07-07 Fri , 2006
彼女とお出かけ
昨日のブログにも書いたとおり、昨日は用事があったので、彼女と出かけた。が、ブログ書き終えて、mixiにコメントを付け終わったら眠たくなって、寝てしまった。お昼過ぎても身体が動かない。このときわたしは「やることがないからじゃなくて眠いから寝たいんだ」ってことがはっきり分かった。で、結局は午後4時頃だったかな、家を出たんだけど。

駅に行く途中「なんかコーヒーが飲みたくなった」って言ったら、その言葉をちゃんと覚えてくれていて、新宿に着いたとき「コーヒー飲んでからにする?」って聞かれた。なんかすごく嬉しかった。「うん」って答えたら「じゃ、甘味屋さんにしよう」って。。なんてたってうちの彼女、かき氷、大好きですから。。で、近くの甘味屋さんに入ったんだけど、そこ、アイスコーヒーしかなくって。。彼女は好物の「宇治金時」を食べてたけど、わたしは仕方なくアイスコーヒー。。ホントはホットが飲みたかったんだけどね。

で、用事をさっさと済ませたら、同じフロアにある本屋さんに。彼女はあれこれ本を見てたんだけど、わたしは本を見ているうちにはたと思い出し、絵本コーナーにいた。

わたし「あらしのよるに」っていう絵本が好きで、その存在を知った4年前に最後の4、5、6巻をまとめて買ったんだよね。(1冊1000もするので、さすがに6冊全部は買えなかった、働いてたときだったけど)それが聞くところによると7巻目が出たそうで。っていうか、本当は旭山動物園にいったときに探したんだけどなかったんだよね。そのとき、初めて絵を描いている人が旭山動物園の飼育係だったことを知ったんだけど。そのことを昨日、本屋で思い出したのね。で、あるかな~、と思って絵本コーナーに行ったわけ。

ありました。「まんげつのよるに」って題の本が。わたしは立ち読みしたんだけど、どうせ6巻まで持ってるから、ついでだー、と思って買っちゃった。

この本、どういう絵本かというと、ヤギとオオカミの友情の物語で、オオカミはヤギが大好物なんだけど、我慢してそのヤギのために食べない、って約束したのね。でも仲間のオオカミから変な目で見られて。。二人だけの世界に行こうっていうんで、森のある場所を目指すんだけど、雪崩に巻き込まれてヤギだけ助かる、オオカミはどうなったか分からないっていう話なんだ。(6巻までの内容ね)

わたしはそれでいいと思った。だから「オオカミ(ガブ)を生き返らせて」っていう内容の手紙が殺到してるって知ってたけど「この話はこうだからいいんだ」って思ってたの。ヤギは助かったけど、オオカミは分からない。そういう終わり方もありだな、って。だってその方が読んでる人の想像をかき立てるじゃん。だけど、どうも「生き返らせろ」の声が強くて7巻目を書かざるを得なかったみたい。7巻目の終わりは大団円になってたんだけどさ。

夕食を食べながら、彼女に「この本買ったんだ」って言って、だけど「やっぱり6巻目で終わる方がよかったよ」って彼女に感想を言った。彼女も「『シェーン』も『シェーン、カムバーック』って言っても戻らなかったところがよかったんだよね。あそこで戻ってきて幸せな家庭を築きました、ってなってたらあの映画は全然よくなかったよ、それと同じだね」って言った。わたしはイマイチ「シェーン」の内容は知らなかったんだけど。。多分そうだと思って同意した。やっぱり、大人の終わり方ってあるんだよね。めでたしめでたし、だけが終わりじゃないんだよね。そこんとこ、分からないかなぁ。最後に大団円を迎えないと、終わった気にならない人達が多すぎるような気がした。まぁ、この場合は絵本だからね。子供も読むから白黒はっきりさせてもいい感じもしたけど、、やっぱり6巻で終えて欲しかったな。

昨日は外に出たからか、現実感を感じないってことはなかった。やっぱり何かする方がいいみたい。だけどね、実はこれから忙しいんだ。今日も病院に行く日だからね。しばらくは現実感がないとは感じることはなさそう。ただ、あまり疲れないようにしなくちゃ。
10:00 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<疲れたー | ホーム | 寝るしかないのかな>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/508-12ccc7b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX