09-22 Sat , 2007
家にゲイカップルが来た!
前々から言われていたんだけど、昨日の晩はホストの人の友だちであるゲイの人(ってこの言い方とてもおかしい(^^;)が、そのパートナーさんを連れて家に遊びに来た。あ、遅れてもう一人男性が来た。だから、ホストの人と同居人、わたし、ゲイカップル、男性の計6人で集まったのかな。

事前に「こういう人が来る」とは教えてもらってたんだけど、誰が誰だか分かるはずがないので、彼らの話を聞きつつ「あ、この人のことを言ってたのか」と考えていた。

ゲイカップルは、片方がイギリス人で片方がオーストラリア人。彼らはネットで知り合ったらしい。で、イギリス人(この人、伏見憲明をだいぶごつくした感じの人←?)の方が最初、観光ビザでオーストラリアに来て、それから学生ビザに切り替えて、今はパートナー契約みたいなもの(日本語でなんと表現したらいいのか分からないし、英語の言葉自体も忘れてしまった(汗))を結んでいるんだけど、将来的にはそれを正式なパートナーシップにして、それから市民権を得たいということだった。なんかね、これ聞いてるだけでも「どこの世界??」って感じがした。そういう法律があるってことは、それが自然に行えるということなんだよね?ただ、わたしとしては、同性婚できるイギリスより、なんでパートナーシップ法しかないオーストラリアにわざわざ来たのかなあと思っていた。ま、彼らの職業にもよるのかも知れない。

で、いい家が見つかったので、近々引っ越すとかそういう話をしていたようだが、なんというか、それもごく「当たり前」の話で、ホストの人は「金を借りるならこの会社がいい」(多分。わたしはこの国の会社等の「固有名詞」はほとんど知らないので、話の内容としてだいたいそんなことを言っていたような気がするだけ)と今までの自分の経験談を話していた。日本じゃ男性同士だと部屋は借りにくいとか、わたしたちもそうだけど、友だち同士で住んでいることにしているとか、なんかそういう次元じゃないんだよな。。たった、約8,000キロしか離れていないのに、なんでこんなに違うんだろうとホント、異次元に来たような感覚だった。

話の途中で、別の男性が家に来たのだが、その男性と伏見憲明(爆)は久々に会ったらしく、突然「Long time no see~~!!!」と大げさな身振りでその男性に抱きついたとき「この人、オカマだー!!」と心の中で思ってしまった(汗)ま、オカマよりオネエの方が合ってるのかも知れないけど。。(笑)あ、間違いのないように言っておくと、ゲイの中では確かに、身振りや口調が「オネエ」っぽい人も存在するけど、そうじゃない人もたくさんいるので、誤解しないでくださいね(爆)その相方さんのオーストラリア人はとても穏和そうな人だったけど、オネエではありませんでした(爆)すんげー、優しそうな顔で笑うので、うひょーとか思ってました。←オイ

あ、以前、ホストの人が知り合いのゲイの人に連絡、というのはこのオーストラリア人のことで、わたしも同性愛者だと言うことは最初から分かってくれてたので、わたしとしても、とても居心地がよかったー。わたしはほとんど彼らの話していることが分からなかったので聞き役専門だったけど、時折気を遣ってか、質問してくれた。「なんでシドニーに来たの?」とか、どうやら日本人は毎食毎食米を食べていると思ってたらしく、わたしが「日本では毎朝、パンを食べてる」と言ったらかなり驚いていた。。「パンに何を塗って食べてるの?」と言われたので「ピーナッツバター」って答えたら「アメリカのものだー」って言われて、どうもピーナッツバターってこっちでは「ゼリー(jelly)」と言うらしいことが分かった。こちらの人は食べないみたいだ。。なので「本当はベジマイトが好きなのだが、日本では売っていないので、ピーナッツバターを食べている。ピーナッツバターは甘くないから」って言ったんだけどねー(苦笑)分かってくれたかな?

しかし、それからというもの、わたしの中ではどうも「伏見憲明似のイギリス人」=「オネエ」(っていうか、伏見憲明も言ってみればオネエよね←こういうこと言うから、伏見憲明にケンカ売ってるんじゃないかとか言われるのよね。別にケンカは売ってません。思ったこと言ってるだけ←オイ!!!)の印象が抜け切らなくて、彼の手つきや言葉遣いが気になって仕方がなかった(苦笑)だって、ワイン飲んでるでしょ。そのワインに対する形容が「beautiful」だの「gorgeous」だの「lovely」だの、なんかすごいんだもの。。

そうそう、「beautiful」という言葉、こっちに来てから食事の時に使われているのを知ってびっくりした。初めて聞いたのは、学校で以前、各国のものを持ち寄ったパーティーがあったとき、オーストラリア人の先生が日本人が持ってきたお好み焼きを見て「beautiful!!」と言ったのだ。わたしからすると「beautiful」は「美しい」であって、決してお好み焼きが美しいとは思えない。一体、どんなことを意味する英語なんだろうと思ってたし、彼女に聞くと「その人固有の表現かもよ」って言われてそうかなと思っていたが。。次にこの言葉を聞いたのは、ホストの人の口からだった。ある時、ホストの人がウナギの蒲焼きを買ってきて、それをまぁ適当に調理して食べたんだけど、そのウナギの蒲焼きを食べながら「beautiful!!」と言っていたので、わたしとしてはまたもや「はぁ???」って感じだったのだ。で、今度はワインに対する表現で出てきたので。。不思議な言葉だー、beautiful。

食事のあとは「ゲームだー」とか言って、なんかあるカードに書いてある言葉を、その下に書いてある5つの言葉を使わずに表現して、他の人が当てる、というゲームをやっていた(ゲームの名前は「Taboo」って名前だった)が、こんなに他愛のないゲームを大の大人がやっているのを見てとても不思議に思った。そういえば、学校でもよーく言葉当てクイズをさせられるが、これって彼らにしてみれば教育的なゲームではなく、当たり前のゲームなのかも知れない。

あ、わたしは当然、ゲームには参加できないので、スコア係をやらされてました(苦笑)

結局、ゲイカップルが「もう帰らなきゃ」と言い出したので、お開き。あー、最後に来た男性は誰だったのかしら。。??彼は右手の中指に指輪をしていて、なおかつパートナーがいると言っていたけど。。そういや、ゲイカップルは特にお揃いの指輪などはしてないようだった。そういうものなのかしら?

また彼らと会う機会があるときは、もうちょっと話せるようになっていたいと思った。。あ、話の内容も分かるようになっていたい。

しかし、ここ2日、ろくに寝てなかったのと、ワインを飲んだので眠くて仕方なかったー!徐々にまた眠れるようにはなってきたかも。。?よく分からないけど。でも寝たという気があまりしてないのは確か。今日は眠いし疲れたから、一日家にいて寝ていよう。。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

10:49 | (留学中)性的少数者のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<彼女が来る♪ | ホーム | 今日も休み>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/98-f71dcdbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX