12-26 Tue , 2006
怪しげな医者に行ってきました
えー、昨日、怪しげな医者に行ってきました。

でも、この日記を書いた途端「怪しいから行かない方がいい」と言ってくれる人が多数いらっしゃいまして。。で、彼女もその病院のHPを見て、栄養療法とは書いてあるが、サプリメントを主体とした治療を行う、ということを一切書いていないHPでして、わたしが「ここにはこれを最後にして、もう行かない」と言ったところ「じゃあ、いろいろな疑問を聞いてみよう」ってことになったのでした。

病院へ着いて、診察室(っていってもカウンセリングルームみたいにいくつもある部屋のうちの1室なんだけど)に通され、今度は「カウンセラー」と称する人が来て「どうですか?」と聞いてきた。「食事はあれから変わってませんか」とか「サプリメントはきちんと飲んでますか」とか「便通はどうですか」とか。そして彼女に向かって、こう言った。「10日前と比べて、患者さんの顔つきがよくなってきたように思えませんか?」って。来た来た来た~!!って思ったね。(笑)

実は、わたしは最近、PCカスタマイズやmixiのしすぎで、夜2時頃に寝ていて、すっごく疲れていたわけ。そのことについて、病院に行く前、電車の中で彼女とケンカしてたくらいで。んで、その日も起きたら頭が痛くてね。起きて鎮痛剤を飲んでたのよ。ホント、全然身体の調子はよくなかったし、自分でも身体が疲れてるのが分かるほどだったのよ。「いえ、別に変わったとは思いませんけど」と彼女。「そうですか?わたしには顔つきがよくなったような感じを受けるんですけどね~」とカウンセラー。

その後もカウンセラーは「やる気が出ないっておっしゃってましたが、やる気は出てきましたか」とか「息苦しいっておっしゃってましたが、どうですか」とか「眠りが浅いって前、言ってましたが、よく眠れるようになりましたか?」と聞いてくる。一通り聞いたあと「じゃあ、薬は変えなくていいですね」と言った。

そこで彼女が口を挟んだ。「そういうのって、普通、お医者さんが決めるものなんじゃないですか?そういえば、おたくのHPでは、栄養療法のことは書かれていても、サプリメントを主体として治す、とは一言も触れられてないですよね」って。そうしたら、そのカウンセラー「あっ、そうなんですか?HP見てないから。。」と知らないふり。そこでまた彼女がたたみかける。「ここのお医者さんって精神科のお医者さんなんですか?」そうすると、カウンセラー「いえ、元は麻酔科医の方なんです。もちろん精神科の勉強もされてますけど」って。そりゃ、医者になるためには、一通り勉強してるから、精神科の勉強もしてるだろうよ!でも、専門の精神科の先生でないことははっきりしたわけで。

そんな話をしていたら「ちょっとお待ちください」ってすぐに医者を連れてきた。医者は「HPにサプリメントのことを書くと、医師会がうるさいんですよ」とのたまった!どうやらすぐに対応できるというところをみると、カウンセラーがそのことについて聞かれると、自動的に医者を呼ぶようになっているらしい。他にそこの病院に来た患者にも今までいろいろ聞かれたことがある、ということだろう。

で、医者は、そこから今までカウンセラーに聞かれたことと全く同じことをわたしに聞いてきた。そして「息苦しさは軽減された」ということだけに触れ「よかったですね」と。ただね、わたし、そこに行く前から息苦しさはもうほとんどなくなってたんですけど。。(問診票を書いていた時点では、息苦しかったんで、そういうことになっちゃったんだけどね。眠りが浅いのも、やる気が出ないのもそう。でも、それも書いている時点ではかなり軽減されてたんだよねーってそれまでのわたしの日記を読むと分かると思うけど)

わたしは「よくなった」っていうとすぐサプリメントのせいにされると思って「んー、あんまり変わりませんねー」とかウソばっかり(笑)っていうか、最近、よく眠れるのよ、これが。っていうか、やっぱりPCいじくり回してたせいで、頭が相当疲れてたみたいで、睡眠剤の効果もあってか、すぐに眠れるの。で、起きたら朝。ただし、あまり「眠れた」という実感はないんだけどね。

で、彼女がとどめの一発。「ここのカウンセラーの方って、臨床心理士か管理栄養士かなんかの資格を持っておられる方なんですか?」そうしたら、そこの先生は「いえ、昔は臨床心理士の方もおられたんですが、どうもうまくいかなくて。今はそういう方ではなくて、他の方を募集してNPOの「カウンセラー資格や栄養指導の資格」を取ってもらってます。まぁ、これらはNPOの資格で、国家資格じゃないんですけどね」と。やっぱ、そうだったんだ。絶対におかしいと思った。だって、カウンセラーと称して、全然カウンセリング的なことはしてないんだもの。(ま、臨床心理士も厳密に言えば、国家資格ではないんだけどね。「日本臨床心理士資格認定協会」が行っている認定試験です。ただし、こっちの方は、'90年に文部科学省から公益法人格をもつ財団法人として認められたらしい)

やっぱ、胡散臭い病院だったんだー。病院から送られてきたパンフレットの中には、某Y協会が設立した病院、という新聞記事が入っていたんだけど、そこの協会のHPのリンクを見ても、一切この病院のことについては書かれてない。しかも、病院のパンフレットにには、この「Y協会」の理事長、って書いてあるけど、ここの協会の理事長は、今や彼ではない。

そして、、その協会の「推奨品」と書かれたサプリメントの中に、わたしが飲んでいるサプリメントは書かれていない!!

そして、そしてよーく調べてみると、このサプリメントを開発した理事長ってのは「米国公益法人Y協会会長」だったわけで。。で、その「米国公益法人Y協会」ってHPは現在、もうない。というか、ぐぐってアクセスしたら「Forbidden」になっていて、キャッシュでしか見ることができない。わたしが飲んでいるサプリメントは、ここの法人の「認定商品」だから、日本のY協会の「推奨品」じゃないはずだ。。というか、どうも日本の「Y協会」と米国の「Y協会」は、なんかあって、今や縁を切っているらしい、と見た。しかも、この米国公益法人Y協会の理事長には、外国人タレントで有名なK氏も入っている。なんなんじゃ、この団体。

しかも、このサプリメントを作っている会社のHPを探してみたんだけど、ないのよねー、これがまた。ネットを通して別の会社から販売はしているみたいなんだけど。

この日記を書く前に、いろいろな言葉で検索してみたんだけど、調べてみるほど胡散臭い。中にはねー、あの病院に行ってて「カウンセリング」を受けて、涙流すほど帰ってきた、って人もいたんだけど、これって、この病院設立当初の頃なんだよね。その頃の病院って、多分、ちゃんとした臨床心理士がいたんだと思う。だけど、みんな逃げちゃった、ってことは、この病院のやり方がおかしいと思って止めたんではないか?だって、カウンセラーでもカウンセリングじゃないんだもの。それでなにも知識のない人達を集めて「某サプリメント信者」にさせて「カウンセラー」として働かせているんじゃないのか??

ちなみに、パンフレットによると、この理事長は、この病院と関わりがあるが、どういう立場か全く触れていない。院長は他にいるのね。で、その院長、最近、ダイエットのサプリを出したらしい。。そして院長のブログも過去にはあったらしいが、今は、なぜか削除されている。(削除の理由についてはお答えできません、とそのブログの管理者から書かれている)

取り敢えず、変な病院に引っかかってしまったようで。もう行きません。(^^;

ちなみに今回「栄養療法」でぐぐってみたところ、何件かの病院が出てきました。が、それはどれも見る限り「サプリメントも併用」と書かれています。どんなサプリメントかは書いてなかったんだけどね(これまた怪しげ)。ただ、誤解のないように言っておきますが、サプリメントで鬱が治らない、と言っているわけじゃないです。やっぱりぐぐった中で、サプリメントを飲んで鬱を治そうとしている人もいたし。だから、それは悪いことではないと思うんだけど、わたしが行った病院は、こうだった、ということです。誤解のなきように。

ところで、昨日のmixiニュース(元ネタはCD Journal)に

『ロックNIPPON』、ソニー盤“しりあがり寿セレクション”の詳細が明らかに

があった。ちょっと!やっぱりあるじゃないのさ、パール兄弟、つーか、元ネタを見ると、パール兄弟からは「バカヤロウは愛の言葉」が選曲されているらしい。わたしの音楽の趣味にかぶっているのもかぶってないのもある。

が、一つ残念なのは、しりあがり寿自身が入っていた、謎のパフォーマンス軍団「リーマンズ」のたった1つの曲(これが名曲なのさ)「リーマン革命」が入ってないことなのよね。。それがとっても残念。
14:37 | うつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ひょえー、怖い | ホーム | クリスマスの思い出>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/354-c0513eeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX