----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
10-17 Mon , 2005
うつについて(その14)
先生に言いたかったのは2つのこと。「このままずっと寝てばかりいていいのだろうか」ということと「このままずっと実家にいなければならないのか」ということ。先生はわたしと彼女の関係を知らない。ただの同居人だと思っている。それだから気を遣わないで済む実家に帰れと行ったのだろう。そこでわたしが彼女との本当の関係を言うことによって東京にいることができないか、と言うことを相談したかったのだ。彼女が前に「私たちの関係を言ってもいいんだよ」と言ったのはそういうことだったのだ。

結局、わたしは彼女との本当の関係を医者に言った。しかし今、東京にいることは無理だとその前に察していた。早朝覚醒で早く起きるわたしと普通に寝ていられる彼女と起きる時間の差がありすぎてとてもじゃないが一緒に生活できないと思ったのだ。わたしはそのときはまだ一人で朝食を取ることができなかった。コーヒーさえ一人で沸かせないのだ。「これから一月はまだ実家にいます」とわたしは自分から医者に言った。

またやっぱり早朝覚醒があることに対しては今度は「朝食後15分くらい外に出て朝日を浴びてみなさい」と言われた。これにより体内時計が狂っているのが元に戻るそうだ。しかしそれを除いては今まで通り、寝て、十分休養を取ること、と言われた。

わたしはそれを聞いて納得した。東京では久し振りに彼女と遊びに行ったりして楽しく過ごした。それだけで病気がぐっとよくなり、実家に帰ったときに両親から「元気になったなあ」と言われたほどだった。

一時は何もする気がなくなって寝ているばかりの生活だったが、現在は新聞も読めるようになったし、このようにしてブログを書くことができるようにまで回復している。また、朝、気分が悪くなることもなくなったし、日中落ち込むこともあまりなくなった。あとはまだまだできることが少ないのと(食事が作れない、本を読めない等)、回復するのにはまだまだ時間がかかりそうなので、それを考えるとどうしても焦りの気持ちが出てくることがある。しかし、これを乗り切りさえすれば今は保留になっている未来のことも考えられるようになるのではないだろうか。

10月も半分過ぎた。まだまだ実家での静養の日々は続くが、できるだけ早く東京で静養できるよう、今、努力しているつもりだ。
17:10 | うつの経過のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今日はお休み | ホーム | うつについて(その13)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/786-b28762ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。