----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
09-22 Mon , 2008
オフ会行くの。。
特に夏に何をしたってわけじゃないんだけど、最近、めっきり寒くなっているので、どうやら疲れがどんどん出てきているような感じがする。今日なんか一日中寝てて、しかも寝過ぎで頭が痛くなるという最悪のパターン(苦笑)夜も前みたいに途中で明らかに起きてる、って分かるような感じではなくて、でもまだ「うーん、起きてるかなー」みたいな←?ただ、寝やすくなったからか、以前よりは多少眠れるようにはなったような気がする。とはいえ、毎日毎日「早く寝なきゃ」と思いつつ、やっぱり1時2時になるのは、身体のためによくないよなー。。。ということで、今夜は早く寝よう。

最近、というか前からだけど、昼頃起きてはメシ食って、そして後の時間は新聞を読んだり本を読んだり、、社会とあまり関わることがない。これ、ちょっと考えものだと思いつつ、それでも何か「接点」がないものだから、んー、やばいな、とは思うんだけど、まー、この土曜日、27日には久々にレズビアンのオフ会、ってことで少し緊張してる。だって、彼女は別の用事があって、一人で参加するのだ。。

前にも書いたんだけど、わたしはなぜかレズビアンの友達がすごく少なくて、というか、本当は少なかったんじゃなく、レズビアンの友達が増えるよりもゲイや異性愛者の友達がどんどん増えるので、だんだん割合が減ってきてしまった、というのが本当のところで。。しかも、別にゲイの友達とか異性愛者の知り合いを増やそうと思っているわけでは全くないんだけど(というと失礼か(^^;)、知らない間に繋がりができていくのだ。

「じゃ、なんでレズビアンの友達が増えないの?」って思ってるんだけど、これまたよく分からないんだよねー。。なんで、超久々、彼女もいないことだし(爆)、とあるレズビアンのオフ会に参加することにしたんだけど、実は決めたときからドキドキ。。「もてたらどうしよう。。」←ウソ!!!

じゃなくて(爆)、「もしかしたら、わたし、何も話せないんじゃないかしら。。」というのが本当のところ。もーさ、初対面、人見知りだから、わたし。で、このオフ会の参加者とは全く面識がない人で、本当の本当に「初対面」なのだ。。あ~、わたしレズビアンのくせに「女ばっかり」って苦手なんだよねえ、実は(苦笑)はっきり言って、どういう話をしていいのかよく分からないのだ。。テレビもNHKとNHK教育しか見ないし、だから「ねー、NHKのアナウンサーの中で誰が一番好き?」なんて会話、成り立たないだろうな、、民放のアナウンサーの名前言われたら、多分、よく分かんないし。。かといって「the L word」もシーズン1しか見てないしさー(苦笑)

とはいえ、別にこれ、恋人探しに行くオフ会じゃないので(当たり前だ)、気楽に行けばいいと思うんだけど、ああ、どうやれば「気楽」になれるのだ。。多分、彼女が付いてこないオフ会って、彼女ができてから初めてだと思うんだよね。。うーん。なんか今からドキドキする(笑)←完全に自意識過剰

わたしはゲイの友達たくさんいるけど「ゲイコミュニティー」ってものが存在すると思うかというと、そうは思ってないし、況や「レズビアンコミュニティー」をや。って感じで、結局どれも「人と人との繋がり」でしかないじゃないかって思ってる。こないだね、古本で「同性愛入門 ゲイ編」というものを買って読んでみたのだが、まー、2003年に出たという、この本。出た当時、もし読んでいたら「へぇー、こんな世界なんだー」って多分思っただろうと思う。だがしかし、それから5年経った今読むと「あれ、この人知ってるじゃん」「あ、この人も書いてる」って、割と知り合いが多かったのね。もしこれを「コミュニティー」と称すならば、なんて狭いコミュニティーなんだ、って思ったりする。。

でね、これの「レズビアン編」ってのがあるならばね、どんなものになるのかなーって想像するんだけど、想像できないんだよ。「同性愛入門 ゲイ編」ってのは、完全に「当事者向け」に書いてある本で、多分ここまで「当事者向け」に絞って書いた「同性愛入門(とか、同性愛の基礎知識等)」ってこれが初めてだと思う。んー、わたしもそれまでの書籍を全部あらったわけじゃないから、言い切れはしないけど。もしかしたら'92年7月に出た「ゲイ・リポート―coming out! 同性愛者は公言するが最初の当事者向けへの入門書だ!」っていう人がいるかも知れないけど、、わたしはあの本はあまり「入門書」とは思えないんだな。確かに同性愛者(と言えども、出てくる人は全部ゲイ)のライフヒストリーや同性愛者に対してのパートナーシップを語った本(それにしても、誰が書いているとは書いてない記事も「あ、これ誰が書いたかすぐ分かる」って感じの本だったけど。まぁ敢えて誰とは言わない(笑))ではあるけれども、さて、あの当時、これは一体どういう意図で出したのか。それを言うなら、ノンへテロの女性の声を集めた「310人の性意識―異性愛者ではない女たちのアンケート調査」もはっきりいって、同じような感じのものだったと思うのね。これは「ゲイ/レズビアン/バイセクシャルが読む最初の本」というより「こういう人たちがいますよ」と世間に向けて発信しているような本だと思う。だから「同性愛入門や同性愛の基礎知識」みたいな本とはちょっと違うと思っているんだけど。ただ、、今思うに「ゲイ・リポート―coming out! 同性愛者は公言する」の方は後々出てきた「同性愛の基礎知識」や「同性愛がわかる本」に繋がっていく内容ではあるよな。。(って当たり前だよね。だって、同じ人が関わってるんだからさ(笑)ホント←敢えて言っちゃったね)

あ、なんとなく話がずれた。で「レズビアン編」だけど、レズビアン編があるとしても「レズビアン・カルチャー」ってなんかある?って思うんだよね~。今までのレズビアン関係の本って、ほとんどわたしの印象では「レズビアン・フェミニズム」から入ってるイメージがあるから、お堅いんだよね。お堅いのはわたしは好きではあるんだけど、フェミニズムのお堅さはわたしは入ってけないのね(苦笑)で、わたしのレズビアンのイメージって、わたしのレズビアンの知り合いの大半はもう彼女がいて、そしてその中でそれぞれが楽しく生きている人たち、というイメージだから「一つの共通点」なんてもんは見あたらないわけ。まー、ペットを飼ってる人は多い、というイメージはあるけれども。。そして落ち着いてしまったら、その中でパートナーと友達と一緒に楽しんでいる、って感じだから、コミュニティーを形成する以前、もうバラバラなわけ。

だから今の日本では「レズビアン向けの商業雑誌」なんてものは全部、休・廃刊になっちゃってるんだろうし、今後も多分、出てこないと思うんだよね。特に媒体が本である必然性ってないんだもの。ネットであちこち情報は集められるし。まー、しょうがないのかな、って気はするけどね。

ってわけで、なんか何が言いたいのか分からなくなってしまったけど、27日に向けて、さて、どうすればいいのか。。ドキドキ。って今から一人でドキドキしてどうする。。。
22:14 | (性的少数者)本のこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<眠れる森の美女 | ホーム | 最近寒くねー?>>
コメント
こんにちは。いつもこっそり拝見しているものです。笑

>「レズビアン・カルチャー」ってなにかある?~、もうバラバラなわけ。
の記事のところ、印象に残りました。70パーセント位気持ちわかります。。

同性愛者のコミュ二ティーを意識し始めたのはここ1年未満なのですが、では「ゲイ(ホモ)・カルチャー」ってなんなのですか。「カルチャー」って何のことをいっているのかな・・。本にしたりイベントをしたりパレードをしたりそういう大人数によるイベント企画実行力のことをいってるのかな・。私もいわゆる「レズビアン・カルチャー」ってすごく興味がある。レズの人でもすごい本を書いてきた先人はいるよねー。それって「レズ・カル」よねぇ。U~ん、レズビアン・カルチャーって、ゲイ・カルチャー何のことでしょう。v-15
Posted by: u- at 2008/09/23 16:23 URL [ 編集] | page top↑
>u-さん
コメント、どうもありがとうございます。そんな、こっそり読まなくてもいいですから(笑)

んー、ゲイ・カルチャーというのは、なんとなく分かるんですよね。そう、イベントとかたくさんありますから。まー、それをいえば、レズビアンだっていろんなイベントはありますけどね。。。

わたしはパレードはあまり「カルチャー」だとは思わないんですよね。実はパレードが一番大人数だったりしますが(笑)ゲイだったら例えば「ドラァグ・クイーンショー」なんかが「カルチャーだなー」って思います。「ドラァグ」だけじゃなく「ゲイアイドル」もいますしねー。All about の「同性愛」の「Junchanのかるなび」(http://allabout.co.jp/relationship/homosexual/subject/msub_culture.htm)なんかを見ると、だいたい「あー、ああいうのがカルチャーっていうのかな」という気はしますね。で、そこに出てくる「レズビアン・カルチャー」ってのは少ないです、めちゃくちゃ。そういう意味でもレズビアンは、なにが「レズビアン・カルチャーなんだろ?」って気はします。まー、わたし自身、そういう「文化面」には弱いところはありますが(苦笑)だって「クラブ」に行って踊ったりしないので。。

「レズビアン向けの雑誌」というのがなかなか日本に根付かないのはなんでかな、と思います。海外にはあるんだけど。。(Curveとか)なかなかスポンサーが付かないことも一因だとは思いますが、「レズビアンの生活ってこういうもの」っていう共通する話題がないのかなーとは思います。
Posted by: ron at 2008/09/23 19:58 URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/952-c4c8ac85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。