02-14 Wed , 2007
ありがとう
「ありがとう」って書くとあの「さわやかにー、恋をしてー、さわやかにー、あきらめて、さわやかになろう♪」という曲が頭の中を流れる人もいるかとは思いますが(って、これが分かる人は、やっぱそれなりの歳の人ね(^^;)、わたしはやっぱり「さんきゅー、めるしー、だんけしぇーん、ぐらっちお、ぐらっちあす、ありがとうー、おたがいー、おたがいー、ありがーとうー♪」の方を思い出します。って、こっちの方が分かる人は、ほとんどいないでしょう。(笑)過去、NKK(現JFE西日本)の得点曲でした。あー、あれ、好きだったのになぁ。。

でも、相手の方に向かって踊ったりするもんだから、相手の方ははらわた煮えくりかえってたらしい(笑)

昨日、お昼過ぎにMくんから、荷物が届くっていうのは知ってたんだけど、開けてびっくり玉手箱。なんと、Mくん、わたしと彼女、それぞれにチョコレートをくれたの。Mくんとは同じうつ仲間で、いつも励まし合ってる。わたしが自殺したくて、泣いているときに、電話をくれた。やっぱりこのうつのつらさ、っていうのは当事者になってみないと、なかなか分からないと思う。。

「死にたい」っていうのは、当事者の意志ではなく、病気がさせるもの。「死にたい」って思うと人格が変わるのね。もうそれ以外のことは考えられなくなるし、それに向かって一直線、になる。だからこの病気は、一人じゃ治せない、基本的に。誰かがそばにいて、面倒をみてくれないと治らない。ただね、その面倒をみてくれる人がどの程度、理解してくれるかにもよるんだけどね。。周囲にはなかなか理解しにくい病気みたいで「精神的に弱いから」とかすぐ思ってしまう人もいるらしい。会社に休職願を出すときにもわたしは「病名は何にしますか?」って聞かれた。「うつ病」と本当のことを書くと、会社にいられなくなる場合もあるらしい。だから「自律神経失調症」とかで誤魔化す人もいる。「うつ病」はとても有名で誰でも知ってる病気だけど、一般人の理解度はまだまだで、下手するとマイナスに受け止められてしまう恐れがある。

だけど、この病気はとにかく休養が一番大切。多分、薬を飲むよりも大切だと今、わたしは思う。でもなかなかそうはいかない人も多い。なんてったって、働かないと食べていけないから。だから、うつ病でも働いている人は本当に多い。そういう人はとても大変だな、と思う。できれば、面倒をみてくれる人がいれば、その人に頼り切ってもいいんじゃないかとわたしは思う。けどね、よくなったら動き出したがるのがまたこの病気の特徴で。。わたしも1年間だけだけど、うつ病になりながら働いた。けど、結局、身体が動かなくなって、入院した。そうなる前にもっと長期で休んでいれば、今頃はもうとっくに治っていたかも知れない。けど、本人はできるだけ休みたくないんだよな、これが。。わたしも本当に身体が動かなくなるまで、入院だけはしたくないと思っていた。1日会社に行って、エネルギーを使い果たして、その後2日間充電して、また1日会社に行って、、ということを繰り返してたんだけど、そのときでさえ、入院しようとは思わなかった。これも病気の症状といえば、症状なんだけど。

ま、ともかく、今、わたしの友達にはうつ病の人がとても多くて、励まし合って生きている。わたしはそれがすごくありがたいし、感謝もしている。

だから、ホントはお互いさまなんだから、Mくんからチョコレートを送ってもらう所以なんか、ないんだけどね。そこが彼の優しいところなんだよなあ。でも一方で、強い人だとも思ってる。それはわたしが自殺しようとしたときに感じたこと。だから、ホントはこっちからもチョコレートを送らないといけないんだけど。(^^;

本当にありがとうね~、Mくん。大切に食べさせてもらうわ。

ところで、昨日、ついに放映されましたね。
わたしはテレビ番組には出なかったけど、話には聞いて知ってたから、どんな番組になるか、とても楽しみにしていた。だけど、一抹の不安もあった。「同性愛者」が笑いものになる編集をされているんじゃないかって。。(わたしはその恐れがあるので、参加を見送った)ただ、番組を見ている限り、あまりそういう場面はなくて、ホッとしている。ただねー。「Brass MIX!」は「ゲイバンド」ではないのは確かなのよね。もちろん、男性はすべてゲイだけど(今のところ)、、そして「(レズ)ビアン」として参加しているのは、わたし一人なんだけど。。「MIX!」という中には、同性愛者だけじゃなく、異性愛者や両性愛者、無性愛者、すべて含んでいる意味で「MIX!」って付けてるのよね。現にビアンはわたし一人だけど、今までパレードに参加した人の中には、異性愛者もいるし、トランスの人もいる。(って、この言い方は本当はちょっとおかしい)でも、トランスについては、本当に難しくて、わたしも全部理解し切れていない。取り敢えず言えるのは、トランスの人=全員が性転換したいと思っている人、ではない、ということだ。ま、それは今は本筋ではないので置いておく。

だから「Brass MIX!」は、同性愛者だけじゃない人も参加OKな団体、なのだ。なので、今年8月にやることになってる(はず)のパレードに「是非参加したい」って人はそれでOKだと思う。あの番組の中でトヴィくんが「この団体は来るもの拒まず、去る者追わずなので」と言ってたのは、本当のこと。

ただ、あの番組では「ゲイ」しかいないみたいで「本当は、性的少数者はゲイだけじゃない~」って言いたかったんだけどね。もしわたしが「ビアン」として出てたらどうなってただろうかなぁ~?って思ったりもした。

番組自体については、あれこれ言わない。わたしは知ってる人ばっかりだったから、感動するより笑えてしかたなかった、とだけ言っておく。(謎)

でも、番組の中でトヴィくんが両親にカミングアウトするところは、自分の場合と重ね合わせてみてた。わたしは日記を読んでもらえば分かるけど、勢いで両親にカミングアウトしてしまった。ただ、両親とは遠方に暮らしているから、面と向かってじゃなく、電話でカミングアウトして、そのあとはメールのやりとりをしたんだけど。母親からは「どうして、こんな子供が、、」って言われたよ、わたしも。「育て方が悪かったんじゃないか、何がいけなかったんだろう」って言われたよ。だけどね、それは、親のせいじゃないんだよね。ま、遺伝子レベルで言うと、親のせい(かも知れない)とも言えるけど。でも前に書いたように、たまたまわたしは「左利き」に生まれてしまったわけで。。今、左利きの子供を産んでも「なんで左利きの子供を産んでしまったんだろう」とはおそらく誰も悔やまないと思う。性的少数者もそれと同じってこと、早くこの世の中に知れ渡るといいのに、って思ったし、この先そういう世の中が来ることを願っている。

うちも父親は受け入れてくれた(というか、もともと分かっていたみたい)だが、母親は多分、まだ分かってない、と思う。おそらく一生分からないんじゃないかな、とも思っている。だけど、わたしがこうやって彼女と一緒に幸せに暮らしていたら、分からないなりにも、受け入れてくれるんじゃないかと思ってる。(ちなみにわたしは「性的少数者である」ということを「理解して欲しい」とは思っていない。理解しようがしまいが、存在するものは存在するのである)そして、その「存在する」ということを世間の人に分かってもらいたくて、このようなブログを書いているし(本当はこれ、うつ日記のつもりで始めたんだけど(^^;)パレードにも参加している。

そして、番組でも言ってたけど、性的少数者も普通の人となんら変わることはない生活を送っている。もちろん、職場でカミングアウトしている人もいるし、していない人もいる。だから異性愛者の方々にはくれぐれも「ホモネタ・ゲイネタ」で性的少数者を物笑いの種にすることだけは止めて欲しい、と心から願っている。もしかしたら、あなたの一番の親しい人が性的少数者だという可能性もある。

番組の視聴率が20%越えたら、もう一度、出る可能性があるって聞いたけど、一体昨日は何パーセントだったのかなぁ??(笑)

あ、ちなみに番組には出演してなかったけど、パレードのシーンでちょっとだけ写ってました。もちろん、顔はぼかしてありましたが。。でも、トロンボーンで一番前で吹いてるから、知ってる人にはバレバレ。(笑)

テーマ:どんだけぇ~ - ジャンル:日記

14:03 | Brass MIX!のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<眠れなかった。。 | ホーム | ついに。。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/304-87286d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX