12-16 Sat , 2017
早く来い、冬至
今年は夏以降、すごい変な天気続きだったような気がするんだけど「今年は○○年に一度の異常気象」って言われた記憶がない。これは単に今年一年嫌なニュース続きだったから、わたしがほとんどのニュースも何も目や耳にしていないからなのか?

正直なところ、今年ほど雨が降って、洗濯物が洗濯できない、どーしよー?と思った年はなかったし、今まで部屋干しって言っても「いや、別に変な臭いしないし、なんで部屋干しじゃダメなの?」って思ってたけど、今年初めて「いい加減、洗濯物をおひさまの元に干してぱりっと乾かしたい!!部屋干しだとなんか気持ちが悪い」って思ったほどだったのに。

しかも、秋という季節を楽しむヒマもなく、ある日突然木枯らしが吹いて(この日は実習で外出したのでよく覚えてる。めっちゃ寒かった(T_T))そこから急に寒くなってもう秋じゃなくなった。暦の上ではディセンバー、じゃなく(古)、暦の上ではまだ10月だったような??

んで、ここんとこの寒さ!最低気温が0度続きって、真冬並みというか、真冬でも東京の場合、0度続きってのはほとんどなく、たいてい2度前後はあるはず。真冬でも最低気温0度が一週間続いたことなんかない。まぁとはいえ最高気温の方はフタケタいくので真冬並みではなく、一日の平均気温自体は真冬並みじゃないにせよ、最低気温だけみると、真冬並みより寒い。

冬は一年中で一番嫌いな季節で、その理由は寒いから。寒いと筋肉が固まるし、寒いから外出るのが億劫になるし、寒いと何より手足がかじかんで感覚がなくなるし、冷えると生命の危険を感じる。「だから冬は大嫌いだ-!」っていうと、彼女は「夏の方が暑くて生命の危険を感じる」という。わたしは夏に生命の危険を感じたことはなかったので、これはとても意外だった。なんせわたしは冷房の利きがよすぎるところは夏でもすぐに手足がかじかんでくるのでダメなのだ。で、クーラーを消すとあるところで「ぼわっ」と暑くなる。あの暑さが来ると「生き返った-!」って気になる。だからクーラーをつけるのは、あの消した後で「ぼわっ」とする楽しみがあるから付けるわけで、「ぼわっ」の前に「暑くなった」と言ってクーラーを付けられると、わたしは夏でも生命の危険しか感じなくなる。

例年、12月は冬なのだけど、毎年「12月の寒さはそんなでもないな」と思ってた。ところが今年は11月の間から寒くなっちゃって、あと何ヶ月我慢すればいいんだよ?と思う。そして例年はそんなに寒いとは感じない12月なんだけど、それでも毎年毎年楽しみにしてる日は冬至。一年で一番日照時間が少ない日。この日を過ぎれば日に日に昼間の時間が長くなる。夏が日に日に近づくのが実感できる。

今年は特にこれを楽しみに生きてる感じ。その冬至まであと1週間を切った。

そして冬至を過ぎれば次の楽しみは立春。この時期が一年中で一番寒く、この日を過ぎれば段々暖かくなる。なので本当に待ち望んでいるのは立春。

しかし、今既にこんなに寒くては、本格的に寒くなる来月下旬からはどんなに寒くなるんだ!?と思ったりするし、この寒さが底だとしても、これから2ヶ月近くこの底が続くと思うと気が滅入る。この気候のどこが地球温暖化なんだよ-!?って言いたくなる。
16:05 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<韓国地上波ドラマ初、同性愛者を扱った「美しき人生(인생은 아름다워)」 | ホーム | 添い遂げるということ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1948-ceeefe57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |