----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
10-16 Sun , 2005
うつについて(その7)
カウンセリングの日が来た。わたしは今まであったことを手短に話し、これからどうしていいのかわからない、と言った。カウンセラーさんは「入院しながら会社に通う方法もありますよ」と言い、そういうことができる病院を教えてもらった。わたしは早速その病院に電話し、予約を入れた。

8月初め。彼女と一緒にその病院を訪れた。今までなんの薬をどれだけ飲んでいたか、どういう状態だったかを医者に詳しく説明した。医者は「3ヶ月は休んだ方がいいんだけどねぇ」と言ったが、結局はもうちょっと様子を見て悪くなるようだったら病院から会社に通うようにしましょう、ということになった。薬も今まで飲んでいたものは軽すぎると言うことで、何種類もの薬が追加された。

しかしわたしの身体はもう限界だった。1日会社に行くと次の日は起きあがれなくなっていた。身体が鉛のように重く、立つこともできなかった。こんなことを繰り返していたら絶対に治らない、わたしはようやく悟った。そして次に病院に行ったとき「入院します」と言ったのだった。取り敢えず3ヶ月休むことになり、上司へも報告した。

入院生活はこれといって何もない。入院した次の日は一日中寝ていたことと、ひまでひまでしょうがなかったことを思い出す。また、何をするのもやる気がなくなったのも入院してからだった。9時就寝で6時起床。お風呂になかなか入れないのが辛かった。この病院には8月中旬に入院し、10月に一旦退院したが、退院した2週間でまた悪くなってしまい、再入院。それから退院したときにはもう12月も終わりの方だった。
11:44 | うつの経過のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<閑話休題(自分について) | ホーム | うつについて(その6)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/794-3dd5665b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。