03-03 Fri , 2006
観念
昨日のこともよくは覚えていない。
夕飯を食べるまでは、まだ増薬のショックが受け入れられなくて、彼女に頓服を飲まされたりしたことは覚えている。夕飯は食べたくなくて「食べられない」って言ったんだけど「ちょっとでもいいから食べてそれから薬飲みなさい」って言われて、無理矢理食べたことは覚えている。夕食後は何もする気になれずに彼女の部屋にずっといて、彼女が仕事するのを見ていた。

何もする気が起こらない→何かしなくちゃ→でも本当になにもする気になれない→情けない、消えたい、のループに陥って、頭の中がめちゃくちゃだった。彼女は「今は何もする気が起こらなくて当然なんだから、なにもしなくていいよ」と言われて「そっか」って思ったんだけど、なぜかよく分からないけど悲しくて悲しくて、泣いてばかりいた。でもそのうち「本当に身体が動かないんだから、今は休んでいるしかない」って思えるようになってきて、途中からはあまり抵抗しなくなった。

「2、3日したらまた身体が動くようになるよ。今はまだ増薬した薬が効いてないんだよ」って言われたから、そうなのかな、と思った。増薬したショックは段々消えていった。が、やっぱり身体が動かなくて。昨日は風呂にはいるのが大変だった。服を脱ぐのに30分、それから無理矢理風呂に入って、結局自分では髪の毛を乾かすことができなくて、彼女にやってもらった。そこまでして風呂に入らなければならないのかと思われるかも知れないが、わたしの場合、1日1回歯を磨いたり風呂に入ることは決して止めたりすることができないことなのだ。

取り敢えず、身体が動かないうちはそれに抵抗しないで、横になったり、じっとしていようと思った。やっとそういう考えができるようになったってことかな。こういう考えができるまで、2日もかかってしまった。。

3月5日は「Rainbow Talk 2006~『同性カップルの生活と法律』」(2008年6月現在、このページは既になくなっているようです)というシンポジウムに参加しようと思っている。これはconjuntoさんのブログを読んで、参加を決意したんだけど、やっぱり同性カップルに関することに興味を持っている以上、参加できるなら参加したい、って思って。自分一人では世の中を動かすことはできないけれど、こういったものに参加することによって「こういうことに興味を持っている人がいるんですよ」という、世間に対するアピールにはなるかもしれないと思って。だから、参加することに決めた。

事前にメール下さいとのことだったので、わたしと彼女の名前を書いて参加申し込みしたけど、わたしは身体が動かない状態だし、彼女は彼女で仕事をたくさん抱えている身なので、今のところはどうなるのか分からない。でも、日曜日まで自分の身体が動かないとは思えないし、彼女は分からないけど、一人でも行ってこようと思っている。本当は二人で行って、話を聞いてあとであれこれ話せたらいいなーとは思っているんだけど。

今のところは身体が動くようになっているかどうか、まだ分からないが、今日はゆっくりするつもり。寝るのに飽きたら、彼女の部屋でじっと彼女の仕事ぶりを見ていよう、そう思っている。
10:04 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ふうむ | ホーム | どうすればいいのか分からない>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/631-71d3ad99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX