----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
10-31 Tue , 2006
妹へのカミングアウト
少し前の話になるが、実家に帰省した折に妹にカミングアウトした。それまで身内では叔母(母の妹)にカミングアウトしていた。叔母とわたしは歳がそんなに離れていないせいか(といっても8つ違いだけど)、子供の頃から一緒に遊んでもらったりして、とても良く面倒を見てくれたからだ。どちらかというと叔母というより姉、という感覚の方が近い。しかも、身内の中で唯一、東京に住んでいる。ということで、わたしが仕事を辞めて、東京に出てくる際、叔母には本当のことを言ったのだった。叔母は極めてしっかりした人なので「これで何かあっても大丈夫」とそのときは思ったものだ。

ところが、何年かこちらで過ごしてきて、公正証書のことなどいろいろ知るうちにつれて「これは、家族の誰かにカミングアウトした方がいい」と思うようになった。うちの家族は両親と妹とわたし。両親にカミングアウトする勇気はまだなかった。というか、現状を考えて、父親は受け入れてくれるかも知れないが、母親に言うとパニックを起こしそうな感じだからである。おまけに彼女のこともあまりよく思っていないということが、ふとした態度で分かったりするし。

ということで、妹に白羽の矢が立ったのだった。妹は両親と一緒に暮らしている。やはり自分に何かあったとき、すぐにわたしの意志が伝わるのは家族ではないと、、と思って、機会をうかがっていた。

実家に帰ったとき妹が「最近、始めたんだ」と言って、mixiをやってることを教えてくれた。「これは。。早くカミングアウトしなければ」と思った。どこをどう回って、自分のところに来るとは限らない。(まぁ、見たとしてもわたしとばれないとは思うが)

それで、思い切ってカミングアウトすることにした。妹は日中出かけていて、2人きりの時間、というのがなかなか取れなかったのだが。。結局「いつがヒマ?」と聞きに行ったときにカミングアウトしてしまった。「実は、わたしは同性愛者なんだ。で、仕事を辞めて東京に行ったのも、○○さん(彼女)と住むためで。。もちろん、将来、やりたいこともあって仕事を辞めたのも事実だけど。」と言った。そうしたら、妹は「何となく分かってたよ」と言った。「なんで?」と聞いたら、妹が関心のある「オーラソーマ」(ボトルに2色の色が付いてるヤツ)で、わたしがすごく好きなボトルを自分とは直接関係なかったんだけど、どうしても手元に置いておきたくて、妹に頼んで注文してもらったことがあったからだ。

どうもその番号のボトルは「そういう傾向がある人」が選ぶらしい。彼女の友達が、ものすごくオーラソーマに詳しく、わたしのことを話したところ「もしかしたら、そうかもね」と言われたらしい。。

ただ、わたしはこの考えに納得しかねている。だって、同性愛者だったらそのボトルをみんな選ぶとは思えないからだ。ちなみにわたしがその配色が好きなのは、中学のとき、奈良の正倉院(だったかな)の1年に1度の宝物の展覧会があり、そのときに強烈に印象深かった布からきている。「こういう色の組み合わせもあるんだ」とそのとき感動して以来、その色の組み合わせが好きで、実は自分のPCの色も、そうしているほどだ。(だから誰もがわたしのPCを見るとギョッとする(笑))

「それで、東京に行って、パレードとか出たり、こないだは札幌まで行ってきたんだ。mixiにもずっと前から入っててね、いろんな友達がいるんだよ」と話した。「でも、わたしが同性愛者だってことは、お父さんやお母さんには言わないで欲しいんだ。特にお母さんが知ったらものすごいことになりそうだし。アンタにはわたしの秘密を共有させてしまって、ものすごく悪いと思ってるんだけど、わたしは家族の誰かに言っておきたかったから。わたしになんかあったら、○○さん(彼女)も呼んで欲しいんだ。だから、わたしはアンタにカミングアウトしたんだよ」

そういったら妹は「カミングアウトって何?」と聞いた。あー、こりゃダメだ~。同性愛者の置かれてる立場を全然理解してないやー、と思いつつ「coming out of the closet、の略で、今まで押し入れの中にいて黙っていたのを、外に出て自分は同性愛者です、っていうこと」と答えた。

妹は「もしかしたら、(両親は)もう気づいてるかも知れないし、いつかは自分の口で言わなきゃいけない時期が来るかもよ」って言った。わたしも父親は薄々感じているんじゃないかと思ってるから「もしかしたら、お父さんは気づいてるかも知れないし、それに言わなきゃいけないときになったら、自分で話すから」と言った。

それからわたしのmixiのプロフィール画面を見せて「これ」と教えた。「帰ったらメッセージ送るから」と言って、実家からうちに戻ったときにメッセージを送った。「マイミクしなくてもいいから、お気に入りに入れておいてね」と書いたら「お気に入りに入れたよ」とメッセージが帰ってきた。「基本的に日記は一日一回、書いてるから」と書いたんだけど、それ以来、妹がわたしのところに足跡を付けた形跡はない。。わたしはもう何遍も妹のところに行ったんだけど。。そういうところがすっぱりした妹なんだよね、うちの妹。

でも、こないだうちの妹のところに行ったら、わたしと同じコミュに入っていることが分かった。(って、妹とmixiやってるときにわたしが教えたんだけどね)卒業した学校のコミュ。私立で幼稚園から高校(短大)まである学校だが、わたしは小学校までしか行っていない。一方、うちの妹は幼稚園から高校までその学校に通っている。同じコミュに入っているのかと思うと、なんか感慨深いんだけど。。そう思ってるのは多分、わたしだけだろう。(笑)

ということで、やっと妹にカミングアウトすることができた。家族内の中で知っている人がいると、ちょっと気持ちも楽になったかな。これで公正証書、その他が作りやすくなった、と思っている。実家から帰るとき、妹は送りに来てくれて「○○さんによろしく」と言ってくれた。なんだか、それがわたしの救いになっている。でもたまにはわたしのmixiを見て欲しいもんだ。。

テーマ:カミングアウト - ジャンル:日記

12:40 | カミングアウト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<決めました | ホーム | 今週のAERAの表紙はがっくん!?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/407-399013ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。