07-26 Sat , 2008
深く潜れ
「やらなければならないこと」=「病気を治す」ことになってしまった今、自分の心境はといえば、ただただ深くもぐりつつあるのだと思う。

まー、でも簡単に言うと「昔読んでた本を再読すること」だったりもするんだけどね(と突然軽い口調)。性的少数者関係で言えば、自分がちょうど「わたしって同性愛者かなあ」と思い始めたのと、'90年代の「ゲイ・ブーム」が重なったので、割とその関係の本が多く出ていた時期でもあったのだ。で、「『レズビアン』である、ということ」を読んだんだけど、これがまぁ、よくわからない本でね(苦笑)最初が「『レズビアン』、とはだれか」から始まるんだけど、「~ではない」ばっかりで、何度も「じゃあ、なんなんだよ!?結局、アナタは何を言いたいの?」と言いたくなることしきり。

そのうち、話がどんどんフェミニズムの方になっていってしまって、「レズビアンとはあんまり関係ないんじゃないのぉ?」ってことになり、、で、最後の方でようやく「ああ、この人はなんだかんだ言って、結局『レズビアンとは、女性に対して性的魅力を感じる人のこと』とは言いたくないんだな」ってことが分かった(笑)だってこの人、絶対に「性的魅力」とか「性的興奮」とかそういう言葉を使わなくて「親密な関係を持ちたい」としか言えないんだよ。「セックス」とかそういう言葉は世間のポルノ的な手垢にまみれた言葉なので、どうやら使いたくなかったらしいんだよな。それが、この本を随分回りくどくさせてしまっている一因だと思う。それと、この人、本の書き始めはまだまだ「内なるホモフォビア」でいっぱいらしく、自分のことをまだ「レズビアン」という言葉で言い表わしたくない(=そのような言葉を引き受けたくない)ので、さらに物事を分かりにくくしているのだ。

はっきり言ってこの本、最後の2章だけ読めば、もうそれで十分だと思うんだけど。。なんて言ったら怒られるかな(^^;

で、次に読んだのが「女を愛する女たちの物語―日本で初めて,234人の証言で綴るレズビアン・リポート (別冊宝島 64)」で、これは'90年3月15日発行、わたしはこの6刷の'91年8月10日のヤツを持っている。

これさ、今からたった18年前のことなんだけど、そして、わたしだってこの本のアンケートに出てくる人たち(の中で最も多い年代)とほぼ同世代なんだけど、読めば読むほど暗くなって来た。これは「フェミニズム」はほんの少ししか出てこないから、とても読みやすいんだけど(爆)、この当時の置かれた状況ね。もちろん、中には既婚者も入っている。結婚したけど離婚した人もいる。そういうさまざまな人がいるのにもかかわらず、若い人(っていうか、わたしと同年代だよ!)は「いつかは男性と結婚」って思っている人の多さ!これには少々参ってしまった。まぁ、'90年と言えば、ちょうどWHO(世界保健機関)の国際疾病分類(ICD)から同性愛が削除されて、同性愛は病気ではないので治療の必要がない、とされた年だ。この年の5月17日が削除された日だったんで、その日が今の「IDAHO」(国際反ホモフォビアの日)になっているわけだ。ただ、アメリカではその前から既に「同性愛は病気ではない」ということになっていたらしいのだけれど。

そう、だから、ほんの20年に満たない前までは、同性愛は「病気」だったし(今でも病気と思ってる人がいるかもね(苦笑))、だから、「レズビアン」の人たち自身も「いつかは治る」と思い続けてきたし、男性と結婚する人も多かったんだ。女性同士で幸せに暮らす、なんていう考えはこの本の中では前半部分はともかく、後半部分のアンケートの中ではほとんど皆無に近く、それでわたしはどんどんどんどん暗くなっていってしまった。

なので、今は沈みきっている。といいつつも、今は同時並行して「同性愛者における他者からの拒絶と受容―ダイアリー法と質問紙によるマルチメソッド・アプローチ (シリーズ・臨床心理学研究の最前線 1)」っつー、比較的新しい(今年出たばっか)の本も読んでて、これは結構面白い。ただ、共分散分析とか、多変数解析なんかを使って統計的にデ-タをまとめてるので、それがなんであるかが分からないとちょっと読みにくいかも知れない。とはいえ、これらの解析方法は大学の卒論程度でもやるので、そんなに難しくはないだろう。んで、これを読むとちょっと「ホッ」とする自分がいるのは確か。でもまだ最後まで読んでないので何とも言えないけど。

同性愛関係の卒論や修論を書くのなら、一度は目を通して置いた方がいい本だと思う。

そんなこんなで、過去にさかのぼっていろんな本を手当たり次第に読んでいるわたし。
頭が痛くなってきた(苦笑)

さて、明日は「プレリュード」が行なわれる日。本来なら「東京プライドパレードへの」プレリュードだったんだけど、そのパレード自体は来年の5月に延期されてしまい、プレリュードだけはやることになった。その中で我が「Brass MIX!」も出演する。ってわたしは出ないけど。

観に行こうかどうか、すんごく迷ってることは確か。今、楽器の音ってはっきりいって聴きたくないのね。自分が吹けないからさ。つらいんだ。だから、今、検討中。

今日は頭が痛いので、もう寝よ。
20:45 | (性的少数者)本のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<行けなかった「プレリュード」 | ホーム | どこにも属さない、ということ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/889-9797f702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX