09-05 Tue , 2006
野球の神様っているんだ!(決勝戦)
昨日の結果。(準決勝)

第1試合:東京都(JR東日本)1-6 横須賀市(日産自動車)
第2試合:さいたま市(日本通運)7-8 にかほ市(TDK)

ごめんなさい。昨日の日記ににかほ市は大きいのが打てる選手がいない、なんて書きましたが、大うそでした。潔く、謝ります。

それにしても、第2試合は本当にすごい試合でした。昨日書いた「面白い」なんてもんじゃない!感動です、感動。こんな試合があるから、野球を観るのは止められないんだよなぁ。。

第2試合のにかほ市の先発は読み通り、野田投手、そしてさいたま市の先発も益田投手でした。野田投手の疲れが気になりましたが、案の定、初回に捕まってしまいます。先頭打者にいきなりツーベースヒットを打たれ、その後、犠打で1死3塁。次の打者には四球を出してしまい、1死1、3塁。そしてなんと、さいたま市の4番に3ランホームランを浴びてしまうのです。いきなりの3失点。

一方、にかほ市は益田投手を打ちあぐねていました。益田投手は右のサイドスロー。右打者の外角にうまくボールをコントロールします。にかほ市の打者は、この球の見極めが最初、できていないようでした。しかし、ヒットもそれなりに出て、チャンスには一応なるのですが、肝心の所で抑えられて無得点で終わってしまいます。「やっぱり益田は打ち崩せないか」と思っていたところ、3回に2死から4番打者がいきなりホームラン。3-1とします。「2点差なら、なんとかなるかもしれない」とそのとき思いました。

ところが、その裏にさいたま市にまた、2ランホームランが出ます。5-1です。正直「これを逆転するのは無理だろう」と思いました。ホームランを打たれた後、監督は、ついにエース野田をマウンドから降板させます。この日の野田投手、変化球は決まらないわ、いいところで打たれるわで散々でした。で、次に出してきたのが、昨日書いた「関投手」。例の「岩手21赤べこ軍団」からの補強選手です。彼は代えられた直後はいいピッチングをするのですが、何故かその後ストレートの四球を連発するんですね。結局17球投げただけで、3番手藤田投手に代わります。

ただ、にかほ市の方は、なぜかずっとチャンスは続いていました。あと1本が出ないだけです。それでも相手のエラーがらみで1点取ったり、ノーアウト満塁からゲッツー崩れで1点取ったり、少しずつ点差を縮めていきました。どうやらわたしの見る限り、5回辺りから右打者に対しての外角の球を、積極的に手を出すようになってきたようです。6回が終わって、5-3。そして7回表にドラマは待っていました。

さいたま市の投手が益田投手から岡田投手に変わるのです。これはきっと、5回辺りからなんとなく打たれ始めるのでは、という監督の思いがあったのではないかと思います。岡田投手は予選ではボロボロの成績らしかったのですが、前の川崎市(三菱ふそう川崎)の4番手として6回2死から投げ、四球は出すものの、驚異の川崎打線を抑えています。なので、今回も抑えられると思って監督は起用したのでしょう。

ところが、代わったとたん、内野安打が3つ、続きます。特にノーアウト1、2塁のときは、セオリー通りに送りバントの体勢でした。しかし、転がったところが微妙な位置で、なんと内野安打になってしまうのです。ちなみにさいたま市の監督は、内野安打が2本続いたときに、一度、マウンドに来ています。

にかほ市、ノーアウト満塁でバッターは4番。ここで誰が満塁ホームランが出るなんてこと、思ったでしょう。それが出たのです、満塁ホームランが!!!初球ボールで、2球目でした。ボールは左中間スタンドに入りました。一気に4点入って、7-5、大逆転です。湧きに湧く、にかほ市の応援団。

その後、3番手の藤田投手が頑張ります。4回2死から投げはじめ、5回はヒット2本打たれますが、相手の盗塁失敗でピンチをしのぎます。その後、6、7、8回と打たせて取るピッチング。相手にチャンスを与えません。

そしてにかほ市は8回2死から、代打を起用します。このバッターがなんと、またホームランを打ってしまうのです。ボールはライト方向にふらふらと上がっていき、あれあれという間にスタンドの一番前に落ちたのです。監督の代打起用が大成功。というか、最早、神懸かり的というか。。これで8-5で3点差となります。

8回裏、9回表とそれぞれ何もなく、ついに回は9回裏。さいたま市の攻撃。先頭打者はセンターフライに打ち取られます。しかし、次の打者はライト前ヒット、1死1塁。そして次のバッターを空振り三振で打ち取り、2アウト1塁。「野球は2アウトから」とよく言われます。今回もそうでした。2アウトになったところで四球を出してしまい、2アウト1、2塁。ホームランが出れば、同点です。ここで一回、にかほ市の監督はマウンドに行っています。

ところが、その次の打者にライトのフェンスに当たる2ベースヒットを打たれ、1点入れられ、なおも2死2、3塁の大ピンチ。いやー、一瞬、入ったかと思われました。あと、本当にもう少しだったのです。監督はここで藤田投手をあきらめ、田口投手に代えます。田口投手は、昨日の狭山市戦の先発投手で、8回2死まで113球投げています。でも、信頼できる投手がこの選手しかいなかったのでしょう。右投手の田口投手に対して、さいたま市は耳道選手という左バッターを代打で出します。そして5球目。なんとセンター前タイムリーヒット。3塁走者は生還、そして2塁走者も3塁を回ります。

一方、ボールを取ったセンターは、バックホーム。どんぴしゃのストライクでした。2塁走者は当然のことながら、スライディング。わたしは瞬間的に頭の中で「これはアウトだ!」と思いました。そして、一瞬の静寂の後に、球審が「アウト」のコール。試合終了。劇的な幕切れでした。結局8-7の1点差でにかほ市がさいたま市に勝ちました。

もし、3塁コーチが大事を取って、走者を3塁で止めていたら。試合の流れからして、さいたま市の逆転勝ちも考えられました。ただ、セオリーではもちろん回します。センターからの返球が逸れる確率が高いからです。しかし、結果的にはそうではなかった。野球の神様は、最後の最後までにかほ市の方に付いていたのでした。

しかし、本当にすごい試合でした。こんな試合、滅多に見られるものではありません。おそらく、今季一番の名勝負となるでしょう。目の前で見た、審判のアウトのコール。それと同時にベンチから出てくるにかほ市の選手達。ベース上でぐったりと膝を突いているさいたま市の2塁走者。その光景をわたしはいつまでも忘れることはないでしょう。

はっきりいって、にかほ市がここまで来るとは思いませんでした。わたしが思った以上にこのチーム、乗っています。こんなに勢いづいているなんて、思ってもみなかった。これがトーナメントの怖いところです。

なお、藤田投手は富山国際大出身で、大学時代はドラフト候補でもあったらしいです。しかし、予選でも投げずにいきなり東京ドームのマウンド、しかもピンチで出てきてきちんと抑えられるなんて。この選手、今後は楽しみです。取り敢えず、見たところによると、フォーク、スライダー辺りを持っているみたいです。今日は72球投げましたが、果たして明日は投げるかどうか。。

初勝利したチームが決勝まで行くのは、最近では大津町(ホンダ熊本)があります。このときは藤沢市(いすゞ自動車)に負けて準優勝でしたが。でもこのときはもう既に、いすゞ自動車は廃部が決定していたのです。最後の夏に都市対抗優勝。チームの勢いと選手のモチベーションが、藤沢市の方が上だったのでしょう。

ちなみに都市対抗初出場で初優勝したチームもあります。広島市(三菱重工広島)です。でも、最近は都市対抗に出てくるものの、コールド負けしたり、なんか弱いんだよなあ。今年も1回戦で敗退したし。(ぶつぶつ)

あ、そしてどうしてもにかほ市寄りの書き方になってしまって、さいたま市の方には悪いと思ってます。でもどうしても判官贔屓になってしまって。。

さいたま市も今年は苦しい戦いの連続だったと思います。補強もなしだったし。それが去年の覇者、川崎市(三菱ふそう川崎)に勝って、見事にリベンジを果たしました。もちろん、リベンジを果たすだけじゃなくて、狙いはただ一つ、黒獅子旗獲得だったでしょう。結局は黄獅子旗でしたが、これからも頑張って欲しいと思います。

ちなみに黄獅子旗とは、3位のチームに渡される旗です。県予選1位突破チームには、赤獅子旗が、地区予選1位突破チーム(第1代表)には青獅子旗が授与されます。

そして、第1試合。わたしはてっきり、東京都の先発は齋藤貴かと思ってましたが、小林投手でした。そういえば、1回戦から、齋藤貴、小林と順々に投げていて、この準決勝では小林投手の番だったのですね。横須賀市の方は先発予想は分かりませんでした。投げられる選手がいっぱいいすぎてよくわからない。(笑)

試合はいきなり1回の裏、横須賀市が3点入れました。小林投手は、カーブ、スライダー、フォーク等、多彩な変化球を投げていましたが、横須賀市はそのうちの緩い球に狙いを定めているようでした。先頭打者がヒットで出て、次の打者が送り、3番打者にタイムリーという、申し分ない試合運び。次の打者は空振り三振に仕留めましたが、その次にまたタイムリーヒットが出て2点目。2アウト1、3塁。

ここで、横須賀市の1塁走者が盗塁します。それをみた東京都のキャッチャーが2塁に投げてしまうのです。その間、3塁走者がホームイン。これはいただけません、っていうか、本来、1、3塁のときは1塁走者が盗塁しようと、決して投げてはいけないのです。投げている間に3塁走者がホームに戻ってきてしまうからです。少なくとも、2塁に投げるふりをして投手に投げ、投手から捕手に、また投げ返し、ホームでアウトにしなければなりません。本当はこういう手を食らうのは、野球を知らない弱いチームなのですが。。決して東京都が野球を知らないチームだとは思わないんですが。。こういうときにこういう手を使ってくる横須賀市はさすがです。東京都はいらない1点を相手に与えてしまいました。

一方の東京都、何故かチャンスは作るのに、肝心なところでヒットが出ません。横須賀市の投手のフォークにやられてしまうのです。途中からストレート狙いに変えてきましたが。

そして、横須賀市は4回に2ランが出て、小林投手を引きずり下ろします。2番手は山本投手でしたが、この投手、かなりの強気のピッチングをしてました。緩いカーブ系の球は持っていましたが、ストレート勝負。横須賀市は結局、この山本投手から7回に1点しか取れませんでした。

しかし、横須賀市は、この日、内野のエラーが続出。それにつけこみ、チャンスは作るのに、あと一歩及ばない東京都。ちょっと横須賀市ならぬ試合展開で、少し驚きました。このチームが1試合に3つのエラーをするなんて考えられません。久保監督も相当怒っていることでしょう。

東京都の1点も、パスボールによる1点です。そう、結局、東京都は4本しかヒットを打てなかったんですね。チャンスになったのは、横須賀市のエラーのため。ここでチャンスを生かすことができたら、また違う展開になったでしょう。

結局6-1で横須賀市が勝ちましたが、なんとも後味の悪い試合でした。横須賀市の打線も、後半になるとどんどん打てなくなってくるし。

東京都には、若いノリが出るかな、とちょっと期待していたんですが、逆に相手を見て、萎縮してしまった感じ。もっとのびのびと今までやっていたような試合ができていたら、と思います。

負けた東京都には、黄獅子旗が授与されました。

準決勝なので、東京都はまた大動員をかけてくるかと思いましたが、昨日は内野席のみ。外野も一応入ってはいましたが、動員ではありませんでした。やっぱ、平日だからいくらJRでも人文字作るほどの動員はかけられなかったのかな。

そういえば、試合開始前に始球式が行われました。第1試合に投げたのは、元東芝府中(現在このチームは廃部、東芝と合併しました)、元千葉ロッテマリーンズの初芝選手。懐かしい東芝府中のユニフォームを着て投げました。

第2試合に投げたのは、元三菱重工水島(現倉敷オーシャンズ)、元ヤクルトの松岡弘投手。わたしはもちろん「重工」を名乗っていた頃の三菱自動車水島を知りませんから、ユニフォームを見て「へぇ~」という感じでした。白地のユニフォームに胸に紺色で「MITUBISI」の文字。ヘボン式じゃなかったんですね~(笑)

さて、今日の試合。ついに決勝です。

第1試合:横須賀市(日産自動車)-にかほ市(TDK)

横須賀市は去年に続いての決勝進出です。だから選手も相当気合いが入っていることでしょう。ただ、気になるのは昨日の3エラーと回が進むにつれ、打てなくなっていった打線。それを今日、どこまで修正してくるかが鍵だと思います。おそらく久保監督もそのことはよーく分かっているでしょうから(ヒーローインタビューでも言ってたし)、もう一度気を引き締め治せるかでしょうね。

一方のにかほ市はもう「全員野球」(これ、今年のTDKのスローガン)しかないでしょう。多分、もう野田投手は使えないはず。とすると、田口投手か、昨日いいピッチングをした藤田投手がもう一回投げられるか。そのあとにも何人かの投手が控えています。この、今付いている野球の神様がこの試合でも味方をしてくれるか、本当に楽しみです。

にかほ市の応援もまた、聞けますしね。ちなみに1曲どうしても分からなかった曲は、なんと廃部になった「JT」から譲り受けた曲でした。どっかで聞いたことのある曲だと思ったのよね。確か、JTのときは「タイムリーJT」という曲名でした。TDKでは「タイムリー、アラビアン」の中に入っているらしいです。(「タイムリー、アニマル」と「タイムリー、アラビアン」がある)それから、懸念していた「慶應系」応援が重なってしまいました。一応、応援にも1軍と2軍がいるそうなんですが、今日はどっちがどっちなんだろう?それも興味深かったりして。(笑)

両チーム共に、決勝戦にふさわしい、いい試合をして欲しいと思います。

今日の試合開始時間は18時。開門時間は16時30分です。でも決勝戦ですから、開門の30分前には行きたいところ。決勝戦ですから、両チーム動員をかけてくるだろうし。(というか、にかほ市は「弾丸ツアー」と称して、朝8時からバスツアーを急遽、組んだそうです;2008年6月現在、既にこの記事はありません)



さて、第77回都市対抗野球大会も今日を残すのみ。わたしの夏ももうすぐ終わります。
11:59 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<わたしの夏が終わりました | ホーム | 11日目(準決勝)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/456-75205e6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX