----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
04-13 Thu , 2006
カミングアウトとアウティング
昨日は一日中寝ていた。といっても、身体の調子が悪いわけではなく。一昨日書いた「世間は狭い」に関すること。。

わたし自身はもうビアンである自分を隠したくないし、同性愛者が身近に存在する、ということをアピールしたかった。でもそれは理想論に過ぎないのでは、という気がしている。

それはわたしが考えている以上にmixiに同窓生がいたことだ。「同窓会に誘われている」と「世間は狭い」でわたしは書いた。でもそのときは深く考えていなかった。彼女から「回りに回って全然知らない人が知ったらどうなるの?」と聞かれるまでは。幸い、実家は遠くにあるし、実際問題、小学校の時の友達がわたしの実家を知っているわけはない。しかし、可能性は0ではない。なんてったって、うちの妹もそこの卒業生なのだから。。何も知らない妹へ話が行くかも知れない。そうすると、両親の知るところになるかも知れない。。

同窓生はみんながみんな、親しいわけではない。そこでmixi経由で同窓会に誘われたと知ると「どういうprofileだろう」と覗きに来るだろう。そこではわたしはおおっぴらにカミングアウトをしている。もし、同窓会の席でカミングアウトをしなくても、そこにいた同窓生にはわたしがビアンと言うことがばれてしまう。話がそこで終わるなら、特に問題はない。まぁ、あまり親しくない人には知られたくないということはあるけれども。だけど、話はその先だ。前に言ったように、人の口に戸は立てられない。「ねーねー、○○さんてレズビアンなんだってよ」という話が興味本位で語られる可能性が高い。そうするとそれはもう、カミングアウトではなく、アウティングになる。わたしの全く知らないところで、わたしがビアンだと言うことが知られてしまう。それはわたしの本意ではない。

何がいやかって、興味本位に語られるのが一番つらい。本人は血の出るような思いで他人にカミングアウトをするのだから。「この人にしても大丈夫か」と考えに考えて、カミングアウトするのだから。

カミングアウトとアウティングは表裏一体。知らせる必要がない人までにカミングアウトする必要はないのではないか。でも、もう自分に表と裏は作りたくない。自然体の自分を受け入れて欲しい。それは無理な願いなのだろうか。。

わたしは昨日、一日そのことについて考えた。同窓会については一時保留。そう決めた。悲しすぎて仕方がない。これが今の日本の現状なのだ。出て行きたくても出て行けない。それがわたしには悔しくてたまらない。「身近に同性愛者がいる」と世間に分からせるためには、もっと時間が必要なのか。

テーマ:カミングアウト - ジャンル:日記

09:51 | カミングアウト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今日は診察日 | ホーム | 連絡なし(泣)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/864-33323f06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。