01-25 Wed , 2017
転院するかも
「3度目のうつの通院はこれで終了なるか」ってところだったんだけど、どうも最近寝つきが異様に悪くて、12月の終わり頃か1月の始め頃かはっきりしないんだけど、寝る前に薬のお世話になっている。薬と言っても睡眠剤ではなく向精神薬のアルプラゾラム0.4mgをさらに半分に割ったものだけど。本当はリーゼがよかったんだけど、手持ちのリーゼがもう9錠しかなく、次の通院までにそれじゃ足りなかったので、手持ちのアルプラゾラムにしてたんだけどね。

こないだの通院で「終わりにするか」って話しになるところだったんだけど、そういうわけなので薬を処方してもらった。リーゼ5mgを30日分。

いや、わたしもアルプラゾラム半錠でそれが「効いてる」かどうか、リーゼを飲んだら寝つきがよくなってるかどうかは分かんないの。だけど、睡眠って精神的なものとかなりくっついてて、例えば「寝る前に薬を飲む」という行為自体が精神的な安心に繋がって眠れると思い込む、という作用が結構あると思っている。それはもはや薬ではなく、小麦粉をカプセルに詰めたヤツを「これ、よく眠れる薬だから」といって渡されても同じだと思う。プラセボ効果ってやつだ。それが睡眠にとってはかなり大きいと思う。

まぁそういうこともあるので、取り敢えずは手持ちに何か薬を持っておけばちょっとは安心でしょうって感じのリーゼの処方。睡眠に自信が付けば、飲まなくてもいい。そんな処方。ただわたしとしては、あんまり寝つきに自信がないのでもうちょっと薬に頼りたいところ。これで別に依存にはならない。過去、このようにして何回も睡眠剤を飲んだり切ったりしてきたので大丈夫。眠りに自信が付くとは、薬飲んで寝たとしても「あ、効く前に自力で眠れてるな」って分かるの。そう感じ始めたら、少しずつ薬の量を減らしていく。1錠飲んでるところを半錠にしてみる、とかね。一気に1錠は減らせない。わたしの場合、大抵半錠までは効くけど、1/4錠になるともう薬効はなくただ「飲んでる行為」だけになる。これで眠れれば、薬は飲まなくても眠れる。そんなやり方でいつも睡眠剤を切ってきた。

前回の通院の中でわたしは「転院したい」と申し出た。今通ってるのは大学病院だが、大学病院って本当に小回りが効かないからすごく不便なのだ。主治医は週に1日しかいないし、予約外で行くと数時間待たされる。それから大学病院は主治医がコロコロ変わる。今の主治医は3人目。2011年1月から通ってて3人目だ。わたしの場合、訳あって最初から大学病院の精神科だったが、歯科への通院も終了した今は、ここの病院である必要性は実はあまりなかったりする。

それに、一旦治療を終了して、次にうつ病再発したときに新たに近くの病院に行くとしたら、3回目で経験してきたうつ病の記録は伝わらないことになる。わたしの場合、通常の人より薬がよく効くのでそこのところは注意して処方してもらわないといけないのだが、具合悪いときに患者のわたしが医者に向かってそんなこと言ったとしても多分通用しないだろう。ってわけで、今のうちに紹介状書いてもらって近くの病院に転院したいと言った。それならある程度治療の経過も転院先の医師に伝わるわけだしね。

次の病院のときまでに紹介状を書いておくと今の主治医は言ったけど「わたしたまにやらかすことがあるので忘れるかも」と言われてしまった。まぁそうなったらそうなったで仕方がないけど。

ってわけで、次は今の病院最後になるかな~。うまくいけばいいけどね。

【現在の処方】 リーゼ5mg(寝る前)
18:06 | 3度目のうつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<あと5日 | ホーム | 九九が言えなくなっている>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1905-5083ecbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX