----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
04-30 Mon , 2018
猫真菌症顛末記
今年が始まったばかりの1月5日のこと。うちの猫(陣馬)の目の上にハゲができていることに気が付いた。

20180105 233352


翌日、すぐに動物病院に連れて行ったら、下のような薬が出た。この薬はケンカの傷も含め、幅広くハゲに効く薬らしい。ただ獣医さんは禿げたところに傷がないので、これはケンカ傷ではなく、真菌症による皮膚炎だろうと言った。毛が生えてくるのは月単位だから、そんなにすぐには生えてこないよ、とも言われた。

20180430 211311


そのとき出た薬。これで薬を付けながら様子を見ていたのだが、獣医さんの「そんなにすぐには生えてこない」という言葉を信じて、なかなか治らないのも仕方がないと思っていたら、そのほぼ2ヶ月後の3月初旬、なんとハゲが広がっていた。

20180223 104107


そういえば、この間、薬を付けているときはそんなに広がっている気がしないのだが、何日か薬を付け忘れると、ハゲが広がっているような気がしてたんだよね。。で、3月3日に再び動物病院に連れて行った。そうしたら「広がってますね-。今度は真菌症に特化した薬にします」と言って、下の薬が出た。

20180430 211318


わたしはこの時点でハゲが広がってしまったことにとてもショックを受けてた。1月に動物病院に行ったときに獣医さんはそんなに大したことないような風に話してたので、薬を付けたらすぐに治るんだろうって思ってたんだよね。それが、「早期発見」したのにもかかわらず、ハゲが広がってしまって。。こりゃ、高尾にゃんが子猫の時に血尿になったときのように、ネットで対処法を勉強しないと、と思って、猫の真菌症でたくさん調べた。

そうすると、たいてい、猫の真菌症は、

・免疫力の落ちた子猫か老猫がかかりやすい
・夏のじめじめした季節に菌が増殖する(人間の水虫と同じ)
・治すのは非常に厄介で、身体のあちこちにハゲができることがある
・真菌症は猫にも移るし、人にも移る。猫はそんなにかゆみがないが、人間がかかったら非常に痒い

って書いてある。うーん、、、(汗)陣馬は今、5才の立派な大人の猫だし、じめじめするどころか乾燥しきってる冬になってるじゃん。免疫力が落ちてたから真菌症になったんだろうとはいえ、なんでこの猫が真菌症になるんだろう???って不思議だった。いや、不思議なのは今でもそうだけど。

でね。対処法としてハゲになってる部分を洗うだとか(しっぽとかだったらできそうだけど)、菌の進行を食い止めるためにフケを取り除くとか(フケに見えるのがどうやら真菌の塊っぽい)、とにかく「菌を取り除くのが先決」らしく、そのためのいろんなことが書いてあったので、「そっか」と思って一生懸命ティッシュとか綿棒などを使ってフケを取り除いてたの。そうしたら周辺の毛がいとも簡単に抜けちゃって、ハゲがどんどん拡大してしまった。しかもフケを取り除いたあとに薬を付けると、陣馬は気になるのかすぐに顔を洗い出す。「こりゃまずい」と思い、エリザベスカラーをペットショップで買ってきて、薬を塗ったあと2時間くらい付けたりしていた。エリザベスカラーを付けられた陣馬は首が重いのか、首をうなだれたままずっとその場で立ち尽くしている。見ているとかわいそうだった。

20180209 163619


これは3月9日の状態。こんなに禿げると今度は塗る薬の量が大量になって来て、薬が見る間になくなってきた。仕方がないので薬をもらうために、陣馬本体は連れて行かず、ハゲ画像を何枚か撮って3月18日に動物病院に持って行った。なんせ、2回目に連れて行ったときに、真菌症だから周囲に移しちゃ大変だってことで病院の方がかなり他の患畜さんに気を遣ってるのかな?ってことが見て分かったからだ。

20180317 135202


この画像、3回目の病院に連れてく前日、3月17日の画像だけど、このときが一番ひどかった(毛が生えているように見えるが、禿げているところの皮膚は黒くなっていて、その上に薬を付けているので黒光りしている)。この日はわたしが動物病院には行かず、彼女が連れて行ったのだが、獣医さんは撮った画像数枚じっくり見ていたそうだ。そして「普通、こんなにハゲが広がることはありません」と言われたそうだ。陣馬のハゲは炎症がひどくなったものらしかった。それは、薬が気になるのでそこの部分を触るのが原因、触ることによって周辺にどんどん炎症が広がってハゲが広がる、ということらしかった。そして対処法として

・薬を塗り、毛が生えてくるまでずっとエリザベスカラーを付ける
・薬を塗らずに放置

この2つだと言われた。毛が生えてくるまで月単位かかる、ということは、薬を塗るなら数ヶ月、エリザベスカラーを付けておくと言うことだ。たった2時間でも見てるのがかわいそうで仕方がないというのに、数ヶ月も付けてるのを見てるなんてできない、と思って、「本当に放置して大丈夫なのか??」と思ったけど、その日限りで薬を塗らずに放置しておくことにした。

しばらくはフケがずっと出続けているようだった。ネットで「これは真菌の塊」って書いてあったので、それによってハゲが広がらないかとても不安だったが、薬を付けないって決めたので放置しておいた。すると、半月ほどでフケが自然となくなり、うっすらと毛が生えてきた。

20180406 130311


これは4月6日。うーん、陣馬を無理矢理抱っこして、綿棒でグリグリやってたあの時間は一体何だったんだろう。。??

20180416 192303


これが4月16日。光の加減でちょっと薄くなってるように見えるが、順調に生えそろってきている。

20180430 183750


そしてこれが今日、4月30日。まだもうちょっと「ああ、ここがハゲだったなあ」って分かるが、でもほとんど違和感がなくなっている。獣医さんから「月単位で」と言われたけど、一番ひどいときから毛がうっすら生え始めたのは半月後。ほとんど生えそろうのに約1ヶ月半。思ってたよりずいぶん早かった。

しかし、放置していいのだったら、最初から「放置しろ」って言ってくれよー獣医さん、って思うが、猫の中には薬を塗られてもまったく気にしない猫もいるってことで、薬を出したらしい。しかしそれだったら、2回目に行ったときに「触ってたら薬は塗らないでもいいよ」って言って欲しかった。。そして、これは今回のうちの猫の場合だが、

ネットの情報はときには危ういことがある

ってこと。特にうちの猫は子猫や老猫ではない。子猫とか老猫ならそういう対処法を取った方がいいのかも知れない。けど、それは、もしかしたら一般的な方法じゃなかったのかも知れない。ただ、真菌症の対応を書いたネット情報は、禿げてる画像はたくさん載ってたが、「これを続けていたら治りました」って画像が見当たらなくて、「本当にこの方法が信用できるのかな?」って少し思ったことは確か。

ってわけで、うちの5才になる猫が冬に真菌症にかかったときの対処法は

敢えて何もしない

ことで完治することが分かった。
22:27 | 二人と猫のこと | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<イマイチ。。 | ホーム | 第3学期終了!>>
コメント
こんばんは
あれから度々寄らせてもらって、記事読んでます(*^_^*)

ゆずの件、色々相談に乗って頂き、ありがとうございました。
療法食1ヵ月後の尿検査で、とりあえずストルバイトは無くなりました^_^
今は維持食という事で、3ヵ月間ロイカナphコントロール2で様子見です。
それで再発が無ければ、マグネシウムに配慮した普通食を色々吟味し、移行いくつもりです。
心配していた体重は順調に増えています。
でもまだ小柄なので、療法食の量は少し多めに、そして水分補給にも気を配るようにしています。
こちらで成長期の療法食の量はカロリー重視で...というのを参考にさせて頂いたおかげです。
ありがとうございました。

今回は真菌のお話ですね。
実は先日、ゆずが爪を噛んだり、歯で引っ張ったりする仕草が頻繁になった為、よく見てみた所、爪の付け根の柔らかい皮の部分がカサカサになって、カサブタが出来ている所があったんです。
色々調べる中で、真菌症でもそうなる事があると知り、ある事が頭をよぎりました。
我が家の隣に住んでいる父が、よく遊びに来たり、お風呂に入ったりしていくのですが、昔から水虫があって...。
バスマットを替えたり、予防で薬を塗るなどして、人間は予防しているんですけど、猫も人間の水虫から真菌症になる事があると知ってから、ゆずの体にハゲやカサブタが出来ていないか気にはしていたんですが、まさか爪から!?と思って、病院に行ったんです。
先生は、そういう症例もあると、医学書の写真を見せてくれたりして、検査についても説明してくれました。
ただ、まだそうとも言えないし、症状も軽いので、もう少し様子を見てからでいいのでは?という事で、とりあえずそのままでいます。
悪化したり、体にも症状が出ないか、気をつけて見てはいますが、今の所は爪の付け根のカサブタが、たまに出来ているくらいです。
真菌が原因かどうかもわかりませんが、色々調べると、子猫や老猫のような、免疫力が弱い状態でなければ、自然治癒する事もあるとの事。
ゆずは9ヶ月なので子猫といえば子猫ですが、今はそれほど深刻に考えず、ストレスを溜めないように適度に遊んだり、免疫力を高めるようにして、自然治癒力が上がればいいなぁと。
そんな事を考えていた時に、この記事を読ませてもらって、なるほど...と思い、またお話させて頂きました。
実は、ストルバイトから、真菌??で病院に行く間も、玉ねぎ誤食事件や猫ニキビ初期など、色々病院に行っていまして...(^^;;
初めての猫なので、ちょっとの事でも心配になってばかりです。
でも、かかりつけの病院が休みの日に、別の病院に行ったのですが、料金や先生との相性など、結構違うものだなぁと。
それぞれにメリット、デメリットを感じて、同じ病院に通い続けるのがいいと思っていたのですが、固執する事もないんだなぁと、今後の参考にもなりました。

また長くなってしまいました。
いつもすみません(^^;;
お忙しい折など、返事は気にしなくて大丈夫ですので。
読んで頂けるだけで嬉しいです。

息子がやっている、ゆずのインスタです(*^_^*)
https://www.instagram.com/love_cat_yuzu/
Posted by: ゆずママ at 2018/05/06 00:55 URL [ 編集] | page top↑
>ゆずママさん
コメント有難うございます!

インスタグラム、見ました。かわいい猫ちゃんですね~!(*^^*)
直接蛇口から水を飲む猫ちゃんなんですね。すごい。

結晶、なくなってよかったですね。
今後は3ヶ月、維持食ですか。それが終わったら何を食べさせるのか、いろいろと試行錯誤が続くと思います。特に好き嫌いの激しい猫ちゃんだと、何だと食べてくれるか、という問題もありますよね。。うちの猫は2匹とも何でもよく食べる猫なので、新しいご飯にするときも一気に新しいのにしちゃいますが、本来なら新旧の餌を徐々に割合を変えていって新しいのにするようです(うちも最初の頃はそうしてたんですが、一気に変えてもまったく変わらなかったので)。
体重の方も徐々に増えてるみたいでよかったです。

うちも何かあったら病院にすぐ、連れて行きますよ~。
猫の1日は人間にとっての4日間、と聞いたことがあるので、手遅れになったら困りますし。
何もないんだったら、何もないに越したことはないだけの話ですし。
うちも「あっ!」と思ってすぐに行って「別に心配することないです」って言われることよくありましたよー。
病院には連れて行きやすいように、2匹とも保険に入ってます。動物病院は高いですからね。
(とはいえ、動物病院に行くことが大変な猫ちゃんもいると聞きます。うちの猫たちは2匹とも病院でおとなしくしているので、超連れて行きやすい)

動物病院、うちも何ヶ所か通いましたけど、獣医さんによって本当に対応方法が違います。
検査をすぐする獣医さんだったり、逆に検査は極力しない獣医さんだったり、、
今、主に見てもらっている獣医さんは検査は極力しない獣医さんで、今回の真菌も検査は必要がないと言われました。検査してもしなくても、出す薬は同じみたいで。あと、飲み薬もあるようですが、飲み薬は副作用があり猫の身体に負担がかかるので、もっとひどくなったときに出します、と言われました(この記事で言うと3月17日よりもひどくなったとき)。

また、高尾にゃんがストラバイト結晶を出してたときに最初にかかった獣医さんは「このまま一生療法食を食べさせて下さい」って言いましたが、2番目の獣医さんは「ドライフードだけじゃなくウエットフードなどで水分をたくさん取ったら療法食じゃなくてもいい」って言いました。これは多分獣医さんの経験の違いだろうと思います。
Posted by: ron at 2018/05/07 00:06 URL [ 編集] | page top↑
>ronさん

お返事、こんなに早く(≧∇≦)
気分が乗らなかったりしたら、後回しにしてくれて全然構いません。
でも、すっごく嬉しいです!

息子のインスタ、見て下さって、ありがとうございます(#^.^#)

療法食後のフードは、いくつか考えてはいますが、食いつきがいいかどうか...。
ゆずが小柄というのは、元々食が細くて。
今の療法食は、避妊手術を終えたせいもあるのか、結構量を食べてくれていますが。
ゆずは、大粒をガリガリ食べるのが好きみたいで、小さい粒だとあまり食べません。

ゆずを飼って、動物病院という所に初めて行ったので、近所の病院をネットで色々調べました。
先生の感じや料金は勿論、ペットホテル併設と保険の窓口清算が出来る所が良くて。
かかりつけの病院は、保護猫の最初の処置は無料で、念の為持って行ったウンチの検査も、お金は取られませんでした。
その後も「今日は ご相談だけで治療が無かったので、お代は結構です」という事も度々。
凄く良心的で気に入っていたのですが、避妊手術の際、説明や退院時の対応など、ちょっと納得出来ない事も出てきたりして。
この病院が休診日に別の病院に行ってみたら、先生の感じがとても良く、こちらの疑問にも納得の出来る対応をして頂けて、保険とペットホテルの件で、最初から除外していた病院だったのですが、こちらに変えてしまおうかと思う程でした。
でも、その後かかった時に、様子見...という事で特に何の治療もされなかった時、1000円程ですが料金がかかりました。
それは当然だと思いますが、今までの病院は無料だったので、どちらにもメリット、デメリットがあるなぁと。
今後は、上手く使い分けていこうかなぁと思っています。セカンドオピニオンという事も含めて。
ちなみに、ゆずを飼った当初は保険に入るつもりでしたが、いずれ手術とかになる事も想定して、毎月ゆず貯金をすることに。
今はまだ考えていませんが、もう1匹迎えるとしたら入らないとキツイですねぇ(^^;;

猫の話だと尽きないです(^^;;
いつも長くなってしまって、すみません。
ブログにコメントを書く事が初めてだったので、こんなに長く書いていいものか、非表示にした方がいいのかもわからなく、
もし非常識、ご迷惑だったらごめんなさい。
Posted by: ゆずママ at 2018/05/07 19:19 URL [ 編集] | page top↑
>ゆずママさん
返事が遅くなって済みません!
GW明けてから雨ばかり降って寒いですね~。

小柄なのは、食べないのか、骨格的に小柄なのかですよね。
獣医さんに適正な体重はどのくらいなのか聞いてみたらいかがでしょうか?
よく猫って子猫のうちは1年間食べさせたいだけ食べさせて、その体重が適正体重だって言いますけど、うちの陣馬は1年間食べるだけ食べさせたら獣医さんに「骨格から言うと、この猫は4キロ台が適正体重です」と言われ(そのとき5.3kgだった)、少しダイエットしました。

ゆずちゃんは大きなキブルが好みなんですね。そういうのはネットで検索すれば写真付きで出てきたりするので、参考にされるといいと思います。

動物病院は本当に獣医さんによって違いますよね。
飼い主との相性もあると思うし、動物との相性もあるみたいで、なかなか難しいですよね。ネットでの口コミはあまり信用できないし(以前高尾にゃんが子猫で療法食になったときに体重に基づいて餌の量を計算しろと言った獣医さんがネットで「名医」みたいに書かれてるサイトがあって、それ見たときにびっくりしました)。やはり実際に行ってみないとダメだなあと思います。

保険は賛否両論あって、本当は自分でお金を貯めておくのが一番確実でいいらしいです。うちはそういうのが苦手なので(お金が貯められない(^^;)、毎年保険料払ってますが。。動物保険って保険料が毎年のように高くなるので、本当はお金を貯めた方がいいのかも知れません。

コメント、長くても構いませんよ。
それより、非公開だと、「この人はどの部分を非公開にしたいのかな?」と思ってしまって、返事がしづらいです。そもそも、基本的に非公開の人には返事はしないです(非公開で問い合わせがあった場合以外は)。

なので、大丈夫です。
それに、こんなブログ、あまり人が見てないので、特に迷惑とかなんとかもないですしね。
だからコメントしたいときには自由にコメントして下さいね。
Posted by: ron at 2018/05/10 12:59 URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1973-ed3d766c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。