09-27 Thu , 2007
数が分からない(汗)
わたしは割と耳がいいのか、習ったことは聴き取れるようにはなっている。現在完了を習えば「あ、今、現在完了を使った」って分かるようになってるし。。ただし、問題は「使っているのは分かる」けれども「話の内容は分からない」ってことで。。これって理解できるようになっているとは言えないよね(苦笑)

で、こないだ学校で「大きな数字」についてやったんだけど、それを習って以来、会話の中にやけに大きな数字が使われていることを発見(?)した。買い物ではせいぜい二桁の数字しか出てこないから、それまでは不便は感じなかったんだけど(ただ、ここに来た当初は数字が聞き取りにくかったので、適当に大きな額の金を出していた(苦笑)のと、小銭の使い方が慣れなくてモタモタしていたが、最近はそれにも慣れてきた)、いきなり「10million」だの「1billion」だのと言われても「すごく大きな数字」としか理解できなくて、具体的な数字が浮かんでこない。

数字を区切るとき、三桁区切りと四桁区切りがあるというのは小学校の時に習って知っていた。で、今は国際表記をすることが当たり前になってきているから、わたしも数字を書くときには、三桁区切りで書くようにしている。例えば1,000とかね。けど、実際にわたしたちが使っているのって四桁区切りなんだよね、大きな数字って。万の次は億、その上は兆だ。その上は、京とか無量大数とか不可思議とかあったように記憶してるけど(京の次が無量大数ではないです)。で、これらの数字って、普段は0の数がいくつかってほとんど意識せずにだいたい「100億円」って聞くと「このくらいかな」という感じはつかめるし、書こうと思ったら書ける。だって、普段、大きな数を数える時って「いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、じゅうまん、ひゃくまん、せんまん、いちおく、じゅうおく」って無意識に四桁区切りで考えてるから。わたしは意識しなくても、四桁区切りで数を数えていたのだ。

けど、英語で1millionはともかく(ミリオンセラーと言えば、100万部だから)、それに10とか100が付くと途端に分からなくなる(苦笑)これは多分、慣れの問題なんだろうけど、今のところは完璧に日本語に訳してじゃないと数がはっきり認識できない。これってちょっと不便だったりするんだよな(苦笑)

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

19:35 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ゲイプライドは持つべきものなのか | ホーム | 学校行ってて思うこと>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/93-ea1796c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX