上の方に出てきますよね」って言われて「あ、はい、実はそうなんです。。」みたいな(苦笑)いやー、わたしもよく分かんないんだけどさ「ハートをつなごう」でぐぐると、NHKの公式サイトの次辺りに出てくるんだよ。わたしはなんにもした覚えはないよ??でもさ、「ハートをつなごう、どんな番組だったんだろう」と思って調べてみて、わたしのを読んだらビビるよね、、「なんだよ、この番組!!」みたいなのばっかり書いてあってさ。だから、ぐぐってわたしの日記読んじゃった人には「ごめんなさい」なんだけど(苦笑)しかし、せっかく渡そうと思った名刺、結局渡さなくても済んじゃったよ。

その後、直接ディレクターさんと話したい人たちがたくさん来て、みんな語る語る(笑)

わたしも「いやー、ブログに感想書いてるから、NHKに直接また同じ意見のメッセージ書いてもいいのかなって思っちゃうんですよねー。それにあれ、1回に送れるのって1,000字までだから、すごく書きにくいし」って言ったら「続き」って書いて、何度も送ってくる人もいるそうだ。で、番組作ってる人はブログ検索して、読んだりしてるけど、ポータルサイトを作っている人は、送られたメッセージしか読まないし、送られたメッセージにブログ書いてますってURL書いても見ない可能性が多いから、多少、量が多くても直接NHK宛てに送って欲しいってことだった。んじゃ、わたしは今度からそうしよ(笑)

で、話ながら「あ、しまった。金の管理してないじゃん」と思ったんだけど、その後もなんかかんかで忙しく、、ごめんなさい、受付の任務は最後まで全うできませんでした。。。orz

その後はまだ話したりない人たちで近くのサイゼリアに。わたしたちも11時ちょっと過ぎまでいた。そこで、久々にゆっくり話せたまめたくんをいじって遊ぶ(爆)1年前の話を暴露~とか(爆)「ちょ、ちょっと、なんでそこまで覚えてるんですか!!」とか言ってたけど、ホント、まめたくんはいじられキャラなんだよね。そこが魅力的なんだけど、でも時に「こんなに表に出続けていて大丈夫だろうか」と思っているのも確か。だから、彼にはちょっと休んでもらいたかったりもするのだ、実は。上に書いた、かるとさんの「眠食遊働」じゃないけど、ホント、それをやってから、まだ余裕があるなら活動をして欲しい。そうじゃないと、走り続けていると絶対に疲れる。だから、ホントは誰か、彼がやりすぎていると感じていると思ったら「ちょっとは止まって休みなさい」って言う人が必要なのだ。ってわたしは個人的に前から「休め、休め」って言ってるんだけど、聞かないのよね、、、、(ってブログで公にしてやるんだからな!(笑))ま、休んで欲しい人は若干もう1名いることは確かなんだけど。。。ここでは敢えて書かないわ(笑)

ってわけで、初めてパフナイトに行った割には、やっぱり知り合いが多かったので、馴染んでしまったわたし。。あ、でもしかし、まめたくん以外のレインボーカレッジの人とは今まで、ほとんど話したことがなかったので、サイゼリアで少し話せて嬉しかったのでした。「ブログ読んでまーす」って人もいて案外、わたしの知らないところでブログ読んでる人、多い????やだわー。読んでたら、ちゃんとコメントなさい!!(命令)

んで、また若い人たち(っていうようになったのか、自分も。。。。orz)と話せる機会があったら嬉しいなあ、と思いつつ、彼女と一緒に家に帰ったのでした。

テーマ:性的少数者(LGBTIQ) - ジャンル:日記

22:19 | (性的少数者)イベントなど | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<オバマは勝った。が、 | ホーム | 女だらけのところが苦手なわたしって>>
コメント
RONさんへ、

今日は。サイゼでまめたの横に居たパッツン前髪です。
パフナイトお疲れ様でした^^
ETVワイドを観ていた時には「社会の中にはこんなホモフォビアが存在する」
という感じのユウコさんの発言にノックアウトされて集中力切れていた時もあったので、
また後から録画で見直しながらパフナイトのやり取りを思い出したいです。
ブログ読み始めた時にはご本人とお会いする機会があるとは思いませんでしたが、
ちょっとだけお話できて楽しかったです。
恋愛の話とかまた聞きたいですー。

お邪魔しました★


Posted by: ひさ at 2008/11/05 00:23 URL [ 編集] | page top↑
>ひささん
おっ!早速いらっしゃいましたね(笑)
お待ちしておりました。

え。ETVワイドにそんなところあったっけ。。。(既に忘れている(爆))
わたしももう一回見なければ(汗)

いや、多分、このブログ読んでて、んで、ああいうところに参加してれば(あとはパレードとか)、確実に会えますよ、いつかは(苦笑)

わたしもまめたくん以外にレインボーカレッジの人とはほとんど話したことがなかったから、ホントにちょっとだけだったけど楽しかったです。また会えたらいいねー。そのときは、メガネの縁は青色希望!(爆)
Posted by: ron at 2008/11/05 00:39 URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/994-bc2d49c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。