09-25 Tue , 2007
VIVA! 日本製品
中国製魔法瓶日本製魔法瓶







「ビバ」って書くと、やはりわたしが一番に思いつくのは「ビバそごう」と「ビバサンワード」ですね(謎)っていうか、最近やたらJTの応援曲を思い出す。。なぜだろう?ちなみにわたしはそごうの応援は観たことがないです。なので、実は「ビバそごう」も聞いたことはありません(^^;

こっちに来たら寒いので、昼食時に温かい飲み物が飲みたいと思って、最初のうちは適当なところで買ってたんだけど、これが実に高い。2(オーストラリア)ドルはする。今、1ドルは105円くらいだから、210円。これは異様に高い。

実は、初めてオーストラリアに来たのは、2003年の年末に彼女と二人でケアンズに行ったときだった。このときは確か、1ドルが85円くらいだった。それから考えると、20円も円安だ。今、オーストラリアは好景気らしいので、その影響もあるのかな。ともかくちっとも安いという感じがしない。なので、これだったら魔法瓶をどこかで買おうと思って、チャイナタウンで買ってきた(画像左)。最初、ウールワースというスーパーマーケットで探したのだが、なんと1リットル入りのしか売ってなかったし、本当は登山用品の店なんかがあればいいと思ったんだけど、探し出せなかったから。。

で、これを選ぶのも一苦労で。なんせ、品数が少なくて選べない。。orz
しかもいいヤツそうなのは高い。。仕方ないなーと思って、安い部類に入る、それでも19ドルはする魔法瓶を買った。まぁ、見た目悪そうじゃないし、と思って。

次の日の朝、お湯を入れてみた。なんか外側がやけに熱くなるんですけど。。これって熱が外に出ている証拠ではないのかと思いつつ、昼間に飲んでみたら、見事にぬるくなってました(汗)ええと、確かにわたしが小学校の時に使ってた水筒なんかこんな感じ?と思ったが、あのときは完全にプラスチックの水筒だったぞ。。

何日かそれで飲んでみたんだけど、やっぱ熱いお茶が飲みたいのだ。。ってことで、彼女に送ってもらいました、どうせ冬物衣料を追加で送ってもらう予定だったので、それにまぎれて。。

画像右は、送ってもらった魔法瓶だけど、これはいつも野球を観に行くときに持って行っているもの。朝、コーヒーを入れていくんだけど、ドームで3試合見終わって家に帰ってきてからも、中のコーヒーは湯気が出るほど熱いのだ。

こちらに荷物が来た翌日、紅茶を入れて学校に持っていった。昼間、飲んでみる。やはりというか当然、熱い。うん、これこれ。と思うが、これって、そんなに高級品ではなく、多分、日本では普通に売っている魔法瓶。。(わたしが選んだ訳じゃないから、いくらかは知らない)

日本製品ってやっぱりいいのかな、と思った。
けど、日本で売っているものの中には、結構中国製もあるけど「なにこれー!」ってひどかったものは、今は思い浮かばないんだよね。。日本で売っている中国製品も質がいいということなのか?不思議だ。。

しかし、一旦、便利なものに慣れたら、不便なものは使えないということがよーーーく分かった(笑)普段はそんなに贅沢はしていないつもりだったんだけど。

ここに来ると、日本がどんなに電化製品であふれかえっているかもよく分かる。だから、日本に来た外国人が秋葉原に行く理由がよく分かる。あの電化製品の品揃えの豊富さって、本当にすごいことなんだなって思う。

確かにここでは日本製品をよく見る。車はトヨタを筆頭に、三菱、ダイハツ、スバル、ホンダ、日産がたくさん走っているし(三菱だのダイハツだのスバルだのって、日本ではあまり見かけないのに、ここではすごい多い)、パソコンも東芝製をよく見る。家で使っている電子レンジは松下製品(ただし表記はPanasonic)だ。テレビはなぜかAKAIだし、ステレオはSONYとPIONEERだし、ビデオデッキもSONYだ。そして暖炉がRINNAI。ビデオカセットはTDK。家にいるだけでもこれだけ日本の会社の製品(ただし、どこで作っているかは謎)のものがある。これってすごいことなんじゃないだろうか。。それだけ日本の製品(ただし、どこで作っているかは謎)が信頼されている証拠なんだよね、これは。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

17:45 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<学校行ってて思うこと | ホーム | 仲間に感謝!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/95-9811f299
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX