----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
04-29 Sun , 2007
「LGBTの家族と友人をつなぐ会」&Pt.1周年記念パーティー
d022b423.jpg昨日は、新宿二丁目のaktaで「LGBTの家族と友人をつなぐ会」のミーティングが初めて東京で行われるということで、参加してきた。

実は、カミングアウト直後、こことは数回、メールのやりとりをしていた。いつも「いつかは1度参加してみたい」と思っていたのだが、神戸に行く余裕がなく、そのままだった。だから、今回、東京でやると聞いてすぐに参加を申し込んだ。(といってもわたしは、mixi経由で開催を知ったので、、つなぐ会のHPには「ま、いっか」と思って知らせてなかったのよね)

この中で話されたことは、一切、口外してはならないそうだ。秘密が守られている、ということで、みんな安心して自分の本音が言えるから。だから、わたしもそこでは何が話されたかは書かない。でも感じたのは、本当に様々な立場の人がいる(親、当事者含めて)ってこと。みんな悩んでいるんだなってこと。

わたしは、まぁ、以前、ここのブログに書いてきたようなことを話した。自分が同性愛者であると気がついたときのこと、彼女との出会い、仕事を辞めて彼女と一緒に暮らすことにしたこと、一緒に住む1年前からうつ病を患い、去年の11月に自殺未遂をしかけて、救急車が呼ばれたこと。そのときに彼女が実家に電話して、親と話し、その後、わたしが勢いでカミングアウトしてしまったこと。。等。

父親は理解を示すというか、なんだか理解されすぎて気持ち悪いこと、来年、シドニーで彼女と指輪を交換するつもり、と言ったら「是非自分も行く」と言ったことで逆にわたしたちの方がとまどっていること、多分、今日、この会があるよと言ったら、来て何をしゃべるか分からないので怖いから呼ばなかったこと(ホント、うちの父親、何を言い出すか分かんないんだもん)。。等。

母親にはカミングアウト後にいろいろ携帯宛てにメールを書いたが、うちの母親の携帯メールの受信が500文字だったことをあとで知り、ほとんど書いたことは途中で切れていたこと、やりとりするうちにわたしが激怒してしまって「メールだと本音が出るので怖い」と言われて、ほとんどメールが来なくなったこと、悩んだ挙げ句、実家に戻って話して、なんとかなったように思えたけど、結局は母にとっては未だに触れて欲しくない部分だな、こちらが感じていること。。等。

そのうち、この会の模様は「LGBTの家族と友人をつなぐ会」のブログで紹介されるだろうから、そのときはそこにトラックバックをさせてもらう。メールをやりとりさせていただいた、会の代表の方から「まさか、Ronさんが出席されるとは思わなかった」と言われた。あ、わたし、メールでやりとりしているときどこに住んでるかって書かなかったっけ、、

会、終了後、尾辻さんのプロモーションビデオの撮影があるというので、それにも参加してきた。なんか、笑顔を作ろうと思ったんだが、引きつった笑いになってしまったような感じがして、できあがりが怖い(^^;
こういうときに大学の応援団チアリーディング部にいたら、ものすごーい自然な笑顔ができたのに、とか、つい、思ってしまう。。(自然というか、不自然というか、彼女らの笑顔はものすごいのだ)

そのあと、会に出席されていた方とお話しをしていたら、その方の連れと思われる方が「喫茶店でお話ししましょう」というので、cocolo cafeにご案内。わたし以外は全部、親御さん。わたしだけが当事者。計4人でべらべらと。うーん、話を聞いてるとね「親ってこういうことまで心配してるんだー」って思ってちょっとうるっときてしまった。うちの母親もこういう思いでいるのかな、、でも受け止められないのに、こういう会に参加してくるという行動力がすごいって思った。うちの母親なんかは、未だにつなぐ会のHPさえ見てないだろうし、当然、こんな会に呼んでも来ないだろう。実際、わたしは母親が理解してくれるのは、もう諦めている部分がある。「時が解決してくれるよ」と言われたんだけど、、うちの母親に関しては、それは当てはまりそうにない。だから、期待してない。

わたしの将来のことについては「すごい夢ね」と言われたが「いや、でも今は彼女に頼りきりの生活をしていて。。しばらく金銭面ではそういうことになるだろうけど、その代わり、老後の面倒は見てね、って彼女から言われてます」と言ったら「それはすごいじゃない!」って逆に喜ばれちゃった。。そういう風に見えるのかな。。

その後、近くの尾辻事務所に顔を出す。行く途中で親御さんたちは「ここが二丁目なのね」って話していた。「で、どこがゲイバーなの?」って聞かれたから、ホントはよく知らないんだけど「いや、ここら辺一体は、ほとんどゲイバーですよ」って教えてあげた。「ビアンバーはあるの?」って聞かれたから「あることはあるけど、数は少ないです」って答えた。

尾辻事務所についたら、スタッフの人が「Badi」6月号に、尾辻さん、国会へチャレンジ、という記事があると教えてくれた。「早速買ってみたい」という人に「向かいの本屋さんで売ってますから~」と言って、ご案内(わたしは二丁目ツアーの添乗員か(^^;)。わたしも実は買おうかどうかすっごく迷ったのだが、、まぁまた行くだろうと思って買わなかった。でも帰ってから案の定、彼女に怒られた。「なんで買ってこなかったの!」って。。

その後、他の方は帰るというので、わたしはそこでお別れ。「Brass MIX!」のやすこさんがやっているPt.(プラチナ)が開店1周年パーティーをやるってことで、それで行ったのだ。しかし、わたしはもう2度も行ったことがあるクセに、場所を全然覚えてなくて、、家にいる彼女に電話して聞いた。。方向音痴ではないんだけど、場所をちっとも覚えないのよね、わたし。。二丁目も一人で行けるが、果たしてどこの道から来たのか、とか全然記憶にないもんだから、行けても帰れない。。

その日はちょうど、トヴィくんが店子として、カウンターの中にいた。いつか、店子をやるという話は知ってたんだけど、まさか、昨日だとは思わなかった。Brass MIX!関係者もいたし、全然知らない人もいたし。そうそう、先日「Gyaoジョッキー『ありっちゃ!~ARIA』」にトヴィくんたちが出たが、そのARIAさんも来てた。やすこさんからメイクされて、めちゃくちゃな顔になってた。。(笑)

そこで1時間半くらい過ごし、10時過ぎに二丁目を出た。

帰ってからは、小一時間どころか、1時間以上彼女としゃべりっぱなし、というか、こっちが一方的に。ベッドに入ったのは3時過ぎてた。。

まぁ、結構濃密な一日だったかなあ。本当は彼女と一緒に行きたかったのだが、、やっぱり風邪で彼女は来なかった。彼女が来ないってことで結構心細かったんだけど。。

【画像】Pt.(プラチナ)の店子をするトヴィくん(いつもこんな顔してやってたんじゃないよ~(笑))。お疲れさまでしたー。

テーマ:どんだけぇ~ - ジャンル:日記

14:20 | (性的少数者)イベントなど | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<けいけん | ホーム | 実験くん♪&「どんだけ~」の着ボイスができました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/233-0e6aaba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。