01-20 Sat , 2007
祈るってなんだ?
この間、マイミクさんのお父さまの身体の具合が悪いと聞いてから、ずっと祈っているわたしだが、昨日、そのマイミクさんからメールが来た。お父さまの具合が非常に悪くなり、病院へ呼ばれた、という。わたしはすぐさま、返事を書いて送った。

それから、ずっとずっと強く祈り続けているんだけど。。祈れば祈るほど、むなしさがつのってくる。「祈るしかできないわたしなんて」と思ってしまう。なにか、他のことはできないのか、そればかり思ってしまう。彼女に「祈るしかできないなんて、むなしい」と言ったら「それは祈っているマイミクさんとお父さまにとって、失礼なことだよ。むなしいって分かっていながら祈っているっていうことだからね」って言われた。それは分かるんだけど。。

世の中に「絶対」ということが1つある。それは「人間は必ず死ぬ」ということ。今までわたしは「世の中に『絶対』はないんだから」って言われると、必ず「いや、1つはある。それは『人間は絶対に死ぬことだ』」って言い返していた。

ただ、なんというか、今のわたしの状態はそれをもう越えていて、、「奇跡的に、元気にならないだろうか」とか「今の治療が劇的に効かないのだろうか」とかそんなことばかり考えている。とにかく、亡くなって欲しくない。世の中にたった1つの「絶対」はあろうとも、とにかくそうなっては欲しくないのだ。

気がついてみると手を合わせている。わたしは無神論者だから、普通は手を合わせたりはしない。仏壇の前では手を合わせるけど。これって、人間の本能なんだろうか?それとも、仏壇の前で手を合わせているから、手を合わせているのだろうか。でも、仏壇の前では、わたしは何も思っていない。ただ、形式的に手を合わせているだけだ。

祈ることって一見、何もしていないような感じがする。そしてわたしはそれをむなしく感じる。祈ることしかできないなんて、と思う。それが悔しくて悔しくてたまらない。祈るって一体、なんなんだろう?ただの「自己満足」に過ぎないんじゃないか?とにかくそんな疑問を抱きつつも、わたしは今も祈っている。強く、強く祈っている。
11:52 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<やばい&愛国心について | ホーム | mixi鑑定書&牡蠣イベントのお知らせ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/329-ce823bd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX