09-05 Fri , 2008
頑張れ、都立三鷹高校学校長!
今日、別に日記書こうと思ってなかったんだけど~(苦笑)

わたし、6月20日に「都立三鷹高校校長にエールを!」って日記を書いたんだけどさ。

今朝の毎日新聞を見たら、また記事が載っていた。

都教委:三鷹高校長から聴取、守秘義務違反を理由に /東京

前のは「学校経営の適正化について」について、都教委に通知の撤回を求めていて、それについては、6月13日付け朝日新聞には「都教委に呼び出されて意見を述べた」って書いてあったんだけど、確か同じ日の毎日新聞には「近々都教委にどういうつもりでこういう発言をしているのかを問うためにヒヤリングを行なう予定」と書いてあったんだよね。んなもんで、はっきりいって、この件については、どうなったのかよく分からないんだけど。

今回は、それと違って、教員に対する業績評価について、都教委が教員についての業績評価を絶対評価から相対評価にするように、という指導が行なわれたことについて、それをマスコミ等に漏らしたことから、守秘義務違反に問われたらしい。しかし、このきっかけは都立三鷹高校校長である土肥校長が都教委に対し、公開討論を申し込んだところ、これを都教委は拒否したことから、その旨、マスコミに配ったらしい。都教委はなぜ、公開討論を拒否したのだろう。実は裏で管理職たる校長を操っていることを世間に対して知られたくないために、拒否したとしか思えない。

しかし、この土肥校長は自分の信念を曲げない、とても強い人だと思う。この記事に書いてあるように、校長会にも誰一人味方する人はいないらしい。わたしは、みなが味方するまではいかずとも、少なくとも来年、土肥校長と共に定年になる校長くらいは、このことについてもし同意をするのなら、味方になるべきだと思うのだけれど。。やっぱり校長になる人のほとんどは保守的で、上の人のいいなりなのかなあ~。。。そうだとすると、とても悲しい。

都立高校の実績を上げるために、中高一貫校や重点高校を指定したりしているけれど、本来、高校って「どれだけ有名大学に入学させるか」の教育機関ではなく、同じ都立高でももっと校風に合わせた「独自色」を作っていくべきなのではないか?高校は義務教育ではない。そして、わたしがいた頃の鷹高は本当に自由だった。鷹高時代、わたしが受け持たれた担任2人(組替えは1年から2年に上がるときだけだったので)は、実は両方とも鷹高出身で、わたしたちの先輩だった。だから鷹高というところがどんな学校か、よーく分かってたし(自分たちが通ってきた道だしね)、そういう担任を通してわたしは鷹高の「自由な校風」を知った。「自由」の裏には「責任」がある、ということも。そして少なくとも、その自由を謳歌した都立三鷹高校の卒業生としては、いつまでも自由な鷹高であって欲しいと思う。

とは言えども、土肥校長がこのまま3月まで身分が安泰、という保障はどこにもない。今回も守秘義務違反を理由とした事情聴取ということで、このまま、また何かがあれば、もっと大きな地方公務員法違反に問われて免職、ということもあり得よう。わたしはどうすればいいのか、何かできることはないのか。
21:22 | その他 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<同性愛が性倒錯だった時代 | ホーム | 気分が晴れない>>
コメント
>都立高校の実績を上げるために、中高一貫校や重点高校を指定したりしているけれど、本来、高校って「どれだけ有名大学に入学させるか」の教育機関ではなく、同じ都立高でももっと校風に合わせた「独自色」を作っていくべきなのではないか

重点校や中高一貫校も一つの「特色」ですよ。一部の私学のように、決して受験一辺倒な教育をしているわけではありません。
都立高校は学区を撤廃したおかげで、各校が特色を争うようになり、かなり特色化が進んでいます。
おそらく、全国で東京ほど公立高校間の特色がはっきりしている地域はないはずです。
Posted by: とある塾講師 at 2008/09/06 00:04 URL [ 編集] | page top↑
>とある塾講師さん
コメント、どうもありがとうございます。

重点校や中高一貫校は、かつての学区の第1番目と第2番目の学校に割り当てられたという日本語は変かも知れませんが、まぁ割り当てられたわけですよね。旧第10学区でいうと、国高が重点校になり、鷹高が中高一貫校になった(平成22年からですけど)わけですから。

確かにとある塾講師さんの方が、現在の高校の状況について詳しいと思います。が、一井の人間からすると、どうも東京都(都教委)は重点校からの東京大学への進学にこだわり(都立日比谷等、かつての「東京大学進学校」が、私立に押される形で東京大学への進学率が減り、それに対抗しようと重点校の指定をし、それを導入したあとに「進学率が上昇した」といったニュースを聞くと、やはり「学校の特色」を作るよりも東京大学への進学率を高くすることが目的のように思えて仕方がありません)そして中高一貫校もそれに追随するのではないかと思えて、心配です。

確かに鷹高の「開設施策方針」の中には「これまでの伝統と実績を踏まえて」という表現がありますが、本当にそうなのかな、と。あとは卒業生個人の意見として、これからの生徒が中学受験のみで入学し、高校受験はない、ということに、ちょっと寂しさを感じています。
Posted by: ron at 2008/09/06 11:22 URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/934-69f122b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX