----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
04-14 Sat , 2007
昼も夜も眠れない~♪【下】
めんどくさいんで、上と下にしたわw
それに長くなるし(爆)

えーっと、Sで文庫本を買ったというところからでしたね。
その後、小学校のときの先生からもう2冊「これがいい」って言われた本があったので、それを探した。文庫売り場の2階のレジ近くに本の検索機能が付いた機械が置いてあって、まずは「センス・オブ・ワンダー」(レイチェル・カーソン)を。なんか、本がどこに置いてあるかが分かって、なおかつその結果が印刷できる。まぁ、紀伊國屋書店では「kinoナビ」って言ってるヤツね。Sはあまり行かないので、なんて言う名前なのかは知らない。その結果を見たら、1階の海外文学のコーナーに1冊、5階の理工学系書のコーナーに6冊。2階だから、5階まで上がるの面倒くさいしなーと思って、1階に降りた。

しかし、、、海外文学の本が多すぎて、、「えー!この中から1冊を探し出すの??@@;」と思った。で、何回も何回も見たんだけど、見あたらない。というか、なんかいろいろな海外文学の本が目に入って。「ライ麦畑でつかまえて」とか(というか、知ってる本がこれくらいしかなかったのよ。。)あとは、もう、題名を見るだけで目がクラクラするような本ばかりだった。なんせ寝てないから、感覚が非常に敏感になっていて「きゃー、もう止めて!!」って感じだった。本の海におぼれるってこういうことなのかな、と思ったりして(違うと思う)。

なので、6冊置いてあるという、5階の理工学系書のコーナーに行くことにした。5階に着いた途端「物理」とか「化学」とか「電気工学」とか「測量」という文字が目に入ってくる。なんかとっても安心した。心が解放された感じ?やっぱ、見慣れるってことは怖いもんなんだなあ、って感じた。んで、ついつい、違うところに目がいってしまうのよね。。そう、昔のわたしの専門分野。今さら関係はないんだけど、ついつい「どんな新刊が出てるのかな?」って興味を持ってしまう。

あった、あった。元研究室の助手(今は助教授になってる)だった人の本とか、講義を受けた教授の本だとか、修論をチェックしてくださった助教授(今は教授)の本だとか。こないだ、ちょっと自分の修論の修正前のファイルを見てたんだけど、その先生が「良い研究、論文と思います。若干コメントを入れました ○○」って付箋を付けてくれてたのよね。わたし、修士の時は別の大学にお世話になってたんで、自分の大学にはゼミの時しか行かなくて。だから、その先生とはホントはあまりお付き合いはなかったんだけど。丁寧な先生だったわ。

講義を受けた教授は、見覚えがあるくらいしかなかったんだけど「なんでこの先生、覚えてるんだろ?」って考えたら、その講義でレポートの宿題があったんだけど、その際「野茂が投げるカーブについて、その曲がる理由とどのくらい曲がるか計算しろ。プレートからキャッチャーまでの距離は○○mとする」ってのだったと思う。だから、わたしはそのレポートを書くときに「野茂が投げるのはフォークであってカーブではありません」と書いて、カーブが曲がる理由(いわゆる、マグヌス効果というヤツね)と計算方法、それに対してフォークの落ちる理由(ただ、単なる自由落下で計算したのかどうかは忘れてしまった)とその計算方法を書いて出したんだったかな。そうしたらその先生から大いに誉められて、、それで覚えてたんだった(爆)

そんなこんなしてるうちに「あっ、いかん。本を探してるんだった」と思い出し、その本が置いてあると思われるコーナーに。なんか、環境関係の本のところだったんだけど、不思議と全然いやな気分になることもなく。「地球温暖化」の本とか「ダイオキシン」の本とか、まぁ、わたしとは関係のないところだったが「へー、こんな本が出てるのね」とさっきの海外文学のコーナーとは大違い。ところが肝心の本がなかなか見あたらなくて、、6冊もあるのにおかしい、と思ってたら、、平積みにしておいてあった。うへー。わたしの馬鹿。しかし、薄い割に値段が高い。1,477円也。多分、昨日買った本の中で一番高いんじゃないか??(笑)

それから、最後の一冊を検索。これは「ぼくのマンガ人生」(手塚治虫)という本。ところが、、これはSには置いていなくて、Iに行け、とのことだった。げー、Iっていったら、もと来た道をさらに行ったところじゃん。でもそこでも1冊しかないって書いてある。。っていうことで、Iにも行くことが決定した。

Sを出て「公認野球規則」を買いにGへ。前にここで買った覚えがあるからね。んで、ついでに週刊ベースボール(週ベ)の選手名鑑号もそこに置いてあるだろう、と思って。しかし、探せども探せどもない。週刊ベースボールのバックナンバーがあったが、そこにもない。昔はちょっと時期がずれててもたくさん置いてあったのに!?と思ったんだけど。で、仕方がないので安げな「プロ野球カラー名鑑2007」(ベースボール・マガジン社)を買う。買う前にパラパラとめくっていたら、、面白そうな本を発見した。「球場物語2」(週刊ベースボール別冊早春号)という本。日本全国の野球場が載っているという。もうこの手の本は大好きなので、買うことに決定。しかし、、探せども置いていない。その頃になったら本を探すのに疲れてきたので、レジの人に買う前の「カラー名鑑」を持って行って「この本、ありませんか?」と聞いた。そうしたら、すぐに「あ、これです」と持ってきてくれた。ついでに「公認野球規則もありませんか?」と聞く。「えーと、、あるはずです」と言われて探してもらったが、ない。レジの人が他の人に聞いたら「あー、あの本、こないだ最後の1冊が売れたはず」って言って本棚を探してくれたけど、やっぱなかった。

「支店の方に問い合わせてみますので、お待ちいただけますか?」と言われ、聞いているとどうもあった模様。「1冊取り置きしておいてください」と支店の人に言い、わたしに「支店の方に置いてありました」と伝えられた。あの、、支店ってもしかしてBっすか、さっき行った。「支店ってもしかするとBですか?」と聞くと「そうです」とのこと。げげー。やっとここまで戻ってきたのに、またBまで行くのかよ。結局Gでは「プロ野球カラー名鑑2007」と「球場物語2」を買う。しかし、、知らないうちに野球雑誌がめちゃくちゃ増えてた。特にドラフト関係の雑誌。「アマチュア野球」って雑誌があったから「おおー!」と思ったら、ドラフト関係の話ばっかり。悪いけどわたしはドラフトのために野球を観ているんじゃないのだ。実はアマで誰がプロに行くかって話は嫌いなのだ。わたしは純粋に社会人野球が好きだから。確かに「この人、プロ行けるかも」とは思ったりするが、、あとは「ハンカチ王子」関係のものがうじゃうじゃと。だいたいもう「大学野球」(週刊ベースボールマガジン別冊)の表紙に載ってるし。この本も昔は買ってたよな~。あと「輝け甲子園の星」も買ってたし「報知高校野球」も買ってたよなぁ~、、、(しみじみ)

1階に降り「あ、そうだ。もしかしたらここに『ぼくのマンガ人生』が置いてあるかも知れない」と思い、探す。しかしやっぱりなさそう。。というかSで印刷したヤツにはISBNの番号は書いてあるのだが、本の番号は載っていないのだ。なので何番だろうと思い、図書一覧を見たら、、なんと載ってなかった!やっぱ、Iにも行かなければいけないのか。。でも、BってIの方向と反対側だよ。。ってことで、また引き返す。

Bに着き「もしかしたら、ここに週ベの選手名鑑号があるかも」と思って探したら、、あった。しかももうたった2冊しか残ってなかった。あれれ?最近はそんなに売ってないの?つーか、わたしはその前2~3年間は買ってないのよね。これは、、スポーツ関係の古本屋にいかないとダメだな、と思ったが、昨日は既にそこまでの気力はなく。。次回にすることにした。で、Bで「選手名鑑号」と取り置きしてもらっていた「公認野球規則」を買う。しかし、、「公認野球規則」って随分様相が変わったのね。わたしが一昨日現在まで持っていた「公認野球規則」は2003年のものだが、これって実は「非売品」と書いてあるのだ。それまでは週ベに案内が載っていて、そこから直接申し込んで買っていた。が、2003年版をGで発見し、普通の本屋にも売っていることが判明したのだった。いつからこんな風になったんだろう?ただ見ると「必携の市販版」と書いてあるから、いつの間にか市販版もできたんだろう。こっちの方はちゃんと値段が書いてある(952円+税)。

普段は病院帰りに昼食を食べてから家に帰っているが、昨日はそんな気力もなく、飲まず食わずだった。診察後、食欲もなかったし。だけど、散々歩き回ったせいか、腹が減ってきた。「あー、こんなとき彼女と一緒だったら『お腹空いたねー、どこかで食べようか』ってことになるよなー」と思ったんだけど、一人じゃめんどくさくてお腹がすいていても、どこの店にも入る気がしない。もう疲れ果てていた。

Bから一気にIに行く。Iは、、いつ行っても、うす暗い本屋だ。ここで番号も分からない本を探すのか、と思ってたら、、パッと見たところにその本があった!!もしかすると、この本とは縁があったのかも知れない。これですべて終了。全部で、、15冊か。1万円以上、買ってしまった(汗)その日に限って財布の中に1万円以上あったので、、(普段は最高でも1万円しか持ってないのに)

それからは電車に乗って家に帰った。買ったばかりの「ぼくのマンガ人生」を読みながら。家に着くまでに一気に半分くらい読んでしまった。面白い。でも、、この本はもう、あまり売ってないだろうな~、、取り敢えず2006年11月6日(あら、誰かのお誕生日じゃない)第18刷だったが。また在庫がなくなったら刷り直されるのかな~?

というわけで、久々に本屋巡りをして、、アドレナリンが出まくっていた。帰ったのはだいたい14時半だったが、帰ってから一気にこのことを彼女に話す。彼女は「もういいから。疲れてるだろうからちょっと休みなさい」と言った。(あ、その前にパイナップル食ったわ)それでベッドで寝ようと思ったんだが、、なぜかコーフンして眠れなかった。だから題名を「昼も夜も眠れない」にしたわけ(爆)

でも夜になるにつれて、アドレナリンが切れてきたのか、疲れが一気に出てきて、昨日、ベッドに入ったのは22時半だった。わたしはそれからほとんど覚えていないが、彼女によると最初はべらべらしゃべっていたらしい。しかし、すぐに眠たくなって寝てしまったそうだ。しかも、今日は8時にやっと起きたのだが、、全く寝た気がしなかった。やっぱ相当疲れていたらしい。というわけで、今日は楽団練習から戻ってきたらまた出かける予定だったが、結局は出かけなかった。

さて、15冊、読み終えるのはいつかな。といっても、週ベの選手名鑑号は記念用なので、中身は見ない。公認野球規則も最初から読んだりはしない。読んだら以前のように、ブログに感想をアップしようかな。
23:13 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<見たっす、ありっちゃ~ARIA!/統一地方選挙後半戦始まる | ホーム | 昼も夜も眠れない~♪【上】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/248-a8ccb695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。