04-26 Thu , 2007
いらないもの
政府の教育再生会議、いらない。
日本高校野球連盟、いらない。
学生野球憲章、いらない。(または改正すべき)

これらのことには、いろいろ言いたいことがある。が、長くなるから止める。

ただ、高野連には言いたい。特待生制度を問題視しているなら、春のセンバツ、夏の全国高校野球選手権大会のNHK放映はやめるべきだ。NHKは公共放送だ。それを朝から晩まで全部、放送することは、意図的でなくともその高校の名前を「宣伝」することになるのは明白。公共放送であるNHKが特定の高校を「宣伝」するのはおかしい。放映権料はすべて、高野連のものだろう、多分。(甲子園に出場した高校に対して高野連から放映権料を支払われたなんてことは、聞いたことがない)

高野連が高校生に対して「清廉潔白で美しい高校球児」の姿を強要するのだったら、高野連側も公共放送を使わずに、民放のみで放送させるべきだ。民放ならば、宣伝料をもらって会社を経営しているんだから、特定高校を「宣伝」しても何の問題はないだろう(もちろん、逆に言えば、視聴率の取れる高校野球の放送はNHK側も手放したくはないだろうが)。

高野連が、高校野球部に対してしている行為を、そのまま自分のやっている行為について、移し直して考えてみるといい。高校生に「清く正しく美しく」を強制するならば、高野連も「清く正しく美しく」しなければならないはずだ。公共放送にある特定高校を「宣伝」させる行為は、決して「清く正しく美しい」状態ではないとわたしは思う。

高野連がやっていることは、時代錯誤のものでしかない。そして、同じく学生野球憲章も時代錯誤のものでしかない。高野連は、野球人口を減らそうとしているのだろうか?わたしにはそう思えて仕方がない。
14:04 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<さいていなもの | ホーム | 尾崎豊>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/236-2f645deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX