----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
08-21 Thu , 2008
テレビでIKKOって人初めて見た(笑)
うーむ。なかなか浮上してこない今日この頃でございます。気分的に滅入っているというか。まー、ちゃんとした理由はあるんだけど。で、こういう中で「続 きけわだつみのこえ」を読んでいると、余計に気が滅入ります。彼女が「もー、そういう本じゃなくてさぁ。もっと笑えるような本を読もうよ。ないの?橋本治でそういう本?」って聞かれるんだけど、橋本治で笑える本なんかあったっけ、って感じだし、結局治ちゃんの本を読んでも、まー、気は滅入らないけど、考え込んじゃうだろうな、と。結局どういう本を読もうが、気分が明るくなるようなものは読まないってことですね(苦笑)ちなみに「続 きけわだつみのこえ」は、以前買ってきたものですが、読了してないんだよねー。なんで、今回は終わりまで読みたいと思ってます。

で、ゴロリと話は変わって。今日、NHK教育で「ハートをつなごう 発達障害第10弾2回目」をやる予定だったんだけど、なぜかオリンピック放送が入ってきて、日曜日の16時30分からの放送になったとか。オリンピックの放送の方は、民放でもやってるみたいだし、別にNHKとNHK教育両方使ってやんなくても、、って思うんだけど。

そうそう、本題。今日、何気なく、NHK教育の「おしゃれ工房」を見てたらIKKOって人がメイクの仕方を伝授してた(笑)この人、去年「どんだけ~」で流行語大賞(だったっけ?)をもらったそうだけど、あの「どんだけ~」ってのは、本当は「リンカーン」って番組にBrass MIX!が出て、そのときに「二丁目の流行言葉」という名目で登場したのが始まりだったのよね。けどあれ、実は二丁目の流行言葉なんかじゃなくて、Brass MIX!の中の、その当時の「流行言葉」だったんだよね(爆)とにかくBrass MIX!はあのときは、パレードごとにいろんな流行言葉ができてた時期だったわけ。ま、わたしは「どんだけ~」が流行った時期のBrass MIX!には、うつ病がまだ治ってなくて無理できない身体だったから、いなかったわけだけど(従って「リンカーン」にも出てませーん(笑))。IKKOさんはどこでそれを知ったか知らないけど「どんだけ~」を使っていた人の中で一番有名だったらしいから、なんか彼が流行語大賞の表彰式に呼ばれたんだよね。

で、わたしは民放は見ないので、なんか「オネエ」の人ばっか出てくる番組があるらしいってのは知ってるけど、見たことないのね。ホント、NHKしか見ないからさ(笑)だから、今んとこ、カミングアウトしてる芸能人でテレビで見たことがある人って假屋崎省吾くらいしかいなくて。で、今回初めてまともにIKKOさんを見たんだけど。民放ではどんなしゃべり方してるか、それは全然知らないよ。けど、今日見たIKKOさんは、確かにスカート穿いてたし、最後の方なんか、すげードレス着てたから、まー、女装と言えば女装なんだろうけど、顔見てるとさ、普通に男の人なんだよね。ほら、わたし、ドラァグの人とか見てるじゃん、間近で。あれを考えると、化粧が薄い(笑)っていうか、なんか自然でね。「あー、女の人も化粧する人もしない人もいるんだから、男の人も化粧する人だって普通にいてもいいんじゃない?」って思うような感じだった。で、髪の毛は今はカツラで、カツラ取るとベリーショートの金髪だと言ってた(笑)

いろんな女性の悩み(目の下のクマが気になるとか、目の辺りの化粧をどうすればいいかとか)を「こうやってこうすれば」みたいにメイクを実際にやってて、その話し方を聞いても全然「オネエ」じゃないのね。確かに話し方は丁寧な言葉遣いなんだけど。しかも、そのメイク術もすごくて、目の下のクマがちょっちょいのちょい、で消えちゃうのだ。「あ、すげー」とか自然に感動しててさ(笑)自分は化粧しないけど、見てたら結構面白かった。なんかね、今日見たのは「おしゃれ工房」の2回目だったらしいのね。1回目も見たかったなーって思った。

で、最後に司会の、あれ誰だっけ、顔見たことあるけど忘れた。NHKのアナウンサーじゃないんだけど、確か漫才の「ピンクの電話」の背が低い人の方だったっけなあ?その人が「どうやったらきれいになれますか」とか聞いてて、わたしが「なんでこんなことをこの人に聞くんだー?」と言ってたら彼女に「だって、美人な女の人に同じ質問をしたら、見てる人、嫉妬するよ、多分」って言われてさ。あ、そーかーって。人間ってなかなか難しいもんだよね。同性から同じことを言われるとムカツクよね、多分。あそこに出てるIKKOさんは、特にオネエ言葉を使うわけでもなく、ただ女装してる人だったんだけど、やっぱ見られることを普段から意識しているのか、そういう点では普通の男の人とは違うんだよね。オネエ言葉を使うってことは、「普通の男というものから降りること」だと思ってるんだけど、女装してもやっぱそれは同じなんだよね。でも完全に女じゃない。だからこそ、見ているであろう女性にとっては、彼の言葉はすんなり受け入れられるんだと思う。ちなみにどんなことを言ってたかというと「年を取ったからと言って嘆くよりも、自分の一部分でもいいから好きになって」ってことだった。自分のいいところ(顔で好きなところとか)を見つけて、それを大事にしてそこから自信を付けていく。まー、そんな話だったかな。そんなに目新しい話でもないとは思ったけど、あそこに出てた限りで判断すると、とても自然な感じな人だったなーって思った。ただ「人から見られていること」に関しては、ものすごく普段から気を配っているんだろうなー。そして、そういうのも多分、好きなんだろうね。

ただ、ゲイはオネエだけじゃないからさ~。っていうか、本質はみんなもしかしたらオネエかも?って思わないこともないけど(笑)、少なくともゲイに対してゲイ受けするゲイは、見た目は決して「オネエ」じゃないんだよね。それこそ「レインボー祭り」に集まるような、どっちかというと「野郎系」に近い方がモテ筋なんじゃないかなって思う。あとはクマ系とかね。そこんとこで、世間とのギャップがあるわけだけど(苦笑)でも、野郎系でもクマ系でもない人だってたくさんいるし、見た目じゃ分からない、というのが本当のところ。ま、だから「ゲイはこういう人」とか「レズビアンはこういう人」ってわたしは外見では決めつけられたくないわけだけど。

でも今日見たIKKOさんは、多分、ああいう格好がしたくて、それが自分だって自信を持っているんだなって思ったから、それはそれでいいんだって思った。っていうか、ついにNHKにも呼ばれるようになったのかーとも思った(笑)

で、他に「オネエ」って言われてる人ってあと誰がいるっけ?って感じなのだが。。民放は見ないので、分かんないんだな(笑)あ、でも美輪明宏とかおすぎとピーコは知ってます(笑)
22:09 | (性的少数者)テレビのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<わたしのSEXファンタジー?? | ホーム | ハートをつなごう 発達障害第10弾、1回目>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/918-177b8084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。