09-01 Fri , 2006
8日目&今日は診察日
昨日から2回戦が始まりました、で、昨日の結果。

第1試合:浜松市(ヤマハ)5-4 大阪市(日本生命) (延長10回)
第2試合:東京都(JR東日本)3-2 東京都(NTT東日本)
第3試合:横須賀市(日産自動車)9-5 豊田市(トヨタ自動車)

都市対抗はあくまでも「都市」対抗なので、わたしはわざと都市名で読んでいます。都市対抗はそのチームそのものではありません。補強制度というものがあるのです。負けて都市対抗に出られなかった同じ地区のチームから、いい選手を自分のチームに連れてくるのです。5人までです。必ずしも5人取らなければならないというわけではありません。第1代表から順番にいい選手(または自分のチームに足りない戦力を持った選手)を取っていくので、第4代表くらいになると、全く補強なし、というチームも出てきます。この「補強制度」があるからこそ「都市対抗」なのです。企業チームだけで戦うのは、秋に大阪ドーム(京セラドームになったんだっけ?)でやる「社会人野球日本選手権」です。

ただし、日本野球連盟は、これから、都市対抗の優勝チームやクラブ選手権で優勝したチームを無条件で日本選手権に出場させるとか、いろんなことを聞いています。来年からは従来の28チームで戦うのではなく、都市対抗と同じ32チームまでにすると言っています。すると、当然大会日数が増えるわけで。。今までわたしは日本選手権には、9日開催のうち7日間観に行っていたんですが、32チームとなると、都市対抗並みに12日間ということになるかも知れません。観戦費はそうたいしたことないんだけど、宿泊費がねえ。。12日間大阪に滞在するとなるとかなりの金がかかるでしょうね。

ちなみにわたしが働いていた頃は、稼いだ金はすべて野球の遠征費に使っていました。というか、野球の遠征費を稼ぐために働いてました。周りにも堂々とそう言ってたし。(笑)野球を観ること自体は、あまり金はかからないんですが、交通費と宿泊費で莫大、金がかかります。どうしても泊まるのに1泊4,000円はかかっちゃうんですよね。。9日間ならまだしも、12日間は今の自分には痛いかも。。大阪12日間完全フリーツアー、なんてないですよねえ。。(悩)

ちなみに、一般の人が都市対抗を1日内野席で観ようとすると、2,400円かかります。まぁでもそれで3試合観られるんだから、安いものかも。そこを今、わたしは1日1,000円で観てます。それはわたしが日本野球連盟主催の「JABAクラブ」の会員だからです。会員になるのは1年5,000円かかりますが、結構割引が効くのです。都市対抗を1日観に行くだけで、1,200円得します。5日観れば元は取れます。(笑)

と戯れ言はさておいて。
昨日は全体的に人数が少なかったです。まぁ、平日だからでしょうが。動員もあんまりかかってなかったかな。あ、ちなみに応援団コンクールの結果が発表されました。前期優勝が川崎市(東芝)で、後期優勝が東京都(明治安田生命)だそうです。でもはっきりいって、この応援団コンクール、結局は「動員人数がどのくらいすごいか」だけで、本当の応援はみてくれないんですよね。動員人数が少なくても、いい応援をするところはたくさんあります。もっと独創力のある応援をするチームとか、応援自体を対象にすればいいのに、といつも思います。

第1試合、大阪市は予選でも投げたことのない投手を出してきました。すごい余裕こいてるなぁと思ったら、案の定、4回に2点、5回に2点入れられ、先発は4回途中でノックアウト。続く投手もすぐにノックアウト。(補強の選手でしたが)ただ、下敷領という投手は今後結構いけるかも。右にサイドスローなんですが、結構浜松市の選手は翻弄されてました。そして、最後に土井投手を出すんですが、ちょっと出すのが早すぎましたね。この土井投手、すごいです。なにがすごいって、わたしより1歳しか年齢が違いません。コーチ兼投手です。こないだも後ろで投げていたから、おそらく抑えで使っているんでしょうが。。その前に投げていた下敷領投手をもうちょっと長く投げさせてもよかったかも。。

逆に浜松市は、抑えをここぞというときに使ってきました。監督の采配の差が出たかも知れません。ちなみに大阪市の監督はあの、杉浦です。杉浦は結構有名だからご存じかも知れませんね。プロの誘いを再三断った「ミスター社会人野球」です。オリンピックでまだアマチュア選手が出ていた時代の投手です。彼が今年から日本生命の監督になったのです。

この大阪市が負けたことによって、姫路市を除いた西日本チームは全滅しました。ホントに今年の西日本チームは弱い。。

ちなみに浜松市で1曲分からない曲があったのをチェックしようと思ったのに、野球の内容に熱中していたら、すっかり忘れてしまってました。。だから、試合の終わりの方でやらないで。。って次に行ったときにそれはチェックしましょう。
それでも、今度の札幌パレードに向けて参考になったことがあります。それは「ベルをあげて吹くこと」。浜松市の応援ってどうしてこんなにブラスが響き渡るのかと思ってたんですが、みんな正面に向かって吹いているんですね。わたし、こないだのパレードでは自分の前にある譜面見て吹いていたから。。今度は堂々と胸を張って吹こうと思いました。

第2試合は東京都対決でした。普段やり慣れているだけあって、相手の手の内は十分承知だったでしょう。しかし、わたしはこの東京都(NTT東日本)にあまりいい思い出がありません。もうやられっぱなし、って感じ。。特に飯塚選手、高橋選手などには結構痛い目に合わされているので。。いや、ホント、いい選手です。飯塚選手は元「NTT関東」の選手でした。ちょうどわたしが社会人野球を見始めた年、日本選手権で優勝しました。もうこの試合で「NTT関東」としては最後の試合でした。(「NTT東京」と「NTT関東」が合併して今の「NTT東日本」になりました)もちろん、全日本でも活躍しました。確か、いつだったか忘れましたが、全日本で戦ったとき、日本がサヨナラ勝ちをして、打った飯塚と平馬(東芝)がキスしたんですよね。よほど嬉しかったんでしょう。(あ、別に彼らがキスしたからってゲイだとか全然思ってませんから(笑))(調べてみたら、シドニー五輪の予選だったようです。画像をおいてあるところは。。残念ながら見つかりませんでした(笑))

ただ、印象としてはNTT東日本の方が上かなぁと思ってました。上野投手がよかったし。相手が左バッターのときは、徹底的に内側を突いて打者をのけぞらせ、最後はきわどい球で三振を、右バッターであれば、緩急をうまく使ってました。ただ、7回2死から不幸にもポーンと1発ホームランを浴びてしまったんですね。結局それが決勝点になって。打ったJRの石川選手は、ヒーローインタビューで「最高です」の連発でした。何を聞かれても「最高です」しか答えないんですから。。ホント、笑っちゃいましたよ。

JR、堀井さんが監督になって、嫌らしいチームになってきたのかなぁと。堀井さんは昨日も書いたとおり、元三菱自動車岡崎の監督でした。何度もドームに来ていますし、何度もチームをいいところまで行かせました。JR、ちょっとこれから怖い存在かも。

第3試合は、なんと7回表時点で9-0でした。7回に10点差が付くとコールドゲームになります。で、7回表の横須賀市の攻撃で、ノーアウトランナー2塁の大チャンスでした。ここで1点入れて、7回裏を抑えれば、コールド勝ち。あのトヨタにコールド勝ちです。だったんですけど、結局豊田市の投手の継投で逃げ切りました。っていうか、ここのチーム、惜しげもなくどんどんと投手を代えてくるのです。なんというか。。選手層が厚いんだなぁとつくづく感じました。まぁ、豊田市が横須賀市にコールドで負けた、なんていったら、ものすごく情けなく思われたでしょうねぇ。会社の業績の方は圧倒的に豊田市の方が上なのに。(笑)だからなのか、豊田市は最後の最後、コールド負けしないように頑張ったのかも知れません。

この試合ですごい、って思ったのは、横須賀市の6回の攻撃。2アウト2、3塁で、四之宮がボテボテの内野安打を打ちます。取ったショートは1塁へ。しかし、間に合わずにセーフ。普通のチームなら、ここで1人返るのが普通でしょう。しかし、間に合わずに呆然としている豊田市の選手達の間を突いて、なんと2塁走者までホームインするのです。わたしはこういう野球ができる横須賀市がすごいと思いました。普段、そういう練習をしていないと絶対にできないことです。改めて横須賀市のチームのレベルの高さを実感しました。さすが久保監督です。(わたしは久保監督のファンだもん)

しかも、横須賀市は先発で高崎という、予選では全然投げていない投手を出しています。どうも故障していたらしいのですが、その選手を起用して見事に復活させました。というか、もともといい選手だったらしいんですけどね。あとはセカンドの青柳選手の守備範囲の広さには驚かされたなぁ。。ホント、ここのチームのレベルは違います。

豊田市は、、最初の1、2回にチャンスを作りながら点に結びつかなかったことが敗因でしょう。あそこで2、3点取っていれば、逆に勝っていたかも知れません。それほど野球って流れがあるんですね。まぁ、最後の最後は意地を見せて7回に3点、9回に2点入れましたが。ただ、やはり9点差は重かったです。9回にソロホームランのあと、1死満塁まで行くんですね。それで四球で1点入れたんですが、それでもまだ4点差。満塁ホームランを打ったとしても同点です。結局、最後のバッターはショートゴロゲッツーで試合終了だったんですが。

野球の面白さは、最大でいっぺんに4点入ってしまうことにあると思います。逆にサッカーだと4点差を逆転することはまず不可能でしょう。それも9回といえば、サッカーでは最後の5分くらいに相当するのかも知れません。サッカーの場合、最後の5分で4点なんか入れられないかも知れませんが、野球はほんの一振り、数秒で4点入ってしまうのです。そこが野球の面白いところだとわたしは思っています。あとは「間」ですね。サッカーを観て、瞬時に自分なりに分析して考えるのは至難の業だと思います。もちろん、テレビ観戦なんかでは絶対にできないことでしょう。しかし、野球には「間」があります。投球と投球の間、投手は次にどんな球を投げてくるか。守備連携の位置は?打たれた後、監督が出てくるか、内野が集まるか。わたしにはそういうことがとても興味深いのです。だから野球が好きなのです。逆にサッカーを同じように見ることはとてもじゃないけど、できないと思っています。サッカーの方が野球より観戦能力が高くないとできないんじゃないかな。

応援の方は、豊田市の方が圧倒的に好きだったんですが、何故か今さら「トキオ」なんて曲を増やしてました。「トキオ」って沢田研二の「TOKIO」ですよ。なんでこんなん増やすの?って感じ。あと「とんぼ」という曲も増えてたんだけど、こっちは原曲が分かりませんでした。「ケン」「デタマン」(ヤットデタマンの曲)「オジャパメン」は変わってませんでした。あと「ねらいうち」も。7回までに一番好きな応援曲の「オジャパメン」が1回しかそれも短時間しか流れなかったので「オジャパメンにしろー」と心の中で叫んでました。結果的には最後はこの「オジャパメン」で終わっちゃったんですけどね。。

一方、横須賀市の応援の変わりようにびっくり!ここは「突撃」と「デッキブラシ」(本当の曲名知らないんだもん)オンリーだったのに、狙い撃ちとかやってるし、アトムなんかもやってました。楽器の方もなんかすごく迫力があって。。吹く人もノリノリ。もともとここの応援のイメージってマイクのおねーちゃんの声が響き渡る、って感じだったんですけど、今日は太鼓と楽器がすごかったなぁ。「デッキブラシ」の応援は従来となんか変わってました。コールが変わっていたのかも。「ゴーゴー、ファイト、ゴーゴー、ファイト、ゴーゴー、四之宮、しーのみや」とか、独特のコールがすごく印象的だったんですが、昨日はあまりそういう感じがしませんでしたねえ。低音が響きすぎるって感じ?でもここの応援は、マンネリでもいいから「突撃」と「デッキブラシ」オンリーでいいよ。。それが横須賀市の応援なんだから!あ、あと「世界の恋人」ね。知ってたら相当古い人間よ、アナタ。さらに歌えちゃったりなんかしたら。。(笑)

最後に、九州共立大出で阪神に入った的場寛一が、トヨタ自動車に入っているなんて全然知りませんでした。(^^;わたし、九州共立大時代の彼を観たことがあるんですね、明治神宮大会で。ただし、神宮第2球場ででしたが。あのときはプロに行くってもう決まってて、他の選手と比べて風格が違ってたのになぁ。

それにしても、打てよ、的場。プロでは活躍できなかったけど、一応、プロ上がりなんだから。ま、最後に1安打はしましたけどね。
それだったら、ヤクルト-広島だった、山田潤(元一光;2004年で退部)の方が活躍してたぞー。

あとびっくりしたのが、わたしが地方に住んでいたとき、名もない県立高校で投手をやっている子がすごくて、ベスト8くらいまで行ってちょっと話題になってたんですけど、いかんせん、県立高でしかも野球の強いところではなかったので、進路先が公表されることなく、彼が野球を続けているのか、ちょっと心配だったんですね。ちらっと大学でも野球を続けているって聞いたんですが。。その彼が何故か日産自動車に入ってました。ちゃんとレギュラーの座を取っていました。ただし、投手ではないんですけど。。これにはびっくり。うん、すごいぞ、南くん。これからの注目株です。

さて、今日の試合。

第1試合:大垣市(西濃運輸)-千葉市(JFE東日本)
第2試合:姫路市(新日本製鐵広畑)-川崎市(三菱ふそう川崎)
第3試合:仙台市(JR東日本東北)-さいたま市(日本通運)

あ、でもわたし、今日は診察日なのです。。だから、第1試合からは観に行けません。うーん、せっかく千葉市に新曲ができたという情報が耳に入ってきたのに。あと、大垣市の応援も結構面白いのです。つくづく付いてない。。
病院が終わったら、すぐさまドームに駆けつける予定。先生にはなんて言おうかな。なんか「観に行きたいのに観に行けません」って言って泣き崩れそう。。
09:01 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<激怒&9日目 | ホーム | 号泣&7日目>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/460-bcefb646
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX