03-03 Sat , 2018
大杉漣が死んだ
少し前のことだけどね。
知ったときはすごくショックだった。
「好きな俳優は?」って聞かれたら「大杉漣」っていつも答えてたから。

そう答えるようになったのはいつからだろう?
2003年、NHKの夜の連続ドラマ「ニコニコ日記」に出てたのは知ってる。なんてったって、「ニコニコ日記」はとても好きだったので、DVD持ってるくらいだもん。あのときのニコの母親のマネージャー役が大杉漣だった。冷徹で子どもの敵みたいな人だと思ってたのに、違った(というかそういう風に変わった?)、みたいな役だった。

次に見たのは「ネコナデ」の映画だったかな。あの映画は気に入ったので、これまたDVDも持ってる。この後、映画に出てきた猫は大杉漣が引き取ったと知ったので、一時期は大杉漣のブログを毎日チェックしてた。いや、つい最近も「そういや、風トラ(風は元々大杉漣が飼ってた犬)もかなりな年齢になってると思うけど、元気なのかな?」ってブログを見に行ったばかりだった。

わたしの好きになる俳優のタイプというのは、たいてい主役級じゃない、二枚目のタイプではない、自分よりうんと年上の人、という共通点がある。小学校の時は露口茂(太陽にほえろのヤマさん)とか、大坂志郎(大岡越前なんかのお殿様のお目付役)が好きだった。大人になってからは緒方拳(この人は主役級なのだけど、若くて脂ぎってる頃じゃなく、歳取ってちょっと枯れてきたときに好きになった)が好きだった。要するにわたしは男性の俳優に限っては「フケ専」で、そういう意味では大杉漣なんかはまだ若い方だった。亡くなって知ったけど、わたしより17しか上じゃなかった。

フケ専は自分が歳取ってくると、自分より年上がだんだんいなくなるから寂しいって聞いてたけど、まさにそれだな。
わたしはもう、好きな俳優がいなくなっちゃったし、これからは「もう生きてる人はいないけどね」って前置きしてから答えることになっちゃうんだろうな。

寂しいな。
人が長く生きていくっていうのは多分そんなもんだと思うけど。
15:12 | (一般)映画・演劇のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<つきあい始めて丸17年 | ホーム | もう3月>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1968-d965f008
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |