08-08 Tue , 2006
メイド喫茶?(笑)
昨日、「TSUTAYA」で借りた「モスラ」を返しに行きました。
外に出ると、足まで筋肉痛になってるのが分かるのー。げー。足踏みしただけなのに、筋肉痛になるとは。。なんて情けないのー。(T_T)

で、あれこれ用事があって済ませたんですが、途中で疲れて休憩。彼女の大好きーな「甘味屋さん」があったので、初めて入るところだったんですけど、中に入りました。彼女、もともと甘味屋さんには目がないのですが、この季節になると、これまた大好きな「氷」が出てくるので、この手の店には敏感なのです。実は前日、わたしのマーチングの練習が終わったあとも待ち合わせて夕飯を食べて帰ったんですが、時間調整のために入った喫茶店でも氷を注文。今の彼女の生活にアイスクリームと氷は欠かせません。

しかしその入った甘味屋さん、店員さんの制服が黒地の服に胸のところにヒラヒラしたものが付いている白い前掛け(って言うの?)を着ていて、一瞬彼女と今流行の「メイド喫茶?」って思っちゃいました(爆)って本当の「メイド喫茶」には行ったことないので、どういうものか知らないんですけどね。「ご注文をお伺いします、ご主人様」とか言うのかしらん?(まさかね)彼女はメイドは奴隷じゃないから「ご主人様」とは言わないんじゃない?って言ってたけど。。

でもそこの甘味屋さんは社員教育が非常に行き届いているところみたいで、彼女の言うには、お客が通るときにはちゃんと横に逸れて待っていたりしたみたいです。しかもちゃんと客が呼ばないか、お店全体を見回している店員さんもいたし。だから、注文が決まっても素早く対応してもらうことができました。彼女はもちろん氷。なんか珍しい黒蜜がかかっている氷で、わたしはケーキセット。「ずんだブラマンジェ」というケーキ(?)にホットコーヒー。

注文してから彼女の氷の方が先に来たんですけど、前日喫茶店で頼んだ氷は来たときには既に氷から水がぽたぽた垂れていて、本当に見苦しかったんですけど、今回のはそんなことは全然なく。彼女によると氷もきめ細かで最後まで水にならず、おいしかったそうです。(前日に頼んだ氷は途中で氷水になってしまった)「氷専門家」の彼女によれば、氷の細かさによって途中、水になるかならないかが決まるそうで。わたしの方は「甘さ控えめ」な割にはちょっと甘かったかなー。>ずんだブラマンジェ

しかし、注文した品には必ず、本物のちょっとした花が添えてある、粋な店。店員さんのヒラヒラの前掛けにはちょっと驚いたけど、なかなかいい店だったです。思わず彼女との会話も弾んでしまった。(笑)

この夏、またあの店に行くことはあるのかな~?
11:05 | 二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<練習しなきゃ(汗) | ホーム | トロンボーン>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/484-bec7cbd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX