08-23 Sat , 2008
一般感覚を失わないということ
気分はちょっとずつ浮上中。ということは、やっぱり人間って「気持ちの波」があるのかなあという気がする。一時期流行った「バイオリズム」は、統計学的に有意なデ-タが取れなかったために「疑似科学」とみなされているらしいけど。どうやら最近「バイオリズム」って言葉、聞かないと思ってたよ(笑)

浮上しつつあるといっても、それによって気分がよくなるわけでもなく、単に「これから生きるに当たっての問題点」がいくつかまた見えてきた&思い出してきたってことだけで、いわば「今まで頭が休止中」だったのがまた動き始めた、ということなんだと思う。

今のわたしにとっては、もう既にある問題点いくつかを抱え込み、そして今回また新たな問題点が浮き上がってきたところではあるが、元を正せば、問題点はたったの1つだけなんだけどね。そのことについて、いくつかの問題にまた分かれる、というだけのことなんだけど。根本的な問題に対しては、いくら考えようが、答えは出てきっこないので、時期が来たら考えることとしているが、ただ、今回出てきた問題は、ある意味、すべての自分に対しての問題のその上をまた大きく取り囲んでいる問題なのかな、と思う。

なんて書いても、一つも具体的なことは書いていないので、読んでいる方は何が何だか分からないだろうけど。。(笑)でも題名だけで分かる人には分かるとは思ったりする(笑)

「一般感覚を失わないこと」

わたしは今までこのことは分かっていたつもりだったし、それに何より「一般人」だし(笑)、一般の人間であると思っていた。が、実はちょっと違ってしまった、というより元々違っていたのではないのか、という気がしてきている。まぁそれはそれで別にいいのだが、違っていた、ということを認識できたということは、案外自分にとっては重要なことに気がついたのではないかとも思っている。

ただ、、そうすると今度は「一般感覚」というのは何か、と言うことについて考えなければならない。が、それは容易に想像が付くんだよな。まだ容易に想像が付く点で、わたしはそんなに「違っていない」とも言えるんだけど、わたし個人の感覚は、自分によってこれまた容易に変えることができるんだな。が、しかし、一般感覚ってのは、ものすごく変えにくいもので、これを変えるためには一体どうすればいいんだろう?って思ったりするし、いやいや、変えるなんてことはおこがましいので、自分を如何に「違っていない」ままでいつづけるか、ということなのかな、と言う気もするし。

しかし「違っていないまま」だと、今度は自分の進歩がないんだよね。自分は自分で自分の思うままに進んでいきたいと思っている。ということは、結論として、絶えず「一般感覚」と「自分自らの感覚」の距離が一体、どのくらいなのか、ということを確認していかなければならない、ということであろう。また、「自分自らの感覚」も一方からではなく、あらゆる角度から客観的に俯瞰し、なるべく「一般的な感覚」に受け入れやすいと思われるものを自らの中で取り入れていかねばならないと思う。「これと思ったことはこう」とすぐに自分の中で理屈を付けて納得してしまう自分にとっては、これは確かに難しい行動であるとは思う。が、なんとか頭を柔軟にして、考えていきたいと思う次第だ。
20:42 | (性的少数者)自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<北京五輪も終わりに近づいてるけど | ホーム | わたしのSEXファンタジー??>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/920-f04ac1c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX