----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
10-08 Mon , 2007
全く大したことないエロいだけのわたし(笑)
分かる人には分かるという、このタイトル(爆)

これは以前、akaboshiさんとこに書いてあって、わたしも早速彼女に送ってもらって(他に送ってもらうものがあったのでついでに)、読んでみたのだ。本当の題名は「かけがえのない、大したことのない私」(田中美津著)。

いや、面白かったです、この本。ほとんど一気に一日で読んじゃったから(笑)で、感想でも書こうかと思ったんだけど、でもね。こう言ってはなんだけど、彼女の言っていることとわたしが考えていることは結構似ていて(おこがましいというかなんというか(爆))「でもねー、うん、これはわたしもそう思った、これもそう思ってた」とか書いても仕方ないので(苦笑)、まぁ、興味のある方は一読されることをオススメします(性的少数者以外の人にもオススメです、ホントに)。で、わたしと彼女が一番違うなあと言うのは、思ってることは結構同じことが多いけど、彼女はそれを「ウーマンリブ」と呼ばれることを引き受けて、わたしはそれ(と言ってもわたしの場合は「ゲイリブ」か?)を引き受けないってことかな。多分、わたしは既存の言葉に定義づけられるのが嫌いなのかも知れない、と思ったりして。ま、人はそのことを「リブのリブ嫌い」と言うかも知れないけどね(笑)ただわたし、根本的には「人と群れたくない」というところがあるので「一括りにしないでよね」ってどこかで思ってるのかも知れないし。。まぁよく分からない(苦笑)

で、昨日はテイラー・スクエアの再び行ってきた。というのは、先週もらってきたフリーの新聞がどうやら週刊であることが分かったからっつー、単純な理由。なんかこういうものは集めたくなるのよね、わたし。。

しかし昨日は寒かった。先週は34度くらいまで上がったのに、今週は最高気温はずっと20度くらいみたいだ。この落差、なんとかして。風邪引くじゃん。せっかく脱いだコートをまた着ております。。でも、街行く人が結構革ジャン着てて「あ~、こういうのイイ~!着たらダイクっぽく見えるかも~♪」とか、なんか変なことも考えちゃって(爆)いや、別にダイクにならなくてもいいんですけど(苦笑)

事前に「この道」ってルートを地図で確認してから行ったんだけど、案外遠くなかった(苦笑)確か、去年は夜遅かったんでタクシーで行ったんだよな、あそこ。もっと離れたところだとは思うけど。

でね、先週見たレインボーのバナー、今週は全く違ってましたー。つーか、今のバナー、今日、タウンホールの方を歩いてきたんだけど、それと同じだった。。でも一体、なんのバナーなのかは不明(爆)そして昨日は曇っていたので、テイラー・スクエアもあまりきれいじゃなかった。。今度行ったときに晴れていたら、今度こそデジカメで撮って来なきゃ。。って完全におのぼりさんだよな。。(苦笑)二丁目をデジカメで撮ってくるのと同じかも。

前に行った本屋(なのかな、あそこ。どっちかというとエロビデオ(ゲイ向け)を売っているようなところなんだけど)で、フリーの新聞と雑誌をもらい、でもこれだけのために来たんじゃあ、と思って、周囲をふらついていたら、本屋を見つけた。ってことで中に入る。入ってみると、、当然のことながら、ゲイ向け、レズビアン向けの本がたくさん。。「the lesbian」って本が平積みになっていたので、ついつい手に取って見てしまった、というか、本屋でエロ本読むって多分、こんな感じなのね、でもここ、入ってすぐのところだけど。。とためらいつつも、やはり自分の興味には勝てなくて(苦笑)、中を見る。最初の方は、なんての?昔の絵画ね。女の人が頭の上に壺持ってるような絵があるじゃん?そういうようなの(すまん、何時代の絵とかそういうのは全く知らない、わたしは)。しかし、ページをめくるにつれ、エロい絵が。。しかも当たり前のことだが英語で書いてあるので、日本語と違い「チラ見」が出来なくて、一生懸命読もうとしてしまう。が、その横の絵が邪魔して読もうにも読めん。。ああ、言葉はいいから絵だけ真剣に。。なんてことになってしまって(汗)それを見ながら「なるほど~、こういう体位も。。」とつい考えてしまうわたしって、、(汗)しかし最後の方は3人とか、SMチックだったので、この本はNG(爆)っつーか、所詮絵だからさあ~。やっぱ生の写真じゃなくちゃね←オイ

その後、レズビアン向けの雑誌を発見するが、これってすべてアメリカの雑誌。実はうちの彼女は日本で「CURVE」って今、一番売れているレズビアン雑誌らしいが、これを定期購読している。なのでこれは買わないで(爆)、別の違うのにした。ナブラチロアが載っていたから~♪

で、そこに「Australian Lesbian Calendar」ってのがあって、買おうかどうしようかすんごく迷ったんだけど、結局止めた。。だって、買ったとしても一体、部屋のどこに飾るというのだ?確かにホストの人は基本的にプライバシーを守るので、やたらめったら部屋の中には入ってこないけど。。だからといって、入ってこない保証はどこにもないし、それにやっぱり見られると恥ずかしい。。(笑)あー、そのカレンダーみたら、なんと今日は「International Lesbian Day」なんだってね。日本はそのために今日が祝日らしい(違)。

その後、どんどん店の奥の方に。。ああ、見たくもない(失礼!)ゲイのエロ雑誌がたくさん。。「も、もしかして店の奥の方はゲイオンリーなのかしら?ルミエール(注:新宿二丁目にある本屋)と同じく。。(ルミエールの奥はゲイ向けエロビデオが売っているので、女の人は入れないのだ。つーか、そんなところ頼まれても行きたくもないけど)」と思ったけど、棚を見たら「Gay&Lesbian」って書いてあったので、大丈夫なのね、と思ってそれでもドキドキしながら、奥の方に入っていく。つーか、よくやるよと思うが、やはり欲望には勝てない(爆)わたしは心の中で「ビアンのエロ雑誌~」と叫んでたんだけど、とうとうエロ雑誌は発見できず。。というか、途中で時間切れ。店の本当の奥までは入れなかった。

レジで雑誌を買ったら、目の前に「新刊本の紹介」みたいな冊子があったので「これはタダですか?」と聞いたら、すごい優しそうなおにいさんが「そうだよ」と言ったので「ありがとう」と言ってもらってきた。

2007.10.7(gr.spring)













それがこれ。何が気になるって「Spring」って書いてあることがとても気になる。だって、わたしにとっては既に春は過ぎ去ってしまったものだから。。もう一回春が来るってとても変な感じ。

まさかこれを帰りのバスの中では読めないので、家に帰って食い入るように(爆)読むと。。おお!

2007.10.7(LS)







こ、これは。。まさしくレズビアンのエロDVDだわ。。み、見たいよ、もちろん(じゅる)そ、そして。。

2007.10.7(ww)







これは、、「sophisticated photographs」ってことは~♪ああ、これも欲しい。。(じゅるじゅる)ついでに欲しかったカレンダー、

2007.10.7(LC)













ここに載ってる♪しかし、その後に載っているゲイのコーナーを見て驚いた。ゲイ向けカレンダーは、

2007.10.7(g)







これは2ページだけだけど、全部で3ページもある。。。。orz
ってことは、やはりどこの国も女性の可分所得は低いのかねえ。。?中身選べないなんてヤだわとか思っちゃう(笑)だってやっぱ、好みのタイプってあるじゃん。。女の裸でもさ。

で、中に表紙が明らかに「着物を着た女の人」ってのがあって読んでみたら「母親を亡くしたフランス系アメリカ人が19世紀後半に、彼女の心を癒すため、片言しか日本語が話せないのに日本に来て、お茶屋(tea house)さんに逃げ込み、そこの養女になった(その当時、外国人を養子に出来たのだろうか?)。そして彼女はお茶会(tea ceremony)とそこの女主人の虜になるが、女主人は決してそれに報いることはなかった。そして緊張が家族の中に高まり始め。。」みたいなことが書いてあって結構面白かったんだけど、まぁ、こんな話は読む気がしない(爆)

「これって、ネットでもFAXでも申し込めるんだー。でも、もし郵送して、こんなエロいものを買ってると思われたら。。」と思ってたら、なんとここに書いてある本屋の名前と住所と、わたしが行った本屋の名前と住所が同じだった(爆)ってことは、ここに行きゃ、買えるってことね。でも、わたしって、エロい本買ったことない、よく考えてみれば。だって、日本ではあんまりレズビアン用のエロい本ってないもんね。まー、けど、ルミエールでゲイ雑誌買うのと同じ感覚なのかな。あ、ちょっと違うか??(苦笑)なんかこれ、オカズにすると思われるとヤだなぁ~、でもまさにそうだけど、みたいな(爆)

で、昨日、寝る前に彼女とSkypeで「こんなのもらってきたよー!!」とカメラの前に差し出したんだけど「よく見えない」と言われたんで、ここに載せます。これだったら読めるでしょ(爆)つーか「だったらさぁ、わたしが行くまでにそれ、買っておいてよ」だって。。「えーっ、わたしが買うわけ??」と言ったら、そうなんだってさ。「でさ、今度泊まるところ、DVD見られないから、PC持ってきてさぁ」「あ、PCに付いてるDVDのリージョンコードってどうなってるんだろう?」「よく知らない~」「でもさ、それを見るだけのためにこの重いThink Padを持っていくわけ?ネットに繋げないのに?」「(爆爆)」みたいな感じ。。さて、わたしは彼女がこちらに来るまでに、どうしましょうか。。

っていうかさー、ホストの人が毎日「今日は何した?」って聞くんだけど、昨日も聞かれたんで「テイラー・スクエアに行ってきた」って言ったら「エクセレント!」って言われて、何がエクセレントだよ。。と思ってたら「そこで何をしてきたか?」と聞いたので「本屋に行ってフリーのゲイ雑誌を。。」って言ったんだけど、エロビデオ買ってきたとは言いにくいよなあ~(汗)買うときは別のこともして、そっちの方だけを言うか。。ってこれって、エロ雑誌を買うのを見られるのが恥ずかしいから、抱き合わせで別の本を買うみたい。。(爆)

【付記】この画像を撮っているときに、ホストの人に「カメラ持って何してるの~?」なんて聞かれてしまって。。ついつい本当のことを答えてしまったわたし(汗)つーか、今度からドア閉めて画像撮ろう。。(苦笑)

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

21:03 | (留学中)性的少数者のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<調子悪し | ホーム | わたしは何に護られているのか>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/82-accadd78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。