09-05 Mon , 2016
25年ぶり優勝に向かって思い出すこと
カープ首位マジック4


ってことで、今日9月5日現在、カープのマジックは4。まぁさすがにここまで来ると今年のセ・リーグ優勝はカープだろうという気がしてくる。しかも2位とのゲーム差は14.5。あの忌まわしき数字、「11.5」より3ゲームも差が付いている。実はマジック4よりもこちらの数字の方が安心感があるのは、まぁ、あの当時のカープファンの性なのかも知れない。

「25年ぶり優勝(するかも知れない)」ということで、思い出すことがある。

とはいえ、別にカープの話ではない。わたしは確かに1975年のカープ初優勝のときからのカープファンで、数えてみればもう40年以上もカープファンをやっている。が、実は「野球」というスポーツ自体が熱狂的に好きになったのは、1992年の日本シリーズ、ヤクルト対西武を見て以来なのだ。そう、その前年の1991年は、今のところのカープの直近の優勝した年なのだが、そのときは「ふーん、カープ優勝したんか」くらいにしか思ってなかった。その頃のわたしは野球は結果さえわかればそれでよく、どういう試合の内容だったかなんて、正直あんまり興味がなかった(ただし「江夏の21球」はよく覚えてるけどね。とてもドキドキして怖かった)。それが1992年の日本シリーズ、あのときはヤクルトの野村監督と西武の森監督の「キャッチャー出身監督対決」などと言われ、そしてその日本シリーズの内容が逆転に次ぐ逆転で、1戦、1戦とても面白かった。そこで野球の面白さを知ったわたしは、1993年から熱狂的なカープファンになったのだった。そこから考えると、今回の(もしかしたら)優勝は、わたしがちゃんとしたカープファンになってから初めての優勝なのだ!

という話はさておいて。

思い出したのは1985年のこと。わたしが高校2年生のときだった。野球ファンだったらピンと来る年かも知れない。阪神が久々に優勝した年だ。

当時はまだ野球をそんなに見てなかったにせよ、カープの選手はもちろんそれなりに知っていた。が、他球団の選手となるとさっぱりで。。ただそんなわたしでも、阪神は「ダメ虎」とか、そんな感じで言われてる球団ってのは知ってた。

そのときわたしは高2だったわけだが、夏が過ぎ、2学期が始まって「あれ?」って思うことがあった。わたしのクラスのほとんどがみな、阪神ファンだったのだ!いや、大阪の学校じゃないよ。東京の学校だよ。これにはびっくりした。

教室の後ろに黒板があったのだが、そこには「六甲おろし」の歌詞が3番まで書いてあった。

確か阪神のリーグ優勝が決まったときは、うちの学校は移動教室(うちの学校は修学旅行の代わりに移動教室というのが高2のときにあった)で志賀高原に行ってたんだけど、阪神が優勝した瞬間、みんなの叫び声が聞こえた(ホテル側はえらい迷惑だっただろうな)。

あのときの阪神は一体、何年ぶりの優勝だったのかはよく知らない。

でも、そのことを思うと、今、東京のどこかの学校で、実はクラス中がカープファンと判明し、教室の後ろの黒板に「それゆけカープ」の歌詞が4番まで書き込まれているんじゃないか、とひそかに想像したりしている。

いや、阪神ファンは有り得るけど、カープファンはさすがに有り得ないかな(^^;
18:35 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<優勝ってこんなに嬉しいものなんだね | ホーム | 知るということ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://rontako.blog39.fc2.com/tb.php/1883-2b3b6530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
AX