----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
08-07 Mon , 2006
トロンボーン
いやあ、昨日は一日中パレードの練習でくたくたになって帰りました。なんてったって、10時半から1時間の昼休みをおいて、5時まで練習。(本当は8時半から開始だったんだけど、ちょっと遅れていっちゃったw)しかも、午後は立って、足踏みしながらの練習だった。しかも、最後はパレードでやる3曲を本番通り休みなしで演奏して。。今日はちょっと筋肉痛が。特に楽器を支える左肩が痛い。。

でも、本番では一回りしてくるのに1時間かかるという。3曲でだいたい15分かかるから、4回やったら戻ってくる計算。しかも練習場所のようなクーラーの効いた部屋でなく、炎天下で演奏するのだ。(晴れだったらねw)最後に坂もあるという。体力が持つのか、すごーく心配。昨日は同じトロンボーンの人が来てたんだけど「多分、最後の方はベルが下がるだろうね」(楽器を支えられなくて下を向いて吹いちゃうこと)って。確かにあり得る~。

パレードの練習は、あと本番前日と本番当日にある。本番前日は午後6時から10時まで。本番当日は朝8時半から。オイオイ、身体、大丈夫か??そのどちらにも出るつもりなんだけど。まぁ、昨日長時間練習できたことで、結構自信が付いた。だけど、ハードな本番当日になりそう。。

ところで、わたしがなぜ、トロンボーンという楽器を選んだか。話は高校入学時にさかのぼる。わたしはずっと「吹奏楽部」に憧れていた。が、大阪の中学では吹奏楽部がなく、友達の入っている美術部へ。東京に戻ってからの中学なんてもっとヒサンで、文科系クラブが演劇部しかない。友達も演劇部に入ってるってことで、演劇が嫌いながら、仕方なく演劇部へ。だから、高校生になって、吹奏楽部があることがすごく嬉しくて、真っ先に練習見学に行った。

入部することもほとんど決まり、先輩方から「どんな楽器がやりたい?」と聞かれた。実はそのときまで自分がなんの楽器をやりたいのか、考えもしてなかった!今となっては信じられないんだけど、実際そうだったから仕方がない。実はそのとき何を考えていたのかもよく覚えてない。ただ、考えて突然浮かんだのがこれ。「こーいうやつ?」とスライドを上げ下げする格好をしたのを覚えている。実は楽器の名前さえ知らなかったのだった!それがわたしとトロンボーンの出会い。

でも今考えると、自分にぴったりの楽器だったと思っている。木管はわたしには似合わないし、吹奏楽の花形、トランペットもわたしには合わない。(なぜかって、わたしは旋律を吹くのは好きじゃないからだ)トロンボーンは中音楽器だ。ときに高音に付いたり、低音に付いたりする。1stと3rdじゃ全く違う旋律を吹いたりする。そしてなんてったって音がいいのだ。ホルンと間違えやすいが、すがすがしい音。まっすぐな音。わたしはトロンボーンに誇りを持っている。楽器がそんなに小さくないので、軽く持ち運べるフルートやクラリネットにはちょっとうらやましさを感じるけどねw

20年のブランクがあってまた始めたトロンボーンだが、まだ、昔の感覚を取り戻せていない。早く昔のように吹きたい、もちろんそれだけじゃなくて、もっとうまくなりたい!
11:04 | Brass MIX!のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<メイド喫茶?(笑) | ホーム | 8月6日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/485-d5a0ab19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。