10-07 Tue , 2008
耳に穴を開けたから10月7日はピアス記念日
題名は俵万智の「サラダ記念日」のパクリ(笑)

ってわけで「一つ穴開けるだけでギャーギャー言ってないで、早く開けてきなさいよ!」という誰かさんのせいってわけでもないんだけど(笑)、まー、わたしが「穴開けようかな」と言った時点で既に8割方、心は決まっていたわけで。決まったとなりゃあ、怖いことは先延ばしにしたくないもんで。わたしさあ、蛇の生殺しみたいにじわじわされんの、苦手なのよね。だからネットで適当に選んだ(といっても、要はうちから行きやすいとこになるけどね)病院に予約して今日、行ってきた。

いやさー「明日穴を開けるんだ」と思ったら、なかなか眠れなくてね(苦笑)、しかも寝起きに変な夢を見てしまった。なんかね、病院に行って開けてもらうところなんだけど、開けてもらう右耳になんかドライアイスみたいなひやこい白い煙がほにょほにょ~とかけられて「なんじゃあ、こりゃあ。助けてくれー!」って夢。隣にいる彼女を起こしてしまった(汗)どこまでも情けないわたし、、、

でさー、まぁ、いい時間になったので起きて、んで行ったよ。しかし電車に乗っている間、ミョーにドキドキして、思わず彼女に「何か緊張してきた。ドキドキするよ」とか「○○(場所)に着いちゃったよお。ドキドキ」とかメール出してた(苦笑)だって、そうしないと、ドキドキしちゃって。普通だったら、電車に乗っているときは本を読んでいるのだが、文字が目に入って来やしない。

ってわけで、病院について名前を告げる。そうしたら「初めての方はこれを書いて下さい」って言われて、問診票みたいなのを書かされた。これに「未婚」とか「既婚」の欄があるんで、一瞬、ムッとする。「結婚できるんだったら、とっくにしとるわい」と思い、わざわざ「未婚」の方に丸を付けた上で、その横に「女性と同居中」と書いておいた。ああ、いけない。。こんなところにムッとするなんて。と思うけど、やっぱヤなんだもん。結婚しているのとしないのでは、何か治療の方針が違うのかよ、そうじゃなきゃ、なぜこんなこと聞くんだよ、って思った。帰った後、彼女にそのことを話したら「だったら未婚にペケ付けてくればよかったじゃん」って言われたんだけど、まー、無回答でもいいのかな、こういうときは。でも、やっぱり存在を無視されるのってなんかヤダ。ってドキドキしてた割にはこういうところは細かく腹が立つのよね(苦笑)

中に「アレルギーがあるか」だの「今、医者にかかっているか」だの「何の薬を飲んでいるか」だの聞かれたので、薬については、ちょっと今、覚え切れてないので、家に電話して彼女に教えてもらった(苦笑)特に寝る前に飲んでいる薬の名前はほとんど覚えてないので。。

で、書いたので渡すと、その後、おもむろに凹の形をした紙を持ってきて「耳の厚さを測りますから」と言われた。で「6mmですから、ピアスは8mmのタイプですねー」ってなんだかよくわけの分からないことを言われて、「金属アレルギーが心配でなければステンレス製でも結構ですが、金属アレルギーを心配されるのでしたら、チタン製のをお勧めします」と言われた。んー、金属アレルギーは持ってるのか持ってないのかわたしには分からなくて、ただ、ステンレス製てーと、鉄とニッケルの合金だよね?ニッケルって確か一番金属アレルギーを起こす金属じゃなかったっけ。ってことで、安全策をとることにして、チタン製のファースト・ピアスを選んだ。なんか3種類くらいあったけど、一番目立ちそうなヤツ、といっても、そんなではないけどね。選んだ後に「じゃ、先に会計済ませて下さい」と言われ、金を払わされた。「金払うのは全部終わった後じゃないのかよ。そんなに金持ってない顔してるのかよ」って思ったけど、まぁ金は当然持っているので払った。

その後は名前呼ばれて「どこに穴を開けたいか、これで印を付けて下さい」と言われ、鏡の前に案内された。えー。どこに開けたいかと言われても、、、とかなりかなり迷って、取り敢えず耳たぶの真ん中辺かなあ、と思って印を付けた。で、付けた後、受付にまたペンを戻す時に「ここで変じゃないですかね?」と聞いたら「変じゃないと思いますよ」と言われたので、まぁそこに決定。てーか「ここに穴を開けられるのか」と思うと、こええよお。。どうしよう、って感じだった(苦笑)

すると、明らかに医者じゃないような人が、処置室と思われるところでわたしの名前を呼んだ。「あれー。ピアスの穴開けるのって医療行為じゃないのかよ。医者がやるんじゃないのか」と思ったけど、受付にあるその日の医者の担当表を見たら「女医」としか書いてなくて、どうやら火曜日ってそんな日らしい。他の日はちゃんと「○○医師」って書いてあるのにさー。失敗したーって思ったけど、まぁもうしょうがない。で、処置室に行くと、オモチャのピストルみたいな一見して「ああ、これで耳挟んでピアスを打つんだな」って分かるようなものがなぜか2つ置いてあった。で、さっきわたしが選んだピアスをそのピストルみたいなのに仕掛けて、で、「軸に化膿止めの薬を塗りますねー」って言われた。その後、脱脂綿を取り出して「じゃ、耳を消毒します」って言われて、その後、そのピストルみたいなのを耳に当てた。ひょえええ~と思ってると「今はまだ位置決めだけですから。打つときは言いますね」と言ったので、思わず「いつやるかは言わないで、適当にやって下さい」と言ってしまった。だって採血のときも「じゃ、今から針を刺しますね。ちょっとチクッとしますよー」なんて言われるけど、そんなこと言われたら余計緊張して、痛さが増すじゃん。あれ、なんでいつもああ言うんだろうね?何も言わずにひと思いにやってくれれば、こっちも知らないうちに「あ、終わった」となるのに(苦笑)

ただ、わたしがそう言ったからか、位置決めをしたと思ったらすぐに「パン」って音がして、あ、やっちゃった、と思った。うーん、その瞬間に痛かったかといえば、全然痛くはなかった。が、その後すぐに耳がジンジンしてきた。。うわー。確かに丸1日はジンジンするよって言われてたけど、ジンジンってこれかよ、って感じ。まぁ痛いわけではなく、本当にジンジンするって感じ。

その後、いろいろな説明を受けた。ファースト・ピアスは留め金みたいなのが全部入れ込めないので、知らないうちにピアスの軸が前に行くこと。そうしたら元に戻すこと。風呂に入るときは軸を前の方に動かして、耳の部分を洗うこと(洗うといってもゴシゴシ洗うわけじゃなくて、水を流す程度に)。風呂から出たあとは、渡した消毒薬を付けて消毒すること。消毒薬は多分、1週間程度でなくなるだろうけど、その後、1ヶ月半はこのピアスを付けっぱなしにしておくこと、等々、、「化膿したり、トラブルがあったときは1ヶ月以内だったら無料で診察できるが、1ヶ月を過ぎると診察料金3千円ちょっとかかる」と言われた。「化膿するってどういうことですか」と聞くと「黄色い汁みたいなのが出てきたり、あとは穴を開けた周りが赤くなったりすること」と言われた。「んじゃ、そういうときは、ピアスを外さずにこちらに来ればいいんですね」と聞いたら「一応、状況を聞いて指示をするから、先に電話して下さい」と言われた。トラブルが起きるのはいやだけど、起きるなら1ヶ月以内にしようね、金がないからね>自分

ってわけで、帰りに消毒薬をもらって、それから病院を出た。出たところで早速彼女に報告。「おわたよ」と。で、ちょっと腹減ったので、適当に食って、それから帰った。そのときはまだジンジンしてて「やだなあ」と思ってたけど、段々それも薄らいで、今は何も感じない。が、風呂の時に触んなきゃいけないので、今、もんのすごく不安。だって痛いのヤだもん。わざわざ触りたくないよ、んな、痛いって分かってるとこ。って思うんだけど、洗わないと雑菌が増えて化膿したりするから、やらざるを得ず。ああ、風呂入るの気が重い。

そうそう、帰ってから、彼女に早速デジカメで画像を撮ってもらった。

P1020691.jpg


んなの。で、もらってきた消毒薬は

P1020695.jpg


開けてみたけど、臭いは分からず。味は、、試してない(爆)これ、なんだか1週間以上確実にもちそうな予感。。

帰ってきてなにげにネットを見てみたら「レズビアンは左耳に」って書いてある!「えー」って思ったんだけど(ゲイは右耳ってことは知ってた)、でも今はあんまり「アイコン」としては関係ないみたいね。ただ、左耳だけにしている人の方が右耳だけにしている人が多いみたい。何でかは知らないけど。でもわたしはずっと右耳にピアスしたかったし、楽器吹くときにね、トロンボーンは左肩に楽器を担ぐんで、右耳にした方がやっぱいいよね、とか、まー、腕時計も右にするしねとか(関係ない)、そんなこんなで、まだまだいろんな困難(?)が待ち受けているだろうけど、取り敢えず開けたってことで。

しかし、帰ってきてから、昨日、やっぱあまり眠れなかったのか、それとも極度に緊張したからか、偏頭痛が。。しかも、よりによって右側。「んげー」と思ったけど、ここはおとなしく偏頭痛の薬を飲んで、夕食後に寝た。だけどやっぱまだ頭が痛い感じがする。。ってわけで、寝る前は、市販の偏頭痛薬を飲んで寝よう(トホホ)。

さてさて、これから歯磨きして風呂に入ることになるけど、これまたドキドキしてきた。。ホントにピアスの軸を動かせるのかよ、自分。って感じ。なんか開けたのはいいけど、それで終わりじゃないのね、ピアスの穴を開けるってことは、ってことを今、すごくすごく実感している。。。。多分、数日経ったら慣れるとは思うけどね。
22:43 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<動く、動く | ホーム | 病院の日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/967-1c85cafb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX