12-13 Thu , 2007
悲しい
一昨日は腕の痛みがひどく、電車に乗ることが出来なくて、治療院に行けなかった。そのため左手で右腕を思いっきりDVして、右腕のひじから下が腫れ上がっているんだけど、それでもまだ腕の痛みがあるので我慢しきれなくなって、救急車を呼んだ。「腕を切ってください」と言ったら、向こうは「腕を何かで切ったんですか」とかいろいろ違ったことを言われたが、とにかく来てもらった。

救急車には初めて乗った。そこで腕を見せたり事情を聴かれたりして、どこの病院に行くか、いろいろ問い合わせているようだった。今、わたしは大きな病院で検査をしてもらっているところだが、その病院は家から遠くて、夜間だったので時間がかかる、しかも寝間着で救急車に乗ってしまったために、帰りにくいからいやだなあと思っていたら、幸い近くの都立病院で診てもらえることになった。が「検査はもう夜間だからできません。痛みを取ることしかできませんが、それでもいいですか」と聞かれた。それしかできないんだったら仕方がないと思い「はい、分かりました」と答えた。

病院の救急外来に着いた。思いの外、人がたくさん来ていた。しんどくて座っていられないので椅子に寝て待った。救急車の人は心配したのか「あとどのくらいか順番を聞いてきますね」と言った。

しばらくして名前が呼ばれた。救急車の人と一緒に入って、救急車の人が説明した。「3ヶ月間痛みが続いて、イライラして昨日、腕を壁にぶつけて浮腫が見られます」と説明したあと「ではこれで帰ります」と言って去っていった。

医師は「痛みの処置しかしないという約束で受け入れましたが、それで了承しますか」と何度も言った。ここで「やだ」と言えば、何か違ったことをしてくれたのだろうか。でもわたしは救急車の人が病院と連絡を取って痛みを取ることだけで引き受けたことを知っている。知っているのに嘘をつくわけにはいかないじゃないか。

医者はわたしの手の甲と腕を見てにぎって「痛いですか」と言った。そりゃ痛いわな。手の甲は壁に裏拳で打ち付けたから素人目でも腫れているのは分かるし、腕は左拳で何回も殴りつけたためにところどころ変色している。「どこが痛いか」と言われたら、全部、としか答えようがない。しかし医者は「痛みしか取らない約束ですから」と言って結局、ロキソニンという、風邪の時にもらう鎮痛剤を10錠だけ処方してそれで終わりだった。わたしが「シドニーにいたときに鎮痛剤を処方してもらったけど効かなかった」ことや「風邪薬などの鎮痛剤も効かなかった」と訴えても無視された。その上「一回、整形外科に診てもらった方がいい」と言われたので、そのときは気がつかなかったが、あとでナースステーションに「こう言われたので、整形外科の紹介状を書いて欲しい」と言ったが「あれは治療ではないので、紹介状は書けません」と言われた。では治療なしで適当に薬だけ出したというのか!!!患者が、もう動けなくて、それで救急車を呼んで行かざるを得ないという状態なのに(うちには車がないから、出かけるには公共交通機関しか使えない)診療もしてくれないのか。一体、何のための医療機関なんだ!!人の痛みをなんだと思ってるんだ。何ヶ月この痛みに耐えていると思っているんだ!!遊びで行ったんじゃねえ!!!人がどんなに助けて欲しいと思って救急車を呼んだと思っているんだ!!!そう思うと悲しくて仕方がなかった。

でも、ナースステーションにいたときに、おそらく救急車からであろう電話がひっきりなしにかかってきていて、受付の人は如何に受け入れられないかについて、説明していた。その中には意識不明みたいな人もいた。その人は一体、どこで受け入れてもらうのだろうかと思った。病院のたらい回しの話はよく聞く。その一方で、有名人が病院のたらい回しを受けたという話は聞いたことがない。たらい回しのためになくなったという話も聞いたことがない。人手や施設が本当に物理的に不足しているならば、そういうことも起こってもいいはずだ。しかし、そのような話がないならば、病院は人の命に優劣を付けていることになる。そんなことが許されてもいいのだろうか?名もない一般市民の命は助けられないのに、有名人の命は助けられるのか?この世の不条理さをつくづく感じる。

帰りのタクシーの中では悲しくて、そして絶望感でいっぱいだった。誰もわたしを助けてはくれないのだと思うとやりきれなかった。

シドニーで公立病院の救急外来に行ったが、このようなことはなかった。通じない英語で必死に話は聞いてくれたし、当日の検査は出来ないけれども、必要な検査項目は書き出してくれて、翌日電話さえすれば検査を受けられるようになっていたし、医師への紹介状も書いてくれた。もっともこちらは電話予約しても1ヶ月くらいかかるという話だったが。しかし、シドニーの公立病院ではちゃんとそこまで診てくれたのだ。日本は、いや、都立だから東京か、の病院はどうなっているんだ!!!

家に帰ってから、処方されたロキソニンを1錠飲んだが効くわけはなく。腹が立ったので、残りの9錠全部いっぺんに飲もうとしたが彼女に止められて、5錠で我慢した。けど効くわけはなく。きっと9錠全部飲んでも効かなかったに違いない。

今は悲しくて仕方がない。
友達の薦めでペインクリニックに行くことになりそうだが、、

テーマ:闘病日記 - ジャンル:日記

13:09 | (一時帰国中)病気のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ペインクリニックへ行ってきた | ホーム | 病院通いの一週間になりそう。。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/44-39ce80dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX