06-12 Mon , 2017
副作用だったのか?
3月末からブロチゾラム(レンドルミン)という睡眠剤を飲んで寝るようになったのだが。

眠れる。確かに眠れる。そして翌朝眠くて起きられないと言うことはない。

ところが。5月の初旬、ちょうどG.W.が終わる頃から食欲不振に陥った。今年のG.W.って、わたしは5月1日から5月7日まで全部お休みで、そのうち1日から5日までは風邪を引いてずっと家で寝てたんだよね。それだけ休んでたので風邪は回復したし、胃の調子が悪くなる原因がイマイチよく分からなかった。強いて言うなら今度はお腹の風邪か?と思ったくらいで。しかし、食欲がなくなるだけで、胃が痛くなるとか胃がもたれるとかそういうわけじゃない。とにかく食欲が湧かないのだ。

ところが彼女がそんなわたしの姿を見て「もしかしたら、薬の副作用では?」と言い始めた。以前、抗うつ剤で食欲不振になったときとなんか感じが似ているというのだ。そういわれてみるとわたしも確かに「似てるかな?」と思った。今まで食欲不振が起きた抗うつ剤は、パキシルとサインバルタなのだが、あのときの感じによく似ていた。ただ、睡眠剤ではこのような副作用は今まで起きたことがない。

それがちょうどあと数日で診察日、というときだった。なので、診察日まで待って、診察の日に「どうもブロチゾラムは食欲不振の副作用が出るようです」って報告した。ら、「ブロチゾラムでは食欲不振は起こらない」って医者が言うんだよねえ。確かにブロチゾラムの主な副作用の中には食欲不振って言うのは見当たらないし、わたしも今まで睡眠剤で食欲不振が起きたことはなかったので、それが副作用だという確信は持てなかった。ただ、薬は変えてもらった。リスミーという薬に。しかしこれも飲んで数日で「起床時の頭痛」という副作用が出た(リスミーの副作用の中に「起床時の頭痛」はある)。なので、仕方なく手持ちのアルプラゾラムで次の診察日を待つことにした。

ただ、リスミーに変わっても食欲不振は続いた。5月中旬になっても原因不明のまま、ついに1日何も食べなくても平気になった。1日何も食べなくてもお腹が空かないって便利だけど、何か物足りない気がするなあって思った。しかしそうなって初めて「もしかしたら検査とかした方がいいんじゃあ?なんか胃とか食道がスースーする感じだし、もしかしたら副作用じゃなく別の病気かも知れない」って思い始めた。で、内科に行ったら胃カメラ(内視鏡)検査をすることになった。人生で初。今までバリウムはやったことがあるんだけど、胃カメラは初めてだったんだよね。わたしは喉が敏感なので喉の麻酔をしてもすっごくオエオエしたけど、肝心の胃と十二指腸は「羨ましいくらいきれいな胃。ピロリ菌もいそうにない胃液です」とか言われて、なんも異常がなかった。しかし、食欲不振は全く治ってないのだ。治ってないのに「異常ありません」で病院を放り出された。仕方ないので彼女の勧めで漢方薬局に行って煎じ薬をもらってきた。ブロチゾラムを止めてからもしばらく食欲不振だったので、そのときは「やっぱりブロチゾラムの副作用から来る食欲不振ではなかったのかも」って心のどこかでちょっと思ってたんだよね。

煎じ薬が効いたのか、それから2週間ほどしたら徐々にお腹が空くようになって来た。次の診察日に「リスミーは副作用が出たので、アルプラゾラムを飲んでいる」と話した。そのときブロチゾラムをやめても食欲不振は続いたって話したし、もともと医者はブロチゾラムが原因じゃないと考えていたので「アルプラゾラムは睡眠剤じゃないからよく眠れないでしょう」と言って、そのときは再びブロチゾラムが処方された。

ただわたしは漠然と1日1錠薬を飲みつづけるのが嫌だったし、今は夜になるとかなり疲れていて眠くなる。ただ仕事の前日はなぜか今でも緊張するのか眠れないことがある。なので、翌日仕事じゃない日は半錠、仕事の日は1錠飲んで寝ることにした。再びブロチゾラムにして1日目は半錠、2日目に1錠飲んで寝た。1錠飲むと次の日仕事なのに、朝までぐっすりで、さすが睡眠剤、という感じだった。

昼になった。わたしはいつも朝食を食べた2、3時間後にすぐにお腹が空くので、仕事しててお腹が空いて時計を見ると「まだ10時?」なんてことが今まで何回もある。食欲が回復してもそうだった。なのにその日は12時過ぎても全くお腹が空いていない。「あれ?今日はお腹が空かないなあ。なんでかなあ」って思ったけど、副作用のことなんてすっかり頭から抜け落ちていた。

家に帰って彼女に何気なく「ねー、やっぱりブロチゾラム1錠にするとよく眠れてさ-」と話した瞬間、頭の中で「あっ、今日は昼にお腹が空かなかった!やっぱりこの食欲不振はブロチゾラムのせいなんだ」って結びついた。半錠のときは気が付かなかったが、1錠飲むと食欲不振の副作用がバッチリ出るのだ。

それ以来、ブロチゾラムを飲むのは止めて、アルプラゾラムに戻した。今回は気が付くのが早かったせいか、2日後には自然にまたお腹が空くようになった。なのでやっぱりブロチゾラムの副作用から来る食欲不振だったんだよね。

本当はアルプラゾラムでは眠れても中途覚醒が出てしまうのだけど、しかし今飲める睡眠剤はもう適当なのが見つからない状況で、精神科に通っても出せる薬の種類が変わる訳じゃないから(とはいえ、睡眠剤じゃない薬の組合せ次第でなんとかなると言えないこともないと思うが、今通ってる病院は「眠れない=睡眠剤処方」としか考えていないようなので)これはもういっそのこと、精神科に通うの止めて漢方薬で行こうかなと思っている。確かに眠れないのが今の最大のわたしの悩みだが、身体全体的にいろいろ問題があるところもあって、そういうのは漢方薬が得意な分野だろうなと思うからだ。

ということで、今後は漢方薬をうまく使っていきたいと思っている。
精神科通いは一旦お終いにすることにした。
22:11 | 3度目のうつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<高尾にゃん、腎不全ではなかった? | ホーム | 実習先が決まりました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1924-c7c5ec7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX