07-25 Fri , 2008
どこにも属さない、ということ
映画祭の疲れと、昨日の映画があまりにもつまらなかったので(←オイ)、今日はどっと疲れが出て一日中寝てた。今も眠いから、今日はもう早く寝ようと思いつつ。

最近「どこにも所属していない自分」についてよく考える。
もちろん、どこにも所属していない、というのはウソだ。現にわたしは日本国籍を持っているので、日本国という国に属している。住民登録もしている。だから厳密に言うと「どこにも所属していない」というのは誤りである。

けど、、会社を辞めてから、わたしは社会的な身分は「無職」である。ま、「有職」だったのがたったの7年しかないので、ホント、わたしってものすごーーーーい「モラトリアム」な人間なのかも知れないけど(苦笑)でも、やりたいことがあるのに、その方向に進めずに病気療養ばっかやってる自分って随分と情けないのだ。もう一人の自分がいたらとっくの昔にこんな自分殺してる(オイオイ)。彼女は「こういう時間も必要だってあとで思える日が来る」っていうけど、一体、この時間が何を意味するのか。

就職が決まってから、わたしは大学院の博士課程を中退した。中退してから半年間、わたしは幼稚園に行く前以来(爆)、「どこにも属さない自分」という身分になれた。期限付きとわかっていたので、そのときはとても自由な気分になって嬉しかった。どこにも属さない、自由な自分。それがすごく楽しかった。

が、今は先が見えない。それがとても不安だ。「自分がどこからも必要とされない」のは、特に何も感じないのだけれど「やりたいことがやれない」という自分へのふがいなさが常につきまとう。「自分のできることで何かボランティアをやろうか」とも思うのだけれど、今度は「どこかに所属する」という怖さがあって、結局悩んでいるままだ。

そして、貯金もそろそろ底に着いてきた。今度はお金がないということで焦りが出てくる。身体を早く治してアルバイトをしたいと思っているのだが、思うようには治ってくれない。

そういうわけで、今はちょっと焦り気味なのだ。「どこにも属さない自分」にいつまで耐えられるのか。

自分でも分からない。

「どこかに所属したいのかどうか」も分からない。

わたしは一体、この先どうなるのかなあ~、、、、
22:15 | 自分の将来について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<深く潜れ | ホーム | 「後悔なんてしない」を観て後悔した>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/888-a3f7a1c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX