----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
08-22 Fri , 2008
わたしのSEXファンタジー??
最近、昼間は寝ころびながら本を読んでいるせいか、読んでいるとだんだん眠くなってきてそれから「お昼寝」に突入してしまう生活をしているんだけど。昨日は、すげー雷の音で起きたのね。今日は、、エロい夢で起きた(爆)

というか、起きて思ったのは「あー、わたしが求めてる『エロいもの』ってこういう風なもんなんだな」ってのがかなりはっきり分かった、ってこと(笑)もしかしたら、今やってる(っていうか、明日までなんだけど、明日はクロージングだから17時までです、ご注意を!ってここでまた宣伝するか(^^;)「Rainbow Arts Exhibition 2008」で、過激にエロチックだけど個人的には全く萌えなかった(苦笑)、あの作品が影響しているかも知れないね、ってことだったり、まー、最近ご無沙汰だよねーってのもあったり(これは、わたしの病気のせいで、、くすんくすん(涙))、そういうのが随分入り交じっていたからかな、と起きてからそう思うわけなんだけど。

ま、シチュエーションは、自分がエロマンガを読んでいるってただそれだけの場面なんだけどね。そのエロマンガがね、「あー、わたしはこういうのだったら『萌える』んだ」ってのがなんていうのか初めて分かった(爆)しかも、多分、この世の中のエロマンガでは、絶対にこういうのはないだろうな、っていうことも分かってしまって(だって今までそういうの読んだことないし)、ちょっとショックだったわぁ(爆)

てーか、それはどういうものなのかっていうのを説明するのは、すんげー恥ずかしいわけで、詳しくは書かないけど、でもね、もしああいうものがこの世の中に存在するとして、多分「うわー、これ、萌える」って思う人はあまりいないんじゃないかな、とは思ったね。しかも、多分、ああいうものを書ける人っていないんじゃないかな~。書けるとしたら、産婦人科医でなおかつ、絵が上手い人っつー、どんなんやねん、って思うでしょ(笑)

要するにわたしは「シチュエーション」じゃ萌えないのね。物語、なくていいんだ、結局。あるのは「現象」だけで。しかも「本当に現実に起こっているものだけれど、実際は(普通だったら)目に見えないもの」とだけは言っておこう(笑)それは最早「ファンタジー」ではなく、「現実のもの」なのだ。そこに「ファンタジー」の入ってくる余地はない。でもわたしがその「現象」に萌えるという意味ではやっぱり、これは「わたしのSEXファンタジー」なのだろうな、と思う。

で、わたしが見た夢は人との絡みではなかった。マンガに出てきたのは、一人の女(顔はなく下半身のみ)と一つのディルド。女の人はハダカでもなかった。んだけ。だから、物語じゃないのよね。わたしの見た夢は、まるで「ドキュメンタリー」みたいだった。しかし、決して普通のカメラでは撮れない「ドキュメンタリー」。それも超無機質なもの。

ま、これ以上言ったら分かるから言わないけど(爆)、なんか自分の求めているもの(?)が分かって、結構ショックだった(苦笑)で、多分、今後もわたしの求めるようなものはないだろうな、と思ってちょっとガッカリしている(笑)多分、そういうものは今後も自分の「想像の産物」でしかないんだろうな、と思ってね。ま、でもヒマだったら今度は想像して楽しんでみるか(笑)

しかし、こういう夢を見るってことは、病状も少しはよくなってきたと言うことなのかなあ、、、?
だといいんだけど、こう、口がおかしくては、キスするのもあまり気分がよくないのだよ、実は。。
18:49 | (性的少数者)自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<一般感覚を失わないということ | ホーム | テレビでIKKOって人初めて見た(笑)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/919-6772731a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。