11-01 Sat , 2008
不寛容ってなんだろう
もうすぐ11月4日が来る。

「え、何の日?」って思う人もいるだろうし「アメリカの大統領選挙の日でしょ」という人もいるだろうし「カリフォルニア州の『同性婚排除』の住民投票(Prop 8)の投票日だよね」って人もいると思う。

わたしは、、この中ではやっぱり「カリフォルニア州の住民投票、Proposition 8のこと」が気になる。で、「Prop 8 NO」でぐぐってみたらこのようなサイトを発見した。一方、「Prop 8 YES」でぐぐってみたらこのようなサイトを見つけた。このさ、ドメイン名が「protect marriage」ってのにちょっと「ゾッ」としたのは確か。。「婚姻を守る」ってどういう意味だろう?

「Prop 8 No」も「Prop 8 Yes」のサイトも両方とも自分ところで作っているCMをYou Tubeにして見れるようになっている。どーせ、見たら気分の悪くなるだろうと思ったんだけど、一応「Prop 8 Yes」のCMを一つだけ見てみた。英語でベラベラ喋ってるから、なんだかよく分からなかった。けど、そこのシーンは、母親と父親と子供、それから大家族と思われる家族、そういうのが映し出されていた。きっと「これが『正しい家族のあり方だ』」と言いたいのだろう。

一方、「Prop 8 No」のCMはいくつか見てみた。別に選んでみたわけじゃないけど、すごくシンプルなのが多かった。言ってることはすべては分からなかったが、「Prop 8 では学校に影響を及ぼさない」とか「これは差別であり、アンフェアだ」といった趣旨のものをたくさん見た。中でも印象的だったのがこれ。



ここに出てくる子供たちは、みんなレズビアンマザーや、ゲイファザーを持つ子供たちらしい。中には「4人の母親がいる」「3人のレズビアンと1人のゲイ」とかそういう風に聞こえたんだけど、聞き間違えてたかしら?(笑)とても屈託のない子供たちで、彼らがどんなに親から愛されているか、彼らも親を愛しているかが分かる。

もう一つは、まさに「同性婚もの」。これ見たら、ホント、泣きそうになった。ってそういうシーンや曲が使われてるのも一因だろうけど(^^;



しかし、なぜ「結婚する」ということ自体、みんなで決めなければならないのだろうか?結婚したい人はすべて、なぜ結婚できないんだろうか?「婚姻は男女のもの」と考えている人は、一体何が怖いのか?男同士、女同士で結婚したら、何か不都合があるのだろうか?一昔前までは「同性愛者はろくな人間ではない」「犯罪者」「子供を誘惑する」「精神障害者」等、めちゃくちゃなことを言われていた。いや、多分、「Prop 8」について「Yes」と言っている人たちは、まだこういうことを信じているのだろう。しかし、婚姻が認められたときのあのみなの喜ぶ姿や、カップルたちの幸せそうな顔、そんなのを見ていたら、自分まで幸せな気持ちにならないか?見てそう思うのはわたしが当事者だからなのか?「不寛容」という気持ちは、このような姿まで、単なる「恐ろしいもの」に写るのか?わたしには、分からない。

だいたい「不寛容」な彼らは、同性愛者のことを「選択して同性愛者になった」と思いこんでいる。じゃあ、自分は一体なんなのか?選んで異性愛者になったのか?なにも好きこのんで、生きづらい少数者になるわけがないじゃないか、どうしてそんなことが分からない?そう思う。

「Prop 8」について「No」のYou tubeを全部見たわけじゃないので(しかも英語だし。。。)、何とも言えないが、基本的に「同性同士の結婚」というよりも「結婚はすべての人のものである」「一部の人しか結婚できないのは不当である」という感じのYou Tubeが多いように感じた。これはおそらく「リベラルな考え」の持ち主に「同性同士の結婚を認める」というよりも「一部の人だけしか結婚できないというのは、おかしいんじゃないですか」と言った方がすんなり頭に入ってくるからだろう。

もうすぐ11月4日が来る。
わたしはこの「Prop 8」が否決されることを心から望んでいる。

voteno-box.gif

テーマ:同性愛 - ジャンル:日記

23:58 | 性的少数者に関すること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ETVワイド「LGBT」を見て | ホーム | 10月も終わりだから10月31日はセカンドピアス記念日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/991-8ba06644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX