04-30 Wed , 2008
しつこく、ハートをつなごう(笑)
今日、彼女と一緒に夕食を食べているとき「あ、今日も『ハートをつなごう』があるんだね」という話になった。今日は「発達障害」がテーマらしい。

わたしは今回、一昨日と昨日の「ハートをつなごう」しか見ていなくて、普段、どういう番組なのかは全然知らない。テーマが「性同一性障害」のときでさえ、知らなかったので見なかった。だから、この番組って普段の雰囲気はどうなんだろう?というのと、自分が「発達障害」という当事者でないところでこの番組を見たら、どんな感想を持つだろうかと素朴な疑問を感じて、今日もまたこの番組を見た。

この発達障害というテーマはどうやら既に2年間も取り上げられているものらしい。それだからかどうかはよく分からないけど、司会者3人のリラックスぶりがまず、目に付いた。だって、一昨日と昨日の司会者3人は、言っちゃ悪いけど結構ガチガチだったもの。。実はね、こう思ってはいけないかも知れないけど「やっぱり障碍者の人と話すときとはちょっと違うのかな?」と思わないこともなかったのね。同性愛者は別に病気ではないし、逆に「人とは違うつらさ」について、一人で悩んで考えて、本を読んだりいろいろ情報を仕入れていたりして、ある程度「理論武装」ができている人たちだと思っている。特にあの場にいた人たちはそうだよね。だから「もしかしたら、何か失礼なことを言ってはいけないんじゃないか」と司会者が思ってしまったのではないかな、とちょっと思ったりした。

けどね、それ以上にやっぱり「歴史の積み重ね」を感じたのね。2年前に出てきた子供が今回また出てくると、口調も変わるよね~。で、出演した人の幅の広さ、ね。発達障害の子供、その親、そして発達障害やアスペルガー症候群、だっけ、を抱えながら社会生活をしている大人、一昨日、昨日しか見てなかったわたしがまず思ったのは「出演者が多い」ってこと。わたし、今日、これしか見てないからよく分からないけど、これもやっぱり「積み重ね」なのかなあ~。かつて同じことに悩んでいた自分が今度は若い世代にアドバイスできる。これってやっぱり積み重ねがないとできないことだよね。。で、性的少数者の場合は今、これがないんだよね。。番組と同じく、まだまだこれからなんだなあって思った。

番組の感想は、、発達障害にもいろんな人がいるってこと。周りの空気が読めずに一人でしゃべり続ける人もいる、周りを気にしすぎて自分に自信がない人がいる。今回はこういう二人が一緒に「鉄道博物館に行ってみる」というVTRが中心の内容だったんだけど、見ていてすごく楽しかった。周りを気にしすぎる人は「自分のことだけは絶対に信頼しない」って番組の最中に言い切っていて、わたしはそれをとても悲しく感じたんだけどさ、最後に周りの空気が読めずに一人で勝手に行動して、鉄道博物館でも相手を引きずり回した当事者から「僕が電車で君は運転手だから、自分を信頼できないと思っているかも知れないと思っているかも知れないけど、してもいいんだよ」と肩をポンと叩いたところはなんかじーんと来たなあ~。もちろん、番組の中でも言ってたけど、彼らは彼らの中でしか友だちを作らないんじゃなくて、これからは社会でも同じように友だちを作る必要があるというか、この世の中、圧倒的に発達障害じゃない人が多いから、発達障害以外の人とも友だちにならなければならない。

でね、わたしはこの「発達障害以外の人」なわけ。今日のテーマの当事者じゃないわけ。一昨日と昨日は当事者だったけど。。で、思ったよ、この先、発達障害と言われる人と知り合いになる可能性もあるなって。ということは、逆に一昨日と昨日の番組を見た当事者以外の人も、もしかしたら「あ、この先同性愛者と知り合いになる可能性があるかもね」って思ったかもって。でもね、そう思ってくれることは、同性愛者当事者としてはとても嬉しいことなんだよね。「そういう人もいる」ということが前もって分かっていたら、もしかすると受け入れやすいかも知れない。そうしたら社会がちょっと変わるかも知れないってね。別にわたしは活動家にはなりたくはないんだけど、でも自分が生きやすい世の中にしたいとは思っている(これって十分活動家ってことかも知れないけど、でもわたしは人のためにやってるんじゃなくて、自分のためにやってるから別に活動家じゃないと思ってる)ので、やっぱり理不尽だと思うことには声を上げていきたいと思っている。まぁ、この一年はお休みだけど(爆)身体を元に戻すことが一番だからね~。

この「ハートをつなごう」って番組は「シングルマザー」とか「貧困」とか障碍者以外のことも取り上げている番組らしい。同性愛者の場合は、どっちかというとそういうことに近いのかも知れない。社会的弱者という意味においては。そのときはどういう雰囲気なんだろうか。。いや、別にね、雰囲気違っててもいいんだけど、テーマによってどういう違いがあるのかってのにちょっと興味があるもんで。。

ただこの「同性愛」ってテーマも続編が作られるとしたら、雰囲気は変わっていくのかな。でも、出てくる人がいつも一緒じゃつまらないよね、って思ったりね。。「発達障害」の継続の面白さみたいに、同性愛も継続の面白さがあればいいと思ったけど、考えてみると難しいんだよね。最初はカミングアウトできなかった人がカミングアウトしてみたらどうなるか、とかあるとは思うけど、カミングアウトできない人って普通、顔出しできないじゃん。。でもって、同性愛者で顔出しできる人って限られてるしね。顔出しできる人はある意味「強者」でもあるしね。んで、毎回同じ顔ぶれじゃ面白くないしね。難しいよね。。顔出しできる人って割と「理論武装」できる人だしね。

それに。。やっぱ考えてみれば異性愛者は知らない「同性愛者の独自の文化」(わたしもよく分からない部分がありますw)もあるわけでね、いい意味でも悪い意味でも。そこんとこ通らなかったら、なんかきれい事で終わる気もするし。。といって、そこんとこ興味本位で取り上げられてもって気もするし、まー、どうなるのかな、この先。っていうか、あるのか、この先(笑)

明日も「発達障害」2日目があるらしいので、見てみようっと。結構面白いです、この番組。ってわたしってまるでNHKの回し者みたいだよね。。でもNHKしか見ないからこうなるんだわね。。(苦笑)
22:50 | (一般)テレビのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<これって嫉妬? | ホーム | ハートをつなごう2日目>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/7-6c06ec50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX