----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
01-02 Tue , 2018
高尾にゃんがうちに来て7年
20171228 165650


今日は高尾にゃんがうちにきて7年経った日。
2011年1月2日にわたしたちは高尾にゃんと初めて会った。
わたしはそれから数日後に精神科を受診して、3回目のうつ、という診断が下されて、去年の6月まで長きにわたって病院に通い続けた。

そんなときだから、うつ病と診断されてなくても、多分とてもしんどかったんじゃないかなと思うのだけど、うつ病って一番ひどいときの記憶はほとんどなくなるので、どのくらいしんどかったかはもう覚えていない。だけど「猫を飼うのはうつ病にはいいんだって!」と彼女に何回か話して説得したのは覚えている。そして7年前の今日の日にペットショップに行ったのは、ものすごく急なことだったと思う。飼うならアメショと決めていたけど、うちの近くのペットショップではそのときアメショはいないみたいで、ネットで検索したら少し遠いペットショップにアメショがいることがわかったのだ。それまではなんとなく具体的に飼うことを決めてたわけじゃなかった。けど、なぜかあの日急にペットショップに行く気になった。

そのペットショップには2匹のアメショの子猫がいた。そのうちの1匹が高尾にゃんだった。わたしはどちらがいいのか判断が付かなくて(うつ病だったから決断できなかったのかも?)彼女に決めてもらった。で、猫を決めたはいいが、その後の手続にものすごく時間がかかって、「じゃ、これで確認して下さい」という段になって、高尾にゃんに埋め込まれたマイクロチップの番号と書類に書いてあるマイクロチップの番号が違ってて、もう一度全部書き直しになった、とか、変なんだけどとても細かいところまでよく覚えている。

で、お店を出たらもう夜になってて、ご飯はうちで作れないから、ここで食べて行こうってことになって適当にうどんを食べたんだった。その後、トイレに行きたくなって、でも高尾にゃんも連れてるから身障者用のトイレに入ったら、高尾にゃんは箱の中で、か細くか細く鳴いているのが分かった。暗い狭い箱の中できっと怖かったんだよね。

高尾にゃんを買ったペットショップは遠かったし、うちらは別に車で行ったわけではないので、大物のトイレとか、紙砂とか、餌はそこでは重くなるから持って帰れないので、近くのペットショップで買います、と言って、箱に入った高尾にゃんだけを電車に乗って連れて帰ってきたが、その電車の中で「猫の名前は何にしようか」と言って「高尾」に決めたんだった。

家に着いたらもう20時をとっくに回っていて、ペットショップは21時までだというので、玄関先に箱に入った高尾にゃんをそのまま置いて、わたしたちはそれから自転車で家の近くのペットショップで猫トイレとご飯と紙砂を買って帰った。そして寝室に高尾にゃんを放ち、初めて高尾にゃんのためにビクビクしながらご飯を作って食べさせた。ビクビクっていうのは、一体餌は何グラムやればいいのか、ミルクはどのくらいの温度のお湯で溶かすのか、どれぐらいの濃度にすればいいのか、そういうことが一切合切分からなかったからだった。

高尾にゃんは箱から出たらものすごく嬉しそうに寝室中を駆け回った。ご飯を食べてすぐに駆け回ったからか、駆け回ってる最中にぴゅーっと餌を吐いちゃって、一体この先どうなるんだろうと思った覚えがある。でも高尾にゃんはきっと「やっと高尾にゃんのおうちに着いた!」って分かったんだよね。だからやったーやったー!って高尾にゃんは部屋中を駆け回ったんだよね。

夜寝るときになり、わたしは高尾にゃんを段ボールに入れて寝ようとした。猫は猫の場所で寝るようにした方がいいと思ったからだ。ところが高尾にゃんは何度段ボールに押し込めても、何度も何度も脱出した。そして、まだ小さい身体なのに必死にわたしたちが寝ているベッドの上によじ登ろうと爪を立てて登ってきて、わたしと彼女の枕元の間で寝ようとした。そこに来ても何度か段ボールまで連れて帰ったのに、高尾にゃんは絶対にベッドを登ってきてそこで寝ようとした。わたしはそれがとても気にくわなかったんだけど、彼女が「これでいいよ」って言ったので、高尾にゃんはわたしと彼女の間で寝た。高尾にゃんは多分すぐに「高尾にゃんはままの子どもだから、ままたちと一緒に寝なきゃ!」って思ったんだよね。

あれから7年かあ。7年って思えばすごい前のような感じもするが、高尾にゃんを迎えた日のことは昨日のようによく覚えている。

高尾にゃんは相変わらずままっこで、今もわたしの膝の上でグルグル言いながら寝ている。
15:50 | 二人と猫のこと | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<新しいこと始めようかな | ホーム | そろそろやらなきゃね>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by: at 2018/01/02 22:50 [ 編集] | page top↑
>非公開さま
コメント有難うございます。

えーっと、非公開だと、どの部分を非公開にしたいのかよく分からないので、返事がとても書きにくいのですが、高尾にゃんのことをかわいくていい子だと言って下さり、ありがとうございます(*^^*)

ちなみにわたしは<独身>ではありません、法律上は<独身>ですけども。。
もう10年以上、彼女と生活を共にしておりますよ。
Posted by: ron at 2018/01/03 10:21 URL [ 編集] | page top↑
余計な気を使わせてしまいましたか? 失礼しました。
ブログは口腔異常感症で知りましたが、2016年以来一切触れてないので
あまり考えたくないのかな?などと考えちゃいました。
彼女とお暮らしのことはブログで知っております。
暮らす相手が男性だろうが女性だろうがネコだろうが、個人の自由であります。
Posted by: ナナちゃん at 2018/01/03 13:02 URL [ 編集] | page top↑
>ナナちゃんさん

コメント有難うございます。

コメントが非公開ということは、コメント中に公開したくない何かがあるわけですから、
そこのところが分かってしまうような返事はできないってことなんですよね。

2016年以来、口腔異常感症のことに触れないのは、ただ単なる病院と縁が切れたからです。それにそれ以前の何年も前から、もう病院行っても薬が処方されることがなく、話だけしてお金払って帰ってきていたので、何も書くことがなかったというのもあります。

症状だけは相変わらずですから、そんなこと何回も書いても仕方ないですしね。。
この症状だけ前面に出してつらいとか苦しいとか思っても、自分自身の生活は続けていかねばならないし、苦しいという思いだけで時間が埋まるのはとても精神が持たないので、別のことで気を紛らわせているとも言えます。
Posted by: ron at 2018/01/03 14:05 URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1959-93e69867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。