10-10 Tue , 2006
わたしが理系になったわけ
最近、モスラナルシス姐さんから「ゴジラナルシスRonちゃん(美女)は理系なのに論理の詰めが甘甘」とか言われたので、今回は、わたしが何故理系に進んだかを。ってこれって前にちょっと書いた覚えがあるんですけど。。

中学の頃、わたしの好きな科目は「国語」「理科」「社会」で、特に社会に興味があり、親には「将来、大学は政治学科に行って、政治のことを勉強したい」って言ってたほどだった。それが何故、理系になったのか。

それは、高校のときから突然、数学が好きになったから。もっと詳しくいうと「数学を教えてくれる先生が好きになったから」。高校時代の数学の先生は、珍しく女の先生だった。きびきびしてて、授業の進み方がめちゃくちゃ早い。他の科目の先生などは、入学したての最初の授業はほとんど自己紹介のみで、あとは終わり、本格的な授業は次から、という先生ばかりだったが、この先生だけは自分の名前を名乗ると「さて、中学の復習をしましょう」と、最初からばっちり授業があった。

最初の頃は「厳しい先生だなぁ。これが高校の先生ってものなのかなぁ」と思っていたが、数学の授業の内容が、数式の展開かなんかで、あんまり興味がなかったので、何とも思っていなかった。しばらく「数と集合」「方程式・不等式」「式と証明」なんかが続き、数学は単なる普通の授業だった。が、「2次関数」になった途端、わたしは数学が大好きになった。

実は、2次関数、中学の授業でも少しだけやる。Y=X^2とか簡単なヤツだけど。そのグラフ書くのに、いちいちグラフ用紙を使って、Xに1つずつ数字を当てはめ、Yを出し、点を取っていく。これがわたしにはめんどくさくてしょうがなかった。グラフ用紙でさえ、用意するのがめんどくさくて、最初の授業のときに友達から1枚、グラフ用紙をもらって、最初の授業のときはそれを半分に割って、半分使い、次の授業で、半分残ったグラフ用紙をまた半分にして。。と最後にはグラフが書けるか書けないかくらいの大きさになったグラフ用紙でグラフを書いていた。

それが、高校になり、2次関数のグラフは形が決まっていること、頂点の座標さえ分かれば、あとはX軸とY軸との交点が間違っていなければ、素手で書けることを知った。で、極めつけは先生のセリフ。「グラフなんてものはね、適当に書けばいいんですよ」。

適当!それはめんどくさがり屋のわたしにとって、大好きな言葉だった。「そっかー、適当に書けばいいんだー」その一言で、わたしは数学が好きになってしまったのだった。また、その先生は「公式なんてものも最低限のものしか覚えなくていいんです。あとはそれを使って導き出せばいいんですから」って言った!そっかー、覚えなくてもいいんだ!わたしは超感動した。

ただ「適当」に書けばいいと言った割に、先生の黒板に書く単位円は、とても美しくて。。すごいと思った。で、てきぱき授業を進めていく先生が大好きになった。

それから、わたしは数学を勉強しまくり。テスト勉強はほとんど数学のみ。テキストをやって、分からない問題があれば、職員室に聞きに行った。今思えば、その「好き」って感情は、ちょっと恋愛感情も交ざってたかも知れない。。なにしろ高3のとき、もうその先生の授業は受けなくなって、しばらく会わなかったんだけど、あるとき校舎を歩いていたら、その先生と会った。先生は妊娠して、お腹が大きくなっていた。そのときのわたしのショックといったら!言葉に表しようもないほどショックだった。。ただ、どうしてそこでそんなにショックを受けたのかは、そのときはあんまり深くは考えなかったのだけれど。。

で、そんな好きな数学だったけど、それではなぜ「数学科」に行かなかったかというと、実は数学自体はそんなに興味のある分野ではなく。。それよりも高2から始まった「物理」の方が興味があったからだ。なんていったって、この世のすべての動きを数式化できる。もちろん、現実のものの動きには、空気抵抗や、その他のものが入り交じっていて、高校でやる自由落下の公式「Y=1/2*gt^2」(g=重力加速度)なんてことにはならないことは十分分かっている。だけど、いろいろな日常の現象が、数式で表せることに感動して、わたしは物理に興味を持った。でも結局「物理学科」にも行かなかったんだけどね~。(笑)ただ、大学、大学院時代を通して、わたしはずっと「物理屋さん」であったのは確かだ。

というわけで、わたしが理系に進んだ理由は以上。だから根っからの理系ではないのよね、わたし。あれこれ違った角度から物事を判断する、という作業は好きなんだけど、本物の理系の人間のように、全く公平な立場からあれこれ分析して、ということはできない。わたしの物事の初めはまず「直感」だから。まぁ、大学及び大学院でいろんな理系の人に会ってきたけど、やっぱり中には「自分は本当は文系の人間だと思う」って人もいたりして。理系にもいろいろいるのよね。

ただ、根本的に理系の人は「超めんどくさがり屋」です。物事を解析するために、WS(ワークステーション)などを使い、日々、プログラミングしてますが、あれは「いかに簡単に実験したものの結果が出るか」とか「いかに簡単に誤差をなくせるか」というだけのこと。ぽんと1つ、数字を入れれば即座に解析結果が出てくる、という世界を目指しているのです。そのために来る日も来る日もC言語とかFORTRAN(今でもこれ、使ってるヤツいるのか?)と格闘しているのですね。「そっちの方が手間がかかるじゃないか」と言われるかも知れませんが、物事を簡単にするために努力してるんだから、その点は気にならないのです。ちょっと矛盾しているように見えるかも知れませんが。。

ただねぇ、mixiのコメントなんかは、根本的にはわたしは「言葉のキャッチボール」と捉えてるから、自分が言ってるのが論理的かどうかなんか全然考えてません。(爆)前の姐さんの発言を捉えて、言葉尻取って遊んでるだけ。でもね、高尚な「言葉遊び」なんかもわたしはできませんから。(笑)そういうわけで、モスラナルシス姐さんに「甘甘」と言われても仕方がないのよね~。分かった?モスラナルシス姐さん。
12:17 | 過去の自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<中日優勝おめでとう! | ホーム | もうすぐ1年か。。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/428-1a931121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX