----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
08-25 Mon , 2008
結婚、おめでとう
そっちでは今、何時か知らないけど、日本ではもう夕ご飯を食べたあとだから、日記を書く。

今日はわたしの姐さんが結婚する日だ。

姐さんとはもう、どういういきさつで知り合ったのか、わたしは全然覚えてない。
今考えると全然接点なんかなかったのにな、と思う。
知り合って、割とすぐに意気投合し、で、わたしは姐さんのことを姐さんって呼んできたけど。
ホントのこと言えば、今まで数回しか会ったことがない。
今年になってからも会っていない。
その姐さんが、今日、長年のパートナーだった人と結婚する。

姐さんがパートナーと結婚できることを知って、わたしは結婚を勧めた。
だって、いつまた結婚できなくなるか分からないから。
「チャンスがあるなら、できるうちにしておいた方がいい」
わたしは本心からそう思って書いた。

そうして姐さんはパートナーの元に行き、「marriage licence」の発行を受けた。

その頃からわたしはおかしくなった。
悔しい。なぜ姐さんたちは結婚できるのに、わたしたちは結婚できないんだろう?って。
悔しくて悔しくてたまらないのと同時に、自分はなんて嫉妬深い人間なんだ、と思った。
長年付き合ってきた人たちがやっと結婚できる。何故そのことに対して素直に「おめでとう」って言える気がしないのか。
自分はなんて心の狭い人間なんだと思って、こんな自分ヤダと思った。

一回、この気持ちを吐き出した。
そうしたら、なんだか素直に「おめでとう」って言えそうで。
で、実際、言えそうだった。昨日までは。

今日になって、また、おかしくなってきた。
涙が出てたまらない。
彼女に「こんなに嫉妬深い自分はイヤだ」と言って泣いた。
彼女は「嫉妬深いんじゃないよ。多分、ろんたこは姐さんが好きでたまらないんだよ」と言った。

ああ、そうなのか。原因はそれだったのか。

姐さんとはあんまり直接会って話をしたことはないが、いろんなことがあった。
わたし自身はよく覚えてないんだけど、うつが一番ひどくて、毎日自殺のことばっかり考えていたとき、姐さんは彼女に「いつでもわたしたちの家に来れるようにしてある」と言っていたそうだ。
わたしはその頃の記憶はほとんどなくて(うつ病って、治ったらうつ病のときのことってどうやら忘れるらしい。それだけ脳が記憶しておきたくないことなんだろう)、だから姐さんには感謝の言葉を言ってない。

それより思い出すのはケンカした思い出ばかりだ(苦笑)
なんかでケンカしてお互いの日記、読みに行かなくなって、わたしは自分の日記を読みに来ない人に対しては、すぐにマイミク切っちゃうから、姐さんも切っちゃえ、と思った。
普通だったら、当人には知られないようにこっそり切るんだけど、姐さんだけには「マイミク切ります」というメッセージを送った。
そうしたら「分かりました」って返事が来た。
そのときわたしはやっと自分の気持ちに気がついたんだ。だから「マイミクは切りたくありません」っていう返事を返した。思えばすごく変な話だけど、わたし、姐さんとは繋がりを断ちたくなかったんだよね。あのとき姐さんはマイミク切って繋がりがなくなってもよかったのかな。

その後も何回かケンカした(苦笑)
血の繋がっている妹とは実はケンカした記憶がない。「ケンカするほど仲がいい」って言うけど、そんな感じでわたしと血の繋がっている妹とは仲がよくないからケンカしない。
なのに、全くの他人のはずの、しかも知り合って3年経つか経たないかの姐さんとは何回ケンカしたことか。

でも、誰かに相談しようと思ったときは、いつも姐さんだった。だって相談相手は姐さんしか思い浮かばなかったから。
何回も相談したよね。つい、こないだも相談に乗ってもらったし(苦笑)
結局、なんだかんだいって、わたしは姐さんを信頼してるし、好きなんだよね。

見た目はあんまそんな感じはしないんだけど(←オイ)、本当はものすごく心が繊細な姐さん。
小心者なところもあるよねと思うし、どうやら恥ずかしがり屋の面もあるらしい。
でもいつも大切なときはちゃんとわたしを気にしてくれてる。そして時には評価もしてくれてる(と自分では思ってるんだけどね)。
生意気な妹はいつもそんな姐さんにつっかかってばっかりいるけれど、
そんでいつかは「うへえ。参りました」と言わせたいとか思ってるけど(爆)

その姐さんが今日、「marriage ceremony」を行なう。
パートナーと正式に結婚する。

なぜなんだかよく分からないけど、心ではおめでとうと思っているんだけど、ふとしたときに涙が出てくる。
なんでだろ?悔し涙か?いや、違う。嬉し涙か?いや、、、違うような気がする。
パートナーに姐さんを取られたような気がする?まさか(爆)
でも、なぜかとてもとても複雑な気持ちの涙だ。自分では説明が付かない涙だ。

だから正直、手放しで「結婚、おめでとう!」とはまだ言えない。
けど、気持ちは「おめでとう」ってちゃんと思ってるところもあるんだよ。
「パートナー氏と末永くお幸せに」って言いたいんだ。
けど、文字にはできても面と向かって言う勇気はまだ持てない。
姐さん、戻ってくるまでには言えるようになってるかな?
そのときは笑顔で「姐さん、結婚おめでとう!」って言えるといいな。

いつの日か、姐さんたちと同じく、わたしも彼女と結婚したいと思ってるよ。

姐さん、結婚、おめでとう。

p.s.今まで見たことのないパートナー氏の顔、見てみたいから、今度はうち来るときは写真持参のこと!(笑)

テーマ:同性愛 - ジャンル:日記

21:23 | 性的少数者に関すること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ウサ晴らし?(苦笑) | ホーム | ハートをつなごう 発達障害第10弾、2回目>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/923-35d8a903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。