02-13 Mon , 2006
絶望感
昨日は本当に一日中寝ていた。眠れなくてもずっとベッドで目をつぶっていた。

昨日のブログに「気分が悪いときは寝るに限る」とか書きながら、実際は頭では掃除とか洗濯とかしたくてたまらないのに、身体が全然動かなくて「情けないよう」を繰り返していた。彼女は「身体が動かないのは、今、脳の再編成が行われているからだ」っていうのが持論。今まで薬でセロトニンとかノルアドレナリンの量を調節していたのに、それがなくなって、身体がどこから出すか、わたしが寝ている最中に脳の中で再編成が起こって、また正常に近づく、というもの。まあ、わたしもその持論は理解しているんだけど、だけどやっぱりつらいものはつらい。まったく動きたくない身体を前に「こんな動かない身体いらない」とか、彼女に当たりまくっていた。

その後は1回寝て、ちょっと起きて、また昼の1時まで寝た。それで昼ご飯にまたお餅を食べて(笑)、薬を飲んで寝た。このときまでにはわたしは「身体が動かない」と怒るわけでもなく、何が何だか分からない気分になっていた。とにかく寝なきゃ、それだけしか考えられなかった。3時に起きたので、彼女と一緒に3時のおやつを食べて、またそれから寝た。寝た寝たっていっても、実際眠れたのは7割ほどで、あとは目をつぶっている程度だったんだけど。

いつもは自分の本当の心の上に「緩衝材」みたいなものが取り巻いていて、ちょっときついことを言われようが、「ふん、ふん」てな感じでやりすごせて、本当の自分の心までは届かない。だけど、脳の再編成中だからか、今は心の緩衝材が全部取り払われて、言われたこと、やられたことが直接自分の心に響いてくる。夕方、前に出した親しい友人へのメールの返事が来てたんだけど、ちょっとぶっきらぼうに書かれてたのね。もうそれだけでぐさぐさきっぱなし。

おまけに実は今日、マイミクさんを家に呼んで、一緒に鍋を食べようってことになっていて、彼女も寒いなか、鍋の買い出しにいったりしてくれたんだけど、結局わたしがこういう状態だから、日にちを伸ばすってことになっちゃって。。その日にちを伸ばすっていうメールも彼女に書いてもらって。夕飯時、ついにわたしは泣き出してしまった。情けなかった。いろんな人に迷惑かけて。絶望感でいっぱいだった。

彼女はわたしをベッドに連れて行き「大丈夫だよ。誰にも迷惑かかってないって。マイミクさんもブログ見て大丈夫かなあって思ってたらしいし、冷蔵庫の中に何もなかったから、どうせ買い物には行かなきゃならなかったんだし。」「でも鍋の材料が。。」「2人で鍋すればいいじゃん」「だって。。」ってちょっとの間、話したんだけど、もうわたしは自分の情けなさで涙が出て止まらなかった。夕食後の後片づけは久々に彼女にやってもらった。

夕食後、またベッドで丸まって目をつぶっていて。夜は何となく早く寝たくなかったので、ボーッとしながら歯磨きして、風呂に入って、ほとんどいつもの時間に寝た。昨日よりは眠れたかな。でも彼女が寝に来たのは覚えている。

彼女には「今日、よくならなかったら明日は先生のところに行くからね」と言われている。それだけは避けたいわたし。だってせっかく薬が減ったんだもん。そんな場合じゃないって言われても、減って嬉しかったんだもん。なんとかして、今日中によくならないと。そのためには今日も一日寝てないとダメなんだろうなあ。。
09:04 | うつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ありがとう | ホーム | 来た来た来た来たぁ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/649-402b5477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX