09-08 Mon , 2008
少し早い病院の日
今日は、彼女が先週電話をかけたんで、ちょっと早い病院の日だった。ただ、あの日よりも今の方が徐々に状態はよくなっていて(もしかして、あの「同性愛」の本のせいじゃなかったんだろうなー、ホントに(苦笑))、まー、そんなに早くすることもなかったんじゃないか、とか思いつつ、彼女にも付いてきてもらった。でも、あれから幸いにも調子は上向きになったけど、ホントに悪くなってたら、どうするんだよって思うよ。。で、今日着ていったTシャツはこれ。

P1020667.jpg

いよいよ着るTシャツがなくなってきたので、去年の東京プライドパレードで着た、Brass MIX!のTシャツを。。今年は関西レインボーパレードだけだけど、やっぱりBrass MIX!でTシャツ作ろうって話になってて、で、まだどんなのかは知らないけど、楽しみだな~。

で、ちょっと待って彼女と一緒に診察室へ。医師は彼女に対して「どーもどーも、お久しぶりです」って言ってくれて、こういうときに彼女との関係を打ち明けておくと便利、というか嬉しい。

「今は電話した頃ほどひどくはないんですが、、」と言って、あれこれ話してきた。わたしはとにかく今後、治るのかどうかがすごく気になってたから「本当に治るんですか?」って聞いたら、、「うーん、難しいんですよねー。一応、気にならなくなる程度になったら、治療終了ってことにしてるんですけど」と言うから「じゃあ、元通りの普通の状態にはならないってことなんですか?わたし、ずーっとこんな口の中変な状態でいなきゃいけないんですか」というと「うーん。完治は難しいんでね、気にならない程度に。。」っていうからさ、なんか悲しくなってしまった。確かに今、PCなんかに夢中になっているときは口の中がごく薄く変な状態(?)になってる、ってことはあるんだけど、それって本当に夢中になってるときだけなんだよね。医者はもう今、そういう状態になるときもあるから、その状態がずっと続けばいい、って思ってるみたいなんだけど。。。「完治は難しい」って聞いてちょっと凹んだことは確か。彼女があとで言うに「最悪でも今の一番気にならない状態って言ってたから、完治することだってあるんだって」って言ったけど、わたしにはそうは聞こえなかったんだけどね。。

まぁ、今は口の中だけじゃなくて、眠れなかったり(寝た気がしない)するから、そっちも治していかないといけないんだけどね。うーん、もともとは右腕の痛みだったのに、なぜこんな状態になったのか分からないし、いつの時点で今の病院に行ったら、完治できたのか、それもよく分からない。。なんのしろ、よく分からない状況がずっとずっと続いて、どうしていいかよく分からなかったんだから、本当にもう。。

で、食欲がない、とか口臭がするような気がする、と言ったら彼女も「そういえば、2、3日前からわたしも気になってた」って言うから、本当に口臭がしてたんだと思うけど、なんかいろいろあったんで、結局、朝昼晩飲んでいたアンプリット10mgがまた、テトラミド10mgに戻った。戻ったらどうなるのか、また食欲が出てきたりするのかとか、全然分からないんだけどね。

ああー。なんかよくなっている気はしないし、ホント、これからどうなっていっちゃうんだろうな~。腕もあまり気にならなくなってきたとはいえ、やっぱり左腕に比べるとしびれとかあるからね。手をグーパーしにくかったり。わたしの身体の中のどこがぶっ壊れてるんだろうなあ~?

テーマ:闘病日記 - ジャンル:日記

21:47 | 病名が分かった後のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<同性愛が性倒錯ではなくなりかけた時代 | ホーム | あの日見た夢こんな夢>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/937-ec9e71d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX