----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
10-11 Thu , 2007
事の顛末を。。
昨日の日記、あまりにも事の顛末を書かなさすぎたので(書くどころではなかったんだけど)、補足をば。

腕、というか、初めは腕の関節のひじから下の、筋肉が一番盛り上がっているところが凝ってるなあと随分前から感じてたんだけど、そのままにしてたら、9月のちょうどネットが繋がった辺りから、急に痛みと火照りとそれから親指にかけてのしびれ(といっても、本当にしびれているんじゃなくて、なんていうか、表面だけしびれている感じ)がしてきて、で、そのうちそれが上腕部に広がり、肩や首にまで広がったんで「これはヤバイ」と思って、こちらのクリニック(こちらは「病院」=「hospital」じゃなくて、最初はオールマイティーな「クリニック」=「clinic」に行くそうな)に既に先週の火曜日に行ってきて、そこで抗炎剤と鎮痛剤を処方されて、腕に塗ったり薬を飲んだりしてたんだけど、それが全く効かなかったのよね。そこはもちろん、日本語の通じるクリニックです。英語で上のようなことは到底説明できません(^^;

で、そこで「骨には異常はないみたいですね。ただ、これでよくならなかったらまた来てください」と言われたので、今週の月曜日に行ってきたのだ。そのときに既に首に掛けて痛くなっていたので「もしかしたら、どこかの神経が圧迫されているかも知れないので、MRIを撮った方がいいかもしれないけど、その前に、理学療法士を紹介するから、そこに行ってもまだダメな場合はまた来てください」と言われ、その足ですぐに理学療法士のところに行って予約を取ってきたのだが、なんせこっちは学校に通っているもので、先方との都合が会わず、来週の月曜日になってしまった。

医者には前に出した鎮痛剤が全く効かないと言ったので、今度は「これは強い薬です」という薬を出されて、月曜の夕食後に飲んだんだけど、これがまた、本当に強い薬で。。頭がクラクラして、気分は悪くなるわ、眠くなるわですごい有様だったのに、症状は全く改善せず。ここで「あれ、おかしいな」と思い始めた。

で、翌日は眠れないわ、腕や首や肩が痛いわで、もうグジャグジャで、それで日本でわたしが通っている整体院(と言えばいいのか。実はちょっと違うんだけどね。口では説明できない(^^;)に彼女から電話してもらったのね。そこ、実は彼女の知り合いで(とは言っても、先生は2人の関係は知らず(^^;)、遠距離時代、わたしは野球の見過ぎで座骨神経痛になったんだけど、そこにずっとお世話になっていたのだ。

そこの先生はすんごい人で、例えば「右向いて、左向いて。はい、どっちが向きにくいですか」「右です」「ぽき(首の骨(じゃないらしいけど、本当は)一本鳴らす音)」「はい、今度はどうですか」「@@;」って感じで、ホント、すんごい技を持っている人なのだ。日本広しと言っても、そうそうお目にかかれる先生じゃなくて。。ええ、わたしはその人をすごく信頼してるんだけど。日本を離れる前に身体の調整としてでも行っておけばよかったと今はすんごく後悔している。

彼女には詳しく説明してもらった。上に言ったことの他、最近は骨と骨との筋肉が収縮している感じがすること、そのためか絶えず関節(手首やひじ、肩)の骨がぽきぽき鳴ること、前にならえして、親指から肩に掛けて一直線に痛みやしびれがあること、等々。そうしたら、彼女から電話がかかってきて「それって、腕が攣ってるんだって」と言われた。わたし、思わず「つる??腕ってつるわけ?」と聞いたら、稀にそういう患者が来るらしい。で、対処法としては、取り敢えず、腕の一番盛り上がっている筋肉を15分アイシングする、肩を15分アイシングする。これを2時間おきにやれってことだった。本当は運動もあるらしいんだけど、それは口では言えないので、取り敢えずこれはやって欲しい、そして、帰ってきたらすぐこっちに来るようにって言われたので「彼女は1年間日本に帰ってきません」と答えたそうな。

で、取り敢えずわたしも直接電話してみた。そのときにまたいろいろ付け加えたんだけど、考えられる可能性は3つくらいあるが、これは(ゴメン、わたしは忘れた。専門家じゃないもんで)最初、首から来て腕に下りてくるとか、いろいろ言われて、それで一番考えられるのは、やっぱり腕のつりでしょう、と言われた。確かにそう言われると、筋肉が収縮している感じがするのって、そういうことだったのかとか、鎮痛剤が全く効かなかったよな、とか、手を反り返らせると気持ちがよかったよな、とかいろいろ当てはまったりする。。で「例えば、正座して立ってもしばらく足がしびれているでしょう。それと同じで、神経が圧迫されると元に戻りにくくなるので、しばらくアイシングを続けてくれ」と言われ「どのくらいみればいいんでしょうか」と言ったら「まぁ、2週間ですね」とのこと。そうそう、あとは肩の関節を前と後ろ、無理しない程度に回せとも言ってたな。

あとは「足も攣ってしょうがない」と言ったら、腰湯をしてみてくれと言われた。あとはアキレス腱のばし。

ホストの人に言ったんだけど、信じてくれなくて。「腕がつるなんて聞いたことがない」と言われる。ってわたしだってそんなの聞いたことがないよ!でも、わたしはその人を信頼してるから「やってみる」と言ったら、すげー変な目で見られて。。仕方がない。彼がどんなにすごい技を持っているか、わたしには説明しようがない。。けど、体調がよくないときにこういうことを言われるととても気分が悪い。

一昨日と昨日、やってみて、はい、完全に首から肩に掛けては治まった、痛みが。まだ筋肉は張ってるけど。なんかね、昨日冷やしてから少し寝ていたら、肩の筋肉がぷるぷる震えたり、上腕部の筋肉が動いたりしてたのよね。。というので、これはちょっと続けてみる価値はあるかも、と思っている。もっとも、痛みが始まった部分はまだまだ痛くて、無理は出来ないけど。

腰湯も一昨日と昨日やってみたら、なぜか寝汗をかくようになって、寝汗っていいものなのか悪いものなのか分からないけど。ただ、相変わらず寝られないことは確か。寝たかもしれないけど、寝た気がしない、全く。腰湯については、今、オーストラリアでは水不足らしくて、あまり水、使いたくないんだけど、取り敢えずホストの人には許可を得ている。というか、現地に着いたときに現地のエージェントの人から「水不足なので、何か言われるかも知れない」と言われてたんだけど、「風呂は一日何回入ってもいいから。その代わり、一回1時間はいるのは止めてくれ」と言われている。で、わたしは日本にいても風呂にお湯ためて入れた試しがなくて、いつもシャワーなので、その点は平気だったのよね。しかも、日中に入ると湯冷めするので、絶対に昼間は入らない。取り敢えず許可は得たものの、やはり水道水が高いみたいなので、できるだけ最低限にして入っているつもりだけど。。(というか、こういうので気を遣うのも、眠れない原因ではあるよなあ。。人に家に住むとやりづらいとつくづく思う)


ってわけで、根本的に治さないとこれからやっていけないと思うので、しばらくは学校からは早く帰ってきてから、しばらく寝転がって、夜も早く寝ようと思っている。「かけがえのない、大したことのない私」によると、夜10時までに寝ないと腎臓の「腎」が休まらないそうだ。で、疲れたときは1ヶ月くらい夜10時までに寝た方がいいと書いてあった。1ヶ月続けるかどうかは分からないとして、まぁ、日中の眠気が取れるまでは無理しないようにしようと思う。

というわけで、今、一番の問題は、睡眠かな。。こればっかりはねー、、よく分かりません、どうすればいいのか。だいたい、すごく眠いのになんで寝た気がしないんだろう??

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

14:08 | (留学中)病気のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<街中の虹 | ホーム | 調子悪し>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/80-4cf33152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。