01-28 Sun , 2007
「ファンティリュージョン」吹き納め
昨日は合同アンサンブル演奏会(正式名称は、kammaer musik konzert)が代々木オリンピックセンターのカルチャー棟大ホールで行われた。

わたし、開場時間を1時間、間違えてしまって、9時半開場を8時半開場だと思いこんでいた。だから、家も開場時間に間に合うように行ったんだけど、予定していた電車に乗れなかった。というか、いつも、ギリギリに間に合うように家を出るんだけど、駅に着いてから、どうしてもパスネットカードが見つからなくて。焦ったわたしは、切符を買ったんだけど、小銭がなくて、千円札で。。そうこうしているうちに、乗るはずの電車が行ってしまったのだった。。それも目の前で扉が閉まって。。一瞬「開けてくれるかな?」と期待していたが、ダメだった。。

で、なんとなく「本当に8時半だっけ」と思って、携帯でmixiのマイミクさんのコンサートのご案内の日記を手当たり次第見た。(だから、数人のマイミクさんに8時頃、足あとを残しているはず)結局、キス魔ゆうじの日記に「開場時間9時半」ってのが載ってて「あー、それだったら、もっと寝られたのに」と思ったのだった。。しかも、朝ご飯食べるヒマなかったし。

で、次の電車が来たんだけど「早く行く必要ないや」と思って、そのまま各駅停車に乗っていった。

参宮橋の駅前のコンビニでおにぎり買って、代々木オリンピックセンターへ。でも結局、着いたのは、まだ開場時間前だった、、受付は知っている人ばかりだったので、顔パスで開場時間前に中に入れたけど。で、中に入って、買ってきたおにぎりを食べた。

楽器持ってたんだけど、どうしようかなと思ってたら、「楽屋に楽器を置けますよ」って言われて、楽屋に置かせてもらった。っていうか、なんかこの時点で、関係者なのか、部外者なのか分からない感じだった。。それは後々までずっと続くんだけど。

楽屋に行って、楽器を置こうとしたら、じる氏にいきなり「ronさん、髪型が」と言われた。どうやら寝癖が付いてたらしい。けど、わたしは起きて15分で家を出たので、取り敢えず顔は洗ったけど、自分の髪型がどうとかは知らないのね~っていうか、元々、顔を洗っても自分の顔なんか、鏡で見ないもん。なので「あー、これは『今日の髪型』なの」って答えた。毎日違う、わたしの髪型。(笑)

んでいきなり「3時から4階で合同合奏の練習ができるから」って言われて。「あ、そうなんだ」って答えてさぁ。「それから、合同演奏に出る人は、前の『サックスラージ』の時にはもう舞台袖にいてね」って言われて。

そうこうしているうちにすぐに開演時間に。楽しかったわ~。いやあ、マイミクさんの日記を読むと、みんな練習してるんだなーと思ってたけど、どういう姿形で出てくるかは分からなかったもんね(笑)極めて真面目な(というか、それが普通なんだろうけど)格好をしている団体もあれば、みんな女装やかぶり物で出てくる団体もあるし。その割にはみんなちゃんとした演奏をしてて、すごいわあって思っちゃった。わたしの後ろの席に座っている人達は「練習している団体としていない団体がすぐに分かるね」とか言ってたけど。。わたしゃ、分からんかった。。

で、わたしの右側の方に明らかにトロンボーンケースを持っている人がいて、、「この人は一体誰だー?もしかして、合同合奏で一緒に吹く人??」と思ったんだけど、その人は午前の部だけで帰ってしまった。。

曲と曲の合間には、それなりに椅子や譜面台を増やしたり減らしたりしなければならなくて、その間には関西パレードで女装された方々が、交互に司会。ときに出演者とお話ししたりね。ああいうところが普通の演奏会とは違って、本当に楽しかった。

お昼休みは、コウジくんとマクドナルドで食べた。彼ったら、出張のついでにこっちに来てたんだけど、出張費、浮かす浮かす。夜行バスで東京に来たりさぁ。わたしは夜行バスだけはちょっと勘弁。確かに安いけど、眠れないし(乗り物の中では乗り過ごしちゃうほどよく眠れるんだけど、何故か夜行バスだけは眠れないのよね。。)足はむくむし、それに何より超朝早くこっちに着くんだよね。朝の5時とか6時に東京に着いても、その間、どうしていいのか分かんないじゃない!だからいつも「あずさ2号」に乗るのよ。「職場にたれ込んでやろうかな~」と言ったら、職場より○○新聞にたれ込まれた方が怖いと言われた。確かにその通りではあるが。。(笑)

んで、午後の部。途中で「信越」の楽団の方のアンサンブルがあったんだけど、信越って聞くと、すぐに思い出されるのが「NTT信越硬式野球クラブ」のこと。あーん、楽器やってるなら、そこの応援団で楽器吹けばいいのにーと思っちゃった。あと、お母さんと子供連れが来ていて、びっくりしたのよん。しかも、その子供、5歳くらいなんだけど、頭がモヒカンでさぁ。。「誤って入ってきたのかしら?」と思ったわ。で、気がついたらいなくなってたわ。。謎の親子(笑)

で、3時になったんだけど、2部の終わりにトヴィくんが楽器を吹くってので、それが聞きたくて、3時過ぎてもずっと待ってた。だって、彼が楽器を吹く姿を見るのって、これが初めてだもんね。これが終わってから、4階で合同合奏の練習をしに行った。楽屋に入って、楽器を取りに行ったんだけど、実はわたしが一番聞きたかったっていうか、途中で参加することを断念した「葡萄酒」(正式名称は「高貴なる葡萄酒を讃えて」という曲名だそうだ)が終わりから3番目でね。「葡萄酒」の出演者(多分たっちゃんじゃなかったかな)に「いつから演奏が始まる予定なの?」って聞いたら、16時20分から、ってことで。。

急いで4階に行く。っていうか、確かその前にキス魔ゆうじに「4階の何番で練習なの?」って聞いたら「44番」って答えたので、4階に行って44番の部屋を探すが、43までしかない。。ありゃりゃ?と思って戻ろうとしたら、春の猟犬を練習している音が聞こえて、どこで練習しているか分かった。キス魔ゆうじ、大ウソつき(笑)

で、練習したんだけど。ええ、もう分かってますね。春の猟犬の149小節目から。もう、そこだけ吹けたらあとはどうでもいいや、と思って、そこだけを。本当は「ファンティリュージョン」の飛ばしたところも練習したかったんだけど、まぁ、そんなに難しくないし、何とかなるでしょ、ってことで。で、時計を見たら、もう16時過ぎていたので、急いで楽器を片付けて、また楽屋へ。1つ前のところが演奏していた。間に合った、ホッ。

「葡萄酒」、素晴らしかったー。途中で、シャンパンのコルクを抜く音があるんだけど、そこ、どうするんだろう、と思ってたけど。。すっごく面白い演出だった。最初は女装の方々が出てきて、コルクを抜こうとするんだけど、そのままじゃ開かなくて、針金を取って、それで本物のコルクを抜いた。最後の最後も同じフレーズが出てくるんだけど、そのときは、女装の方々と、たか、さんが「例の衣装」(衣装じゃないわよね、あれは)で出てきて、やっぱり本物のシャンパンのコルクを抜いた。あとで聞いたらタツロヲさんが考えたそうだけど、あれはすごく面白かったわ。

で、演奏の方ももうすばらしくて。。やっぱわたしは出なくて正解だったかな、と思った。あんな曲、到底吹けないよ。。この曲だけは事前に音源をもらっていたので、知ってたんだけど、でも知ってるだけに、どこかで間違えると分かるわけで。途中確かに「ありゃん」って思うところもあったけど、本当にすばらしかったわー。じる氏、よくあそこまで高い音が出せるもんだって、ホント、感動したー。

ホントはね、わたしはどうしてもトロンボーンが入っている団体は、トロンボーンのところだけ見ちゃって、他の人は見てないのね。。だけど、この曲はホント、曲全体として楽しめた。しかし、ホントにミュートの動作が大変なのね、あの曲。。

そして、次のクラリネット2重奏を聴いたあと、おもむろに席を立ち、楽屋に。また楽器組み立ててたら、じる氏が来て「149小節目の入り方なんだけど、もう聞いた?」って言われたから「いいや、全然」って言ったら、説明が。。あー、もう直前に言わないでよー。ただでさえ、緊張してるのにーと思ったけど、まぁ、重要なことだからね。っていうか、それを聞いて、余計にうまくできるか緊張したわ。。「葡萄酒」のメンバーは「青少年」なくせして、演奏が終わったら、開けたシャンパン飲んでて。。みんな真っ赤な顔をしてたわ。よかった。わたしはまだ「未成年」だから、お酒飲めないのよ。だから出なくてよかったわー(笑)←大ウソつき

で、合同演奏本番。トヴィくんは新年会の時と同様に、羽織袴で指揮を。トロンボーンとトランペットは立奏。目立つ目立つ。というか、観客席がモロ見える。そうそう、トロンボーンは全部で4人いたんだけど、その4人目の人は「信越」の人だった。。「あの~、NTT信越硬式野球クラブってのがあって、そこで楽器吹いたらどうですか?」って言おうとしたんだけど、おそらく知らないものなあ、と思って止めた。(笑)

「春の猟犬」がついに始まった。まー、2ndは一人じゃないから、その点は楽だったけどね。で、問題の149小節目。直前までトロンボーンは長いお休みがあるんだけど、そのときに、わたしの前の日記にトヴィくんが「大丈夫、俺達できる子達だもん。w 」って書いてくれたのを思いだしてた。結果は、、まあまあ。ちょっと楽器は鳴ってくれなかったけど、取り敢えず、腕使いはめちゃくちゃにはならなかったので、よしとするか。あー、あとは適当に吹きました。(笑)

次はいよいよ「ディズニー・ファンティリュージョン!」。
わたしはこの曲が吹きたいがために、合同演奏に参加することにしたのだ。なんてったって、東京・札幌・関西のパレードでずーっと吹いてきた曲。ものすごーく思い出のある曲なのだ。途中の3拍子のところは飛ばして吹いてたけど(笑)もちろん、その他はほとんど暗譜している。(全部、完璧と言いたいところだが、適当に吹いてるところもまだあったのだな、これが(笑))

途中の3拍子のところで、右に左に身体を動かそうって話をしてて、そのつもりだったんだけど。。で「右からね」ってことになってたんだけど。。途中から吹くのが必死で、気がついたら、みんなと反対になってた(笑)直そうにも直せなくてねえ。。なんせ、楽器吹くだけで精一杯だったから。あー、みっともない。

それ以外は、ずっと指揮者を見て吹いていた。(って普通、指揮者を見て吹くはずなんだけどw)ベルを上げてね。「これが吹き納めだー」と思いつつ吹いた。指揮者がメロディーを口ずさみながら指揮をしているのが分かる。それがまた、トロンボーンのところが多いのだな。それを見てぐっと来た。しかも、最後の方になったら、やっぱ、泣いてるよ、というか、泣くのを必死にこらえている指揮者の姿が。わたしもそれが感染しそうになったんだけど、取り敢えずは歯を食いしばって我慢した。(っていうか、歯を食いしばってたら、楽器吹けないってw)

でね、最後の最後、ちょっと右と左がずれてるなあ、と思ってたんだけど。。もうそのまま吹いちゃった。で、やっぱりちょっとずれたまま終わり、終了。指揮者はあとで「俺が指揮を間違えたー」って言ってたけど、、そうだったのかしらん?わたしはよく分からなかった。

というわけで、演奏会はすべて終わり。
その後は片付けと打ち上げ。というか、この演奏会、本当に各自でやることが決まっていたようで。わたしはアンサンブルを出ないと決めた時点でmixiのコミュから抜けていたので、全然知らなかったのよね。これだったら、抜けなきゃよかった。。というか、合同演奏に出ると決めた時点で、また入り直せばよかった。。みんなが手分けして、一生懸命、裏方とか、仕事をやっている間、わたしは完全に「お客さま」でしたからねえ。。なんだか、関係者か関係者じゃないのか、最後まで分からなくて中途半端な存在だった。。っていうか、のほほんと客席で聞いてて申し訳ない感じがした。

打ち上げは70人で予約しているって聞いたんだけど、当日は人数が増えたらしい。で、70人もいるんだから「”みんな”でブラス」の打ち上げみたいなのを想像してたんだけど、全然違っていた。。こないだのBrass MIX!の新年会をさらにひどくしたような感じだった。。多分、あそこ、出入り禁止になるんじゃないかなあ。「もう帰ってください」って言われたのに、ずーっと居続け、最後の最後は「エレベーターじゃなくて階段を使って降りてください!!」とか店員さんに言われちゃったし。。

でね、わたしの左のお隣さんは、顔を知ってるのに、誰か分からない。取り敢えず、名前とやってる楽器を聞いたわ。そしたら「ぴかちゅう」被ってる人だとわかり、これからは「ぴかちゅうさん」とお呼びすることにした。(もちろん、名前も覚えててよ)右隣は最初はがっくんだったかな。途中からがっくんいなくなって、ましゃしΩさんになったけど。で、前に合同演奏の練習が終わってから帰るときに、がっくんはわたしと反対側のホームに立っていて「ありゃ、彼はこの沿線の住民なのかしら」と思って「ねーねー、どこの駅使ってるの?」って聞いたら、、なんと、わたしが元住んでいた(5歳から28歳までね)駅の名前を言うじゃないの!もー、すごいびっくり!!きゃーって感じだわ。。で「えー、どこら辺に住んでるのー?」って聞いたんだけど、あそこって、わたしが住んでるときと環境がゴロリと変わってしまったので、イマイチよく分かんなかった。。っていうか、こっちは昔あった駅前の「サンリオショップ」とか、駅近くのおもちゃ屋さんとか知ってるんだけどね、それがすべてなくなったわけよ。

まぁ、わたしはそれでも、自分の住んでいたところがどうなったのか、ちょくちょく見に行ってたので、その変わりように愕然とはしてたんだけど。しかし、奇遇だわー。今度、行ったときに、がっくん、ましゃしΩさんとこに寄ろうかな。

あとはTokuさんに「今度はBrass MIX!のメンバーでやろう」って言われて、本当に嬉しかった。。でもね、もし来年の今頃、また演奏会をやるんだったら、わたしは出られない。。そう、9月から、わたしは1年間、シドニーに語学留学する予定なのだ。楽器は持っていこうと思っているので、2月のマルディグラで「一人パレード」をしてきます。。(ウソ。ホントは現地の楽団に問い合わせて、マルディグラに出演している楽団を紹介してもらうつもり。そこで吹くのだ。マルディグラくらいの規模だと、きっとそういう団体もあるわよね。なんせ、2月1ヶ月間、丸々お祭りなんだもの)

そのあとは何が何だかよく覚えてないわ。。のもすけは来るし、関西パレードで女装した人ともお話ししたわ。のもすけが某大学に通ってるなんて知らなかったわ。今年、中国地区のあるチームに入る選手と同じ大学。でも、彼に聞いても多分知らないだろう。だって、わたしだって自分の高校の卒業生がまさか、社会人野球チームに入っているなんて、その当時は知らなかったからね。。っていうか、うちの高校、弱小野球部だったのに、彼だけホント、うまかったのね。彼の在学中の高校の野球部の成績を調べたことがあったんだけど、確かにいいところまでいっていた。そうそう、女装と言えば、け→くん。彼が女装することは知ってたけど、まさか、あそこまでとは思わなかった。。だってね、楽屋で会ったの。で、向こうは親しげにこっちに話しかけて来るじゃない?でも、わたし誰だか全然分からなくて、「ゴメン。アナタ誰?」って聞いちゃったほどよ。。もう、すげーびっくりこいた。がっくんとかやすこさんは女装しても、元が誰だか分かるんだけどさぁ。。け→くんはホント、全く分からなかった。。観客からのアンケートも回ってきたんだけど、中に「楽器の経験は?年数は?」って質問があって、楽器、トロンボーン、年数160年って書いてあったのがあったんだけど、あれってもしかしたら、途中で帰ったトロンボーンの彼、だったのかしら???

あとはとにかく幹事の徹平くんが、すごく働いていたのが印象に残っている。彼、ちゃんと食べられたのかしら。。

で、ましゃしΩさんと「今日はキス魔が来ないね~」って話してたんだけど、最後の最後で、ましゃしΩさんは、キス魔にやられていた。。ぬかりないわね、アンタも。

その後は恒例の全体写真を撮ろうと言うことになったんだけど、なんせ70人以上いたので、全部は入りきらず。。ホント、すごかったわね。この調子で今年のBrass MIX!のメンバーもどんどん増えていくのかしら。。

ってわけで、終わった時間もそんなに遅くはなかったんだけど、実はもう金が2,000円しかなくてね。2次会断念。行きたかったわー。最後にトヴィくんに「お疲れさま、ありがとう」って言ってから帰った。っていうか、アナタ、わたしに某団関係者、紹介してくれなかったわねー!帰ってから気がついたわよ。(笑)

しかし、朝10時から夕方5時近くまでの演奏会。長かったと言えば長かったけど、みんな本当によかった。「葡萄酒」以外では、リコーダーアンサンブルとバスクラ四重奏(ピーチ姫が印象的だったわよ♪)、でぶご(木管五重奏)が印象に残ったかな。でも、ホルンっていつの間に、木管に入ったのかしら???

これで入場無料、出入り自由なんだから、めちゃくちゃお得な演奏会です。また、次もあるらしいので、そのときは是非お越し下さい~。次はもっとすごくなっているはず。っていうか、これ以上すごくなったらどうしようって感じもするけど(笑)
19:56 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<久々!楽団練習 | ホーム | 「心理相談室」に行ってきました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/321-2dc91141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX