01-09 Mon , 2006
それでも、警官は微笑う
ホント、久し振りに本を読んだので感想を書こうと思う。

この本を最初に見つけたのは、彼女の友達のコンサートに行ったとき、時間待ちしている間に入った本屋さんでだった。分厚い単行本。題は「そして、警官は奔る」。なんとなく題名に惹かれてパラパラと本をめくった。するとその前にこの著者は「それでも、警官は微笑う」という本を書いていることが分かった。もしかしたら、続き物かも知れない、どうせ読むなら最初から読みたい、そう思ったわたしは、それからこの本について調べ、既にノベルズ化していることを突き止め、そして買ったのだった。

この本はミステリーであるそうだ。「こういう話でさ」と彼女と電話しているときに話したら「そういうのはミステリーって言うんだよ」と教わった。それほどわたしはミステリー小説は滅多に読まない。だが読み終わってみると、案外面白く読めた。それは、この本はきっちりと、無理のない伏線が張ってあって、その伏線が矛盾なく使われているからだ、と思う。わたしはこのように伏線をきっちり処理してある本が好きなのだ。また、警察本庁と地方署(というのかな)の関係や、役所の内部の決まり事などが、ちゃんと取材が行われているように思われ、その部分でも矛盾点や作り事を感じさせなかった。

「立派かどうかは知りませんが。後悔って字は、後で悔やむと書く。どうせ悔やむのなら、何もしないでしなかったことを悔やむより、やってしまって悔やんだ方がましだ。やるだけやって、その結果、悔やんだとしたら二度としなければいいだけだ。」
これは主人公である武本巡査部長の父親の言葉だが、この本はこの文章で貫き通されている。武本巡査部長を見習い、出てくる人物が皆、この言葉を信じて、後悔する前にやるだけのことはやるのだ。そこがとてもカッコイイ。無骨な武本巡査部長の魅力が存分に表されている。

この本には、何本かの軸がある。主人公の武本巡査部長と潮崎警部補を軸とする警察の軸、(元)麻薬取締官である宮田の軸、それと犯人である林の軸、犯人である林と林を抹殺しようとする組織の軸。それがあるときは交差し、あるときは離れる。その軸が非常に複雑に絡み合う。また、警察の軸と犯人の軸がいつ、交差するのか。どのようにして交差するのか、最初は交差することなど考えもつかなかった軸が、段々近づく動きは、読んでいて少しも飽きさせることがなかった。そして当たり前ながら、この4本の軸が交差するところがクライマックスである。

また、この本は途中で誰が犯人か分かるようになっている(林)のだが、その犯人も最終的には組織から任務を解かれ、追われる身となり、決して警察の軸対犯人の軸、だけでないところがよかった。犯人が組織からどのようにして逃げるか、いかにしてコンテナの中に隠してある銃を、自分の身を守りながら奪い取れるか、犯人の林が援交の女子高生とSEXしながら、ああでもない、こうでもないと理詰めで自分の身を守れる方法を必死に考える場面は、読んでいて非常に興奮した。(殺されちゃった女子高生はちょっとかわいそうだったけどね)

ただ、このようによくできた本でも、ちょっと作為的だなと思われた部分がある。それは銃を買おうとした暴力団関係者に送りつけられた犯人からの封筒と、同性愛者の片桐に送ってきた銃の箱の中、その両方に微妙ながら茶葉が含まれていた、ということだ。もちろん、それがなければ警察の軸と犯人の軸は交差しない。しかしいくらお茶を飲みながら銃を詰めたとしても、茶葉まで入るか?そこのところが少し苦しかったかな~。

ただ、茶道の家元の次男である、潮崎警部補がその茶葉について、説明するところがある。「これは日本で作られたお茶でもないし、中国で作られた日本茶でもない。この茶葉は非常に珍しいもので、河南省の陽竜銀針だ」と語るところである。もちろん、これはまとめて書いたもので、その都度少しずつ解き明かされていくのだが、その場面も非常に痛快だった。これもきちんとした取材がなされているからであろう。

それと惜しい場面はもう一つ。潮崎がインターネットのチャットで偽名の女の子になり、拳銃入手先の情報を得るのだが、その中に林もいて、早くからその女の子が実は潮崎である、ということをつかむのだが、その潮崎という者が何者であるか、調べようと思ったらすぐに調べが付き、そうしたら警察が自分を追っていることが分かるのに、なぜそうしないかが少し気になった。この部分は最初の部分に近く、林なら即座に手を打つことができたであろうに。物語の中盤に入り、武本と潮崎が林の会社である星和フーズ株式会社に乗り込んで、初めて林は潮崎の名前を思い出すのである。

そして、最後は大団円で終わるかと思いきや、そうではないところにもこの本の面白さはあるとわたしは思う。出てきた誰もがすべて、幸せにはならないのである。また、犯人である林は捕まってはいないのだ。海に車ごとつっこみ、行方不明、ただしどこかで水死しているだろう、程度のことしか分からない。しかし武本は、彼はまだ、どこかで生きている、と思っている。

メフィスト賞という賞を取ったというこの本、わたしのような伏線が張り巡らされてそれを矛盾なく解き明かされていくのが好きな人には、オススメである。少し分厚い娯楽本、といった感じだろうか。

ただねー、一つ言いたかったことがあるのよね。それは「同性愛は個人の嗜好だ」という潮崎警部補のセリフ。決して嗜好なんかじゃない、とわたしは言いたい。嗜好じゃなくて志向、だと。だってわたし、好きで同性愛者やってるんじゃないもんね。
20:27 | (一般)本のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<しみじみ | ホーム | つらかったぁ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/685-2c4a848a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX