05-25 Thu , 2006
ぴろさんとお会いしました
減薬してからというものの、毎日ちょっと不安の中での日々。それは「次の日の朝、起きて、もし気持ちが落ち込んでたらどうしよう」という不安。1回、減薬には失敗してるからね。そういう気持ちがまだ身体の中に残ってるんだよね。あの、どうしようもない落ち込んだ気持ち。死にたいという気持ち。それがまた、襲ってきたら。。って考えると本当に怖い。もちろん先生も、そのことはよく分かっていて、今回の減薬までに2ヶ月もかけてくれた。その間、わたしはいろいろなことができるようになってきて、普通の生活を取り戻している。その先生が「この薬は飲まなくていいです、この薬は減らしてもいいです」って言ってるんだから、多分大丈夫なんだろうとは思う。けど、やっぱり怖い。次の朝が来るのが怖い。

取り敢えず、減薬3日目の今日も平気だった。彼女も「大丈夫だよ」って言ってくれる。けど、怖いものは怖いのだ。自分の身体、脳でありながら、自分でコントロールが効かない、先のことが分からないのが怖いのだ。もう、何度も何度も同じ目に遭っているから。いつになったらこの不安が解消されるのかな。

不安といえば、彼女のこと。彼女はまだ仕事を持っている。昨日なんか私が一回夜中の3時頃に目を覚ましたとき、まだ隣で寝ていなかったので「まだ寝ないの?」と声をかけたら「まだ寝ない」って言われた。実際ベッドの中に入ったのは4時過ぎだそうだ。わたしはよく覚えていない。(多分寝てたんだろう)その彼女、今日は出社日。なのにまだ今、家で仕事をしている。彼女の身体がものすごく心配。もう、ボロボロのはずなのにまだ頑張っている。仕事だから「止めて」とは言えないし。心配でたまらない。今日の会社での仕事がスムースに終わることを祈っている。

さて、話は変わるが、昨日は新宿で福岡から遊びに来たぴろさんカップルとお会いした。彼女たちは前日のディズニーランドで疲れているらしく、また、昨日中に福岡に帰るということで、会って話をしたのは2時間弱くらいだったろうか。最初のうち、わたしはどうも人見知りでなにも話せなかったんだけど、そのうち場が和むにつれ、話せるようになった。っていうか、話がうまいんだよね、ぴろさん。うちの彼女も初対面の人は平気らしく、最初はぴろさんとkeiで話してたみたいだったんだけど。そのうちわたしも普段はネットでは聞けないような個人的なことを聞いたりした。ぴろさんのお相手のケロさんと、どうやって出会ったのか、とか、いろいろね。本当に仲がいいカップルさんだったし(うちと同じだ!)まだまだ話したいと思ったよ。

福岡には偶然、3人の友達がいる(ぴろさん含めて)。みんなネットで知り合った人達なんだけど、中には彼女より付き合いが長い友達もいて、わたしにとっては相性のいい街みたいだ。いつか、福岡に遊びに行ってみんなと会ってみたいな(といってもそのうち2人とはもう既に会っているのだが)。とかく関東の、特に東京の人間は自分たちから地方へ人に会いに行ったりはしない。わたしが地方に住んでいるときは、それがすごく不満だった。東京出身のわたしだけど、なんか東京人の傲慢さが出ているような気がして。黙っていれば「向こうが会いに来てくれる」そう思いこんでいるんじゃないだろうか。確かに東京の人口は多い。だから、東京に友達がたくさんいる人は、みんなに会いに東京に来る。遊ぶ場所も東京は多い。だから地方から東京に遊びに来るんだろうとは思うんだけど、なぜかそれが傲慢に感じるのよね。だから福岡に3人も友達がいるわたしたちはいつか、福岡に遊びに行こうって言っている。

さて、今日は一日彼女はいない。わたしはきっと、寝て過ごすことだろう。あ、英語も聴かなきゃ。新聞だってもうほとんど1ヶ月溜めてしまった。やろうと思えばすることはたくさんある。寂しい気持ちをちょっとこらえて。夜になればまた会えるんだから。
07:59 | mixi関係のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<突然ですが | ホーム | 頭痛の日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/548-7c278435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX