----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
05-09 Wed , 2007
これって贅沢?
以前(といっても、このブログを書き始めた頃なんで、もう1年半くらい前)、「今でも忘れられない人のこと」って日記を書いたことがあったけど、そこで「わたしとは縁がなかったんだ」って書いた。

「縁がなかった」とは今でも思っている。だがしかし、まだ未だに忘れることができない自分がいる。

昨日のカープ戦は、福山市民球場であった。わたしが27歳の時だったと思うから、多分、'95年。そして7月7日だったことは鮮明に覚えている。あのときも、カープの試合が福山市民球場であったのだ。それにその人は行っていた。確か浅井(現1軍打撃コーチ)がサヨナラヒットかホームランを打って、カープがサヨナラ勝ちをした試合だったと思う。あとで「すごく感動した」って手紙をもらったんだよね。それからしばらくして手紙が来なくなってしまったのだ。。

わたしは、あれから何度も社会人野球の試合を観に、福山市民球場には行った。でも何も感じなかった。風がすごく強くて砂が飛んでいてスコアブックが砂だらけになったこととか、加藤(元NKK-元日ハム)があそこで化けたとか、行くたびに道路が整備され、行くのに迷った、とか。そういう思い出の方が強い。

が、昨日のカープ戦を見たときに、、その人のことが鮮明に思い出されてしまった。なぜだろう?と思いながらテレビを見ていた。ちょっとそのときのことが思い出されてつらかった。いつしか膝を抱えてテレビを観ていた。

昨日の試合は16-4という大差でカープが負けた。が、実はホッと胸をなで下ろしている。一時は8-4で追いついて逆転するかも、、と思った。そうなったらどうしようか、とまで思った。まだまだわたしにとっては忘れられない人なのか、彼女は。。

確かに、もう出会うことはないだろう。顔も忘れてしまったほどだ。だけど、、その彼女はわたしの中にまだ存在しているのだ。これって、どういうことなんだろうか。わたしは彼女のことを忘れなければならないのだろうか。もうあれから11年、いやもうすぐ12年が経とうとしている。
09:37 | 過去の自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ボサボサ | ホーム | 就寝前に飲めないの>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/225-eb3669a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。