02-25 Sun , 2007
先生のトークイベント
昨日は、小学校時代の友達に誘われて、小学校の先生の「トークイベント」に行ってきた。なんでも、先生の出した本を元に幼児期の教育のありかたについて語る、という内容らしかった。で、わたしの友達は、アメリカンスクールで幼稚園の先生をしているのだ。だから、先生から「こういうのやるけど、どう?」って電話があったらしい。そのとき、ヤツは「じゃ、G(わたくしのことでございます)も呼ぶ」って言ったら、先生は「いや、専門的な話だから、、」と言ったらしいが「Gだったら、絶対に来ます!誘っておきます!!」って言って、うちにメールがあったのだ。

わたしは昨日は実は楽団の練習で、、もちろん出るつもりだったんだけど、ただね、風邪がまだ治りきってないのもあって、考え中だったのよね。で、そんなところにそんな誘いがあったから「んじゃ、行こうか」ってことになったわけ。場所もうちからはそんなに遠いところじゃなかったし。

で、そのトークイベントはある本屋の一角で行われたんだけど、開演の前に行ってたから先生に挨拶して。先生はわたしに向かって「いや~、今日は保育関係の話をするつもりだったから、、どうかなあ」って言われた。

予定時間は1時間半だったんだけど、すぐ終わっちゃった、って感じ。本の中に出てくる写真を何枚か大きくパネルにして「昔('68年~'73年)の子供たちは、こうやって遊んでいた」とか詳しく説明していって、それによって子供たちがどういうものを身につけていったかを、これまた事前に書いてた紙を貼り付けたりして、わたしみたいな門外漢でもなかなか面白かった。要するに、子供の時期は「遊びきる」ことが一番重要である、ということが一番言いたかったんじゃないかな。しかも、お仕着せの遊び道具でなく、本当にそこら辺のなんでもないものを使って基地を作ったり、動物をある場所でこっそり飼ったり、船だまりで漁具(ま、この場合は四つ手網なんだけど)を使って漁をしたり。。(って本当はこれはやってはいけないのよ!ただし、昔も漁師は大人がこれを使って漁をしていたら、注意していたが、子供の場合は大目にみていたらしい)で、こうやって「遊びきる」ことによって、子供は「身体力、想像力、創造力、大人力(大人との接点があることによって学んでいく、という感じかな)、自己肯定力、協同力」(あとなんだっけな、たくさんあったんだけど、メモしてこなかったので忘れた)等を自然に身につけていくらしい。ただ、それを現在やるには、周りの大人の協力が不可欠とのことだった。特にこれから退職していく団塊の世代には「遊びの伝承」を伝えるためにも、協力して欲しいということだったけど。今の子供を持つ大人と一緒に遊ぶと、大人の方が夢中になって遊んでしまうらしい。

で、今はどういうことをやるべきなのか、という話になった。ま、これは先生のほんのあとがきにも一つの「提案」として載ってるんだけどね。今、文科省がやってる「学区なし制度」については、すごく批判的だった。

うちの小学校は、何年前かに「遊び広場」みたいなのを作って、そこはホント、木があって、小山があって、あと、ビオトープなんかもあるらしい。(ただし、聞いてみるとビオトープじゃなくてビオトープ「擬き」なんだけどね)でも、そこの生徒はそこで、あの写真に載っているのと同じような遊び方を始めたらしい。わたしはもちろん、先生の本を事前に読んでそれを知っていたし「なんでうちらの時代にはそれがなかったんだ!!」って正直思った。(し、そのことは前に遊びに行ったときにちゃんと言った)

今、先生はフリーのカメラマンとして活動しているらしいが、その中で園舎も何もない「幼稚園」に遊びに行っているらしい。園舎は存在しないが、集合場所はとある公園。そこで子供たちを自由に遊ばせているらしい。そのトークイベントの終わりの方で、そこの先生方2人がいらっしゃっていて、ちょっと話を聞いたんだけど、そこはホント、遊ばせているだけなのに、12時を過ぎた頃にみんな一斉に「お腹空いたー」って言い出して、昼ご飯を食べるらしい。。あと、これは先生が言ってたんだけど、そこの子供たちは、話を聞くときは本当に静かに聞いているらしい。年に何回かしか「黙りなさい」とか「うるさいよ」と言う言葉は聞かない、と言っていた。そこでわたしは友達の顔をつい、見てしまった。だってヤツは小学校に入ってもめちゃくちゃなことをしてたんだから!そうしたら「いや、わたしの場合はちょっと違うと思うよ」なんて答えて。。(笑)

最近は少しずつではあるが、子供の自然の遊び場として、いくつかできているらしい。最近できたとある公園で「釘刺し」をやっている子供を久々に見た、と先生は言っていた。わたしはその数日前に、NHKの首都圏ネットワークで「新宿御苑にビオトープができた」ってニュースを見てたんで、そのことを教えてあげたいと思ってたんだけど。。でも新宿御苑のHPを見てもどこにも「ビオトープ」という言葉は使われていないらしい。

http://www.shinjukugyoen.go.jp/jimusyo/teien07_01/kouji07_01_19.html
(2008年6月現在、既にこのページは廃止されていました)

新しい新宿御苑のHPはここ

しかし、一体、ここでどういうことができるのかはよく知らない。

最後に「オススメの本」として4冊の本を挙げていた。「エミール(上)」(ルソー)「ぼくのマンガ人生」(手塚治虫著)「センス・オブ・ワンダー」(レイチェル・カーソン;この人は「沈黙の春」で非常に有名)「ゲーム脳の恐怖」(森昭雄)だったかな。わたしはこの中では「センス・オブ・ワンダー」を読んでみたいと思った。

で、トークイベント終了後に、先生に挨拶。だけど、聴きに来た人の対応に追われていて、少ししか話ができなかった。それから、先生の奥様がいらしていて、挨拶。奥様からは「今度は朝から遊びに来てくださいね」なんて言われちゃって。。だいたい、前、先生のところに行ったのが午後2時で、帰らなきゃっていったのが10時過ぎてたから。。(苦笑)あとは先生は校長時代はぶくぶく太ってしまったんだけど、不思議と辞めてから、こういう幼稚園に顔を出すようになって、自然に体重が減ってきたって言ってた。「もう、前の服がぶかぶかになっちゃって。。こればっかりはどうしようもないんだけど。誰か合う人がいないかしら?」って言われてた。ホント、先生は根っからの子供好きなんだよなあ。。

そのあとは友達とお茶。わたしはご飯でも食べて帰るのかなと思ってたんだけど、旦那が出張から帰ってくるらしく、羽田まで迎えに行かなきゃいけなかったらしいので、少ししか話できなかった。

わたしが「いやー、こういう話を聞くと、子供が欲しくなるよね」って話してたんだけど、、でも、今の日本では養子縁組は非常に難しくなっていて。。特に同性同士では(法律的には何も基準はないが)難しいんじゃないかなーって話をしてた。わたしの年齢で産むことも不可能ではないが、ドナーが、、それにそれって完全「ハッシュ!」の世界だなぁ~、なんて思ってた。

先生の話を聞いていると、子供のいないわたしなんかはすぐに自分の場合と当てはめてしまって。。「果たしてこの環境でわたしはどうやって過ごしていけたんだろう?」なんて思った。だいたい、わたしは幼稚園は大嫌いだったから。それよりもうちの中で一人で本を読んでいるのが一番好きだった。だから親が逆に「うちの子は人付き合いが下手そうだから」ってんで、わざわざ3年保育の幼稚園に入れたんだけど、3年間で3回も幼稚園が変わって。。完全な「登園拒否児」だった。何が許せなかったかというと、幼稚園って子供扱いするのよ、人を。実際に子供なんだけどさ。それがいやでたまらなかった、わたしは。これは本能的にそう思ったとしかいいようがないんだけど。小学校に入るとそんなことはなくなったんだけどね。

あと、友達の従兄弟の子供が、今、そこの小学校6年らしく。。先生が校長を辞めてから入ってきた子供は、みんなおとなしくていい子ちゃんばっからしい。しかも宿題が山ほど出てるらしい!わたしはあの学校へ行って宿題なんてものはやったことがない。授業の思い出は少しだけで、ほとんど遊んだ記憶しかない。「そんなの、絶対うちの生徒じゃないよねー」って友達と話してた。どうやら、何かの本に「お嬢さま学校」「勉強ができる学校」「その他の学校」に分けられてて、うちは見事に「その他の学校」に入ってたらしい。「やっぱ、うちの学校はそうじゃないとねー」なんて話してて。(笑)でも、それも変わっていくのかなー、、と考えると少し考えてしまう。

ねんざしたことを話したら「Kにみてもらえばいいじゃん!」って言われた。彼は確か、某大学病院の整形外科の先生らしいんだけど、「大先生」になってるらしい(??)「でもさー、絶対『先生』とは呼べないよね」「やっぱKって呼び捨てにしちゃうよね。だいたい、小学校しかヤツのこと知らないしー」「で、このねんざ治せなかったら、どーしてくれるんだよ、とか言いそうだよね」とか、めちゃくちゃ言ってた。(爆)ま、ねんざごときでわざわざ大学病院には行かないけどね。でも、サロンパスじゃ治りそうにないのよね、実は。あー、また病院か??(ウンザリ)

というわけで、ちょっとしか話せなかったんだけど、今度一度「クラス会」やろうよーってことでね。ま、その前に「もんじゃ」ですかね、Jくん。(笑)

帰ってきたら、彼女は会社に行っていて、晩ご飯を買って帰ってきた。なんと、フランスパンとチーズ(種類は忘れたけど、カマンベールじゃないことは確か)とワイン。あとは小さいグラタンだったかな。あ、でもワインはハーフボトルで。。ところが彼女はそれでも「酔っぱらっちゃった。体調がイマイチだからかなぁ~」とかのたまう。もちろん、わたしはそれくらい飲んでも全然何ともない。あれ、わたしも体調が悪いはずなんだけど???

ってことで、実は今日もこれからお出かけ~。ホントに毎日毎日忙しい日が続くわね。。
12:57 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<自己肯定力 | ホーム | いろいろ考えた>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/293-36ed73ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX