----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
10-17 Mon , 2005
うつについて(その8)
さて、話しを元に戻そう。

本来、2度目に入院したときは、よくなったら病院から会社に行こう、と考えていた。医者も同じ意見だった。しかし、上司が「退院してからでないと会社に来てはいけない」と言う。それならば区切りのよい1月から復帰しようと言うことで12月の末に退院した。

一般に鬱病にかかった人が職場に復帰する場合、最初は労働時間を短時間にし、それを徐々に長くして完全復帰するというやり方が最適とされている。最初から完全復帰すると前のわたしみたいに仕事に対して負担を大きく感じやすく、また病気が悪くなってしまう、ということになりやすいのだ。

医者によれば、最初は午前中のみ、それを2週間ほど続けてそれで慣れたら次は午後3時まで、それをまた2週間ほど続け、それから終日勤務にする、といった方法が患者にとって負担の少ない会社への復帰の仕方だという。つまり1ヶ月かけて完全に復帰するということだ。わたしもその方法を取ろうとした。しかし上司は「完全に病気を治して初日から終日勤務でないと困る」という。そういう点ではメンタルヘルスに関してまったく無理解の会社だった。

しかしいくら「困る」と言われても初日から終日勤務ができるはずがない。現にそれで一度失敗をしているのだから。なので有給休暇を使うことにした。午前中だけ働き、午後は有休を使う。3時まで働き、あとの2時間は有休を使う。(うちの会社は時間単位で有休が取れる会社だった)その方法を使ってわたしは会社に完全復帰したのだった。
10:59 | うつの経過のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<うつについて(その9) | ホーム | 閑話休題(自分について)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/792-3f8a256c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。